ただのヒモがバッグになる『ZIPIT』

2007年6月8日 4:25

ZIPIT

ワールドビジネスサテライトのトレンドたまごから、これまたアイデア商品ですよ。環境を考える日本でも利用者が増えるのでは。

1本のチャックを閉めていくと、バッグが出来上がるというアイデア商品。

え?って思うかと思いますが、チャックを閉めると、筒状になっていってバッグになる・・・言っても分かりませんよね。

トレンドたまごに掲載されている動画を見てもらえれば、意味が分かります。

このヒモを折り畳んでバッグの中に入れておけば、お買い物の際にエコバッグとしても使えますし、へ〜便利だなぁって思いました。

エコバッグを持ち歩くのが面倒って理由で持っていない自分としては、これならいいかも!って思いましたね。色や形もいっぱいあるそうなので、自分にあったものを選べるってのもいいですね。

2007年6月下旬に日本上陸!

ちょっと考えればいいものができるんですね。チャックからバッグっていう発想がないだけで。。でも思いつくのがすごい。

イスラエルの学生が考えたそうですよ。

関連サイト

ZIPIT

ワールドビジネスサテライト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

水の無駄遣いをなくすエコな水道!水を流しっぱなしなんてしたら罪悪感でいっぱいに

いやぁこれが実際に家や会社にあったら、絶対に無駄遣いしないわ。水をジャージャー出しながら手なんか洗ってる奴がいたら飛び蹴りするわ。これはすごい水道だけど実用化は無理かなぁ。

海外旅行がより身近になるかもしれない天然ガスで飛ぶ低燃費飛行機

海外旅行って昔に比べたら安くなってあちこち行きやすくなったとはいうけど、それでも数十万はするわけですよ。何が高いってやっぱり航空運賃ですよね。その高い運賃と今後の可能性を考えてみた。

太陽光発電より効率的な生活排水発電!家庭から出る汚水で発電する

このニュースを聞いて思い出したのが、バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンだよね!!新型のデロリアンは生ゴミとかで動いてたけど、本当にそれに近い技術が研究されている。しかも既に商業化に向けて進んでいるっていうんだから驚きだ!!

大人の女性と子供で兼用できる服『beautiful people』

開封しても空気が入らない容器「PID容器」

最近は何でもペットボトルに入っていますよね。ジュースや水、その他にも調味料として醤油、酒、みりんなど。これらすべて開封した後は鮮度がどんどん落ちていきます。でもPID容器はそんなことありません。

2013年春ごろに実用化される塗る太陽電池が与える未来

火力発電には化石燃料やガスが必要だ。太陽光発電にも必要なものがある。大量の太陽電池パネルを敷き詰めることができる広大な土地が必要だった。だが三菱化学が作っている塗る太陽電池なら、いろんな場所に設置が可能だ。

圧縮空気で100km走るバイク!しかも2分で満タンになる

オーストラリアの大学生が作ったO2 Pursuitは、ガソリンでも電気でもなく、空気で走る。しかも100kmもの距離を走るっていうんだからすごい。

1リットルのガソリンで100km走るルノーのEOLAB!超低燃費の車が続々と…

フォルクスワーゲンがリッター111kmというハイブリッド車XL1去年発表したが、今回はルノーがEOLAB(エオラブ)という超低燃費なコンセプトカーを発表した。

液体洗剤は自宅の水で薄めるタイプにするべきだ

地球に優しい○○とかいろんな商品がありますが、洗濯、掃除や食器洗いなどで使用する液体洗剤もエコな商品があったりするけど、そういう洗剤を選ぶんじゃなくて、自宅の水で薄めて使うやつを買った方がよっぽどエコだと思うぞ。

1リットルしかでない蛇口がカッコイイ!水の無駄遣いが減るエコな蛇口

つい流しっぱなしになってしまいがちな水ですが、水も大切な資源です。日本は豊富で綺麗な水ですが、地球規模で考えると大切にしないと。なぜ流しっぱなしになってしまうのか。それはどれだけ垂れ流しているのかわからないからだと自分は思ったりします。でもこの蛇口なら無駄遣いしないかも。