なぜGoogleマップと別なの?『Googleトランジット』

2007年5月7日 11:12

Googleトランジットというオンラインサービスが始まっているが、使ってみて最初に思ったこと。なぜGoogleマップと一緒にならなかったのか。

Googleマップと連動する乗り換え検索「Googleトランジット」より。

出発地や到着地に「東京タワー」「六本木ヒルズ」と施設名を入力すれば、最寄り駅が分からない場合でも検索できる。地図はGoogleマップと同様にスクロール、拡大、縮小、航空写真に切り替えといった操作ができる。

実際に試してみました。

下北沢から東京ミッドタウンまでの道のり

下北沢から乃木坂までの電車賃も出るし、どれくらいかかるか時間もでる。申し分ないです。

乃木坂から東京ミッドタウンまでは・・・

乃木坂から東京ミッドタウンまでの地図

飛べばいいのかな?

どうもGoogleトランジットはロゴが電車のマークだけに歩きに関しては関係ありません!っていう立場っぽいですね。

それにしてもなぜGoogleトランジットと名称を変えてリリースする必要があったのでしょうか。Googleマップの機能のひとつでよかったのでは?と思う。

最近マイマップという自分でGoogleマップに線などを書き込める機能が付いたのだから、もしGoogleマップに取り込まれていれば、Googleトランジットの駅から飛べ!っていう中途半端な案内地図にマイマップで線を引いて、友達に場所を教えるといったように、マイマップとGoogleトランジットのお互いの機能を高めることができたのに、非常にもったいないと感じた。

ただ乗り換え案内のオンラインサービスならば、NAVITIMEの方が機能が高いと思う。

Googleの強みは他の強力なツールとの連携だ。

それをなぜバラしてリリースしたのか。

アメリカ版Googleも、Google Ride Finder(近くを走っているタクシーを捜せる機能)も同じようにGoogleマップとバラしている。

おそらくベータ版だからですかね。ひとつの機能として十分機能すれば、Googleマップなどと統合するのではないだろうか。機能として追加するのはカンタンだけどはずすのは面倒だし無責任と判断したからでしょう。

Googleマップ、Googleトランジット共に今後に期待。 

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

本当にリアルタイムなチャットサービス『Lingr』

自作スマートフォンが現実に!モジュール式で自分好みに自由に組み立てることができる

自分が持っているスマートフォンの不満っていっぱいありますよね?電池がもっと多いやつだったらとか、カメラがもっと高画質だったらなど、いっぱいあるだろうけど、自分用にスマートフォンを作れたら不満なんてでないと思いませんか?

情報収集が一画面でできる『iGoogle』

無料になりブログ検索対策もされた『FeedBurner』

お店や場所に”チェックイン”して友人と情報を共有するサービスが面白い

知っている人は知っているチェックインサービス。使ってみて非常に面白いサービスだとは思うが、まだまだ始まったばかりといった感じ。ホテルに関するサービスではなく、いわゆる位置情報を使ったクーポンサービスのようなもの・・・かな。

何が食べたいか顔で決めてくれる『HotPepperちぇき!』

顔写真をこのHotPepperちぇき!にメールで送ると料理名が返ってくるそうです。自分の顔を食べ物に例えられるってのは・・・。しかもコンピューターに。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

糖尿病患者用のコンタクトレンズが開発されている!Googleが発表したスマートコンタクトレンズ

このスマートコンタクトレンズが世界中にいる糖尿病患者3億8200万人から苦痛を取り除いてくれるかもしれない。いったいどんなコンタクトレンズなのか…。

地上からの風景を表示『Google Maps Street View』

新米ママを助ける!Amazon ベビー&マタニティストア