グレゴリー・コルベール『ashes and snow』をみる

2007年6月16日 9:51

ノマディック美術館

久々に芸術に触れてきました。お台場、東京テレポート駅のすぐ隣にあるコンテナが積み上げられた不思議な建物がその会場であるノマディック美術館。前からなんだこの建物は・・・って思ってたのですが、移動美術館でした。

150個以上のコンテナを積み上げてつくられた移動美術館で、ニューヨーク、サンタモニカと移動し、今回お台場が3カ所目だそうです。

ノマディック美術館

『ashes and snow』はインドやエジプトなど世界を回って撮影された、自然界と人間の交流を写真と映像でみせる芸術です。

美術館全体のアンバーな色調が何とも言えない雰囲気を与えてくれます。久々にこんな気持ちになったかな。この美術館の一画だけちょっと違う世界な感じさえします。

館内の長い回廊に展示されている大きな写真、なにか感じてしまう。

写真にしても映像にしても、これがCGじゃないって言うからすごい。。

普通の美術館と違い、説明やタイトルなどは一切なく、見たまま感じることができる。

多分6月24日までだから気になる人は見に行くべきかな。

どういうものなんだろうって思った方は公式サイトを見てみるとちょっと見ることができる。まぁ実物をみるのとは全然違うが。

ちなみに、館内で写真集も売っていたので見てたんですが、ひとつすんごいの見つけた。

一、十、百・・・百万・・・(はっ!?

車が買えるほどの本がありました。。

関連サイト

ashes and snow

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

Skitch for Macをダウングレード!改悪してしまったSkitchを元に戻す方法

このブログでも紹介したアプリケーションのSkitchですが、とつぜん全く別なアプリケーションになってしまって悲しかったので、ダウングレードしました。その方法をご紹介します。

お店や場所に”チェックイン”して友人と情報を共有するサービスが面白い

知っている人は知っているチェックインサービス。使ってみて非常に面白いサービスだとは思うが、まだまだ始まったばかりといった感じ。ホテルに関するサービスではなく、いわゆる位置情報を使ったクーポンサービスのようなもの・・・かな。

砂に命を吹き込む魔法の手

砂で描かれるこの世界観は一見の価値有りです。この人の手は砂に命を吹き込んでいるかのように、表現力が非常に豊かで、描かれたものに生命を感じるほどです。手と砂でこれほどの作品ができるというのはすごいです。

バリスタマシンのNESCAFE Baristaを早速使ってみた!インスタントコーヒーがカフェのコーヒーになる

今日、待ちに待ったネスカフェのバリスタマシンが到着しましたので、早速開封して設置しました。せっかくなので、カプチーノを入れて飲んでみましたよ。家でカプチーノなんて夢みたいです。

ミキサーで簡単に作れるごまドレッシングがすごいうまい!

最近ミキサーを活用するようになった自分。家のドレッシングがなくなって、ミキサーで簡単に作れないかなぁと探していたら、やっぱりCOOKPADにありました。

ちょっと2050年の東京まで!完成度高すぎる未来に行けるタクシー?

自分たちの世代で、誰もが知っているタイムマシーンって言ったら、映画「BACK TO THE FUTURE」に出てくるデロリアンでしょ。もうね、時代はタクシーで未来に行けるんですよ!?

ゲームや映画のために大画面のLED REGZA 42Z1を買ったよ

もう火がついてしまった!ずーっと欲しかった大型の液晶テレビを買っちゃおうと思う。もう地上デジタルに完全移行まで時間もないし、どうせあと数ヶ月したら買うわけだし。ってことでLED REGZA 42Z1を買うことにした。

海岸に住む「砂」と「雪」の物語Bottle

最近、面白い動画がなかったけど、これは完成度も高くて内容も良いね。いろいろと考えることができる作品だと思う。

17,000個の画びょうで再現されたマリオワールド

パッと見た感じ、ふーんって感じだけど、良ーく見てみると、ぉお!って思う作品。プッシュピン(いわゆる画びょう)でこれだけの作品を作るってのは凄い労力だろうね。

下北沢の隠れ家的なイタリアンレストランのCENTOに行ってきました!

飲食業を長く経験している自分としては、本当に良いと感じるお店と出会うことがないんですが、久々にいろんな面で素晴らしいと感じたので、記事にしてみました。