直感で使えるアクセス解析『Google Analytics』

2007年5月9日 8:51

今朝GmailにGoogle Analyticsからメールが届いていました。開けてみたら、Google Analyticsのインターフェースがバージョンアップしました。という内容。

最新バージョンのレポートビューは、分かりやすさ、重要な情報の見やすさ、使いやすさの向上を目的としたデザインの改善がなされています。

前のバージョンより断然軽くて使いやすい!

最初の印象として、「見やすっ!」って感じです。文字も読みやすくなっています。前回のは字が小さくてフォントがガリガリしてましたからね。。

 
新しいGoogle Analyticsの画面

使った印象は、以前はレポートを切り替えるたび、ADSLの自分の環境では、若干重いなぁって思うほどでしたが、今回のバージョンは本当にストレスの無い軽快な動作です。

軽快というかやわらかいといった印象です。

レポートの内容もちゃんと整理されていて、前みたいに言葉がややこしくて迷うことはなく、直感的に使える。

もう他のアクセス解析は使えませんね。

あ、ちなみにこのレポートは最近自分が始めたサイトのアクセス解析情報です。

あまりじっくり見ないでください。。サラーっとね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

情報収集が一画面でできる『iGoogle』

地上からの風景を表示『Google Maps Street View』

無料になりブログ検索対策もされた『FeedBurner』

Google TVが登場したらテレビ業界はどうなる?

ソニー、インテル、Googleが共同開発したGoogle TVだが、噂じゃAppleもテレビを・・・って噂があるけど、テレビを開発する必要はないと思うけど、どのテレビもネットにつなげることができるようになっていることを考えると、今のテレビ業界も今まで通りのやり方は通用しない。

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

TOYOTAが開発した自動操縦の試作車「AASRV」!Googleカーのライバル出現で未来が近づく

CESっていう有名な家電の巨大展示会にTOYOTAが展示したのが自律走行車両!この分野ではGoogleカーが先行していたが、自動車メーカーであるTOYOTAが参入することで、一気に未来が切り開かれそうだ。

androidを搭載した世界初のGoogle TV購入を検討する理由

ずーっとテレビを買い替えなきゃと思っていたが、Google TVと言われているSony Internet TVが日本市場にも投入されると聞いて、もうこれしかないと思った。その理由は人それぞれだが、自分としては非常に魅力的だ。

糖尿病患者用のコンタクトレンズが開発されている!Googleが発表したスマートコンタクトレンズ

このスマートコンタクトレンズが世界中にいる糖尿病患者3億8200万人から苦痛を取り除いてくれるかもしれない。いったいどんなコンタクトレンズなのか…。

お店や場所に”チェックイン”して友人と情報を共有するサービスが面白い

知っている人は知っているチェックインサービス。使ってみて非常に面白いサービスだとは思うが、まだまだ始まったばかりといった感じ。ホテルに関するサービスではなく、いわゆる位置情報を使ったクーポンサービスのようなもの・・・かな。

Googleマップが日本人に見易いように大幅にバージョンアップした

すごい見やすいぞ!なんていうか見やすすぎる!なんでだろう。今までの地図より断然見易い。しかも旅行したくなる…いや冒険したくなる。