なぜGoogleマップと別なの?『Googleトランジット』

2007年5月7日 11:12

Googleトランジットというオンラインサービスが始まっているが、使ってみて最初に思ったこと。なぜGoogleマップと一緒にならなかったのか。

Googleマップと連動する乗り換え検索「Googleトランジット」より。

出発地や到着地に「東京タワー」「六本木ヒルズ」と施設名を入力すれば、最寄り駅が分からない場合でも検索できる。地図はGoogleマップと同様にスクロール、拡大、縮小、航空写真に切り替えといった操作ができる。

実際に試してみました。

下北沢から東京ミッドタウンまでの道のり

下北沢から乃木坂までの電車賃も出るし、どれくらいかかるか時間もでる。申し分ないです。

乃木坂から東京ミッドタウンまでは・・・

乃木坂から東京ミッドタウンまでの地図

飛べばいいのかな?

どうもGoogleトランジットはロゴが電車のマークだけに歩きに関しては関係ありません!っていう立場っぽいですね。

それにしてもなぜGoogleトランジットと名称を変えてリリースする必要があったのでしょうか。Googleマップの機能のひとつでよかったのでは?と思う。

最近マイマップという自分でGoogleマップに線などを書き込める機能が付いたのだから、もしGoogleマップに取り込まれていれば、Googleトランジットの駅から飛べ!っていう中途半端な案内地図にマイマップで線を引いて、友達に場所を教えるといったように、マイマップとGoogleトランジットのお互いの機能を高めることができたのに、非常にもったいないと感じた。

ただ乗り換え案内のオンラインサービスならば、NAVITIMEの方が機能が高いと思う。

Googleの強みは他の強力なツールとの連携だ。

それをなぜバラしてリリースしたのか。

アメリカ版Googleも、Google Ride Finder(近くを走っているタクシーを捜せる機能)も同じようにGoogleマップとバラしている。

おそらくベータ版だからですかね。ひとつの機能として十分機能すれば、Googleマップなどと統合するのではないだろうか。機能として追加するのはカンタンだけどはずすのは面倒だし無責任と判断したからでしょう。

Googleマップ、Googleトランジット共に今後に期待。 

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

TOYOTAが開発した自動操縦の試作車「AASRV」!Googleカーのライバル出現で未来が近づく

CESっていう有名な家電の巨大展示会にTOYOTAが展示したのが自律走行車両!この分野ではGoogleカーが先行していたが、自動車メーカーであるTOYOTAが参入することで、一気に未来が切り開かれそうだ。

Yahoo PhotosからFlickrへ

Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。

英語などの動画に日本語字幕を付けてくれる『字幕.in』

糖尿病患者用のコンタクトレンズが開発されている!Googleが発表したスマートコンタクトレンズ

このスマートコンタクトレンズが世界中にいる糖尿病患者3億8200万人から苦痛を取り除いてくれるかもしれない。いったいどんなコンタクトレンズなのか…。

好きな場所のミニ地図帳『ALPSLAB print』

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

Googleマップが日本人に見易いように大幅にバージョンアップした

すごい見やすいぞ!なんていうか見やすすぎる!なんでだろう。今までの地図より断然見易い。しかも旅行したくなる…いや冒険したくなる。

グルーポンと競合するであろうGoogle offersはどんなサービスになるだろうか

つい最近、Googleはクーポンサイトで有名なGroupon(グルーポン)を買収しようとしていたが、結局それは失敗に終わり、Googleは独自のクーポンサービスを提供しようとしている。最近いろいろ話題のグルーポンだが、Googleらしくやってもらいたいものだ。そこで、どんなサービスになるか予想してみる。

YouTubeの日本語版『YouTube Japan』がオープン