いろんな模様の畳『デザイナーズ畳』

2007年6月12日 11:19

ワールドビジネスサテライトのトレンドたまごから、デザイナーズ畳というもの

畳に”い草”を使用せず、刺しゅう入りの布地を織り込んで作る。高いデザイン性が売り。

ありそうだったけど、無かったんですね。これは畳なの?って思いますが。

畳の定義ってなに?って思ってWikipediaで調べましたが

芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を畳表(たたみおもて)でくるんで作る。

とあります。畳表ってのがい草に当たるものなんだけど、今回のトレンドたまご、布地を畳表として使うそうで・・・。畳なのかなぁって思ったり。まぁ布地を畳表って言い切ればそうかもしれませんが。

まぁそれはさておき、これが優れている!って思ったのはデザインがどうっていうより、日本国外にも需要があるって点ですね。布地で覆うことで、洋間でも使用できるってのがいい!絨毯の代わりにコレを敷いたほうがいい気がします。

自分として何か考えるならば、映像でも小さいデザイナーズ畳を外に持ち出していましたが、洋室に座布団・クッションなどの代わりに!ってので売り出したらいいんじゃない?っておもいました。これなら買うな!新しいトレンドになる気がします。

ただ高いので余裕のある人向けってことでどうでしょ!

関連サイト

ワールドビジネスサテライト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。