エアギター日本公式団体公認『エアギターPROエレキギター』

2007年6月15日 10:47

すでに巷で話題になっているエアギターPROエレキギターがトレンドたまごでも取り上げられてましたね。

最初見たとき、おぁー首しかねぇし、ただ持つだけかと思ってたんですけど、ちゃんと音も出るんですね。

いろいろな機能があるようで、iPodとの連携もできるんだそうです。

ワールドビジネスサテライトのトレンドたまごによると

エアギター練習用のギターのおもちゃ。ギターのネックの下から赤外線が出ていて、手で遮ると音がなる。10曲が入っている。iPodなどから音楽を取り込んで演奏も可能。

iPodから音楽を取り込むことができるってのは、おそらくiPodが再生した音楽をエアギターPROが出力するというもので、それに合わせたエアギターが楽しめるというものだ。

ディストーション効果が再現可能ってのがすごい!エアギターするひとは喜んでいるんでしょうね!?・・・分からないけど。

タカラトミー、弾けば音を奏でるエアギター玩具「エアギターPROエレキギター」という記事でも取り上げられていて、

エアギターPRO エレキギターはこのパフォーマンスを行う初心者のための養成グッズとして、エアギターの日本公式団体である「エアギタージャパン」に認められたグッズだ。

とあるので、世界からも注目されているに違いない!エアギターの日本公式団体があることに驚いたけど。。

2625円だそうです。

今後はドラムとかも出てきそうな気がするね。ちょっと渋くベースとかどうでしょ!?ベースは・・・楽しめるかわからないね。

関連サイト

エアギターPROエレキギター

ワールドサテライトビジネス

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

VOCALOIDのハードウェア化でロボットは遂に声を得た

今までのロボットは、事前に録音された音声を再生するだけだった。なので、録音していない歌を歌う事はできなかった。だが、歌声合成ソフトウェアとして有名なVOCALOIDがハードウェアになったことで、ロボットが歌いだす時代がやってくる。

だれでも演奏できるピアノ曲「4’33″」

John Cageという作曲家が作曲したピアノ曲で、聴く人によっていろんな捉え方があるすごい楽曲です。そんなすごい曲をだれもが弾けるってのはすごいよね。

iPhoneの着信音をリミックスしてカッコイイ曲に!iPhone MetroGnome Remixがすごい

リミックスネタは大好きなんだけど、これまた久々にカッコイイ曲がでてきた。iPhoneを持っている人は馴染みのあるプリセット着信音をカッコイイ曲に仕上げちゃったMetroGnomeがすごい。

初音ミクが歌う八王子Pによる「Sweet Devil」のプロモーションビデオがすごい

もうニコニコ動画にプロがいっぱい。。どの創作作品も基本的にレベルが高いなぁと感じる。実際にニコニコ動画からプロの作曲家になってしまう人がいるくらいだ。そんな中で最近気になっているのが八王子Pの「Sweet Devil」。

2013年にヒットしたPopミュージック68曲をMix!ぜんぶ混ぜちゃいました

もう2014年になって2週間が経ちましたが、去年2013年にヒットしたPopミュージックを68曲厳選してマッシュアップした動画をお届けします。

ヴァイオリンとHip Hopのコラボレーション

Hip Hop DJがヴァイオリン等のストリングス系の音色を使うことは多々あるが、実際に生演奏するヴァイオリニストとHip Hop DJが合わせて演奏しているのをみると、結構刺激的で面白いなぁと感じる。

レベル高すぎてついつい口ずさんでしまう曲!ロバート秋山のTOKAKUKA

芸能人が監督しておもしろい動画を作る番組で、ロバート秋山のTOKAKUKAという楽曲のPVが最高すぎて、頭でリピートしまっくって困るレベル。

電線に止まった鳥たちが奏でる音楽がすばらしい

何気ない日常。電線に止まる鳥。そんな鳥たちがこんな曲を作り出すなんて。まぁ鳥さんたちはなにも考えていないだろうけど。。

2012年にヒットしたPopミュージック55曲を1曲に!ぜんぶ混ぜちゃいました

2012年もそろそろ終わりですが、ヒットした曲、話題になった曲がいっぱいありましたね。ってことで、ヒットした中から55曲を混ぜたマッシュアップ曲をお届けします。

初音ミクが歌う「Nebula」のPVがすごい!

ニコニコ動画で公開されている動画の一つで、Tripshots氏によって公開された作品の一つです。3Dを駆使したPVはつい見入ってしまう。