シムシティ最新作『シムシティソサエティーズ』

2007年6月15日 11:23

いやぁ大好きなシムシティに最新作が出るという公式発表がありました。 その名は「SimCity Societies (シムシティ ソサエティーズ)」。

シムシティシリーズ最新作「SimCity Societies (シムシティ ソサエティーズ)」は、北米及びヨーロッパでは11月発売予定。日本での発売は未定ということです。

すでに公式サイトも立ち上がっていて、スクリーンショットも数枚公開されてます。(関連サイトにある公式サイトでみれます。)

スクリーンショットを数枚みましたが、シムピープルな雰囲気がありますね!以前のシムシティ4の時より、より住民に近い視点での都市作りが可能になる感じがします。

今回はだいぶいろんな要素があるようで、Impress Watchによると、

登場する建物は350種類以上。観覧車やジンジャーブレッドハウス、チョコレート工場など、現実的なものから架空のものまで、産業時代から近未来のデザインなど、さまざまな建築様式の建物が用意されている。さらに、都市が発展することにより、隠しアイテムが出現し、それによって都市がさらに進化したり、逆に後退したりする。

隠しアイテムってのは気になりますね。以前まではある程度の条件を見たいしていれば建設可能なものとかはありましたが、シムシティでいうアイテムってなんでしょ。建設物のことかな。

とにかく気になる。

公式サイトを見ても、日本語はないようなので、おそらく北米版を買います。

関連サイト

シムシティソサエティーズ公式サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

環境がテーマのSIMCITYの様なゲーム『Electro City』

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

限られた条件から生み出される優れたモノ

最近のオンラインサービスは様々な機能やサービスを盛り込み過ぎているのではないだろうか。もっと機能を絞り込んで、提供した方が良いのではないだろうか。必要ないものまで提供している事で、使いにくくなっている気がするのは自分だけだろうか。

もうテレビゲームの世界は現実と区別できないくらいリアル

最近のテレビゲームは近年凄まじい勢いでリアルになりつつある。数年前に比べると今のゲームってリアルだよね。リアルだけどゲームの世界では出来ないことが多いし、映画などのよりリアルなCGに比べたら・・・。だが新しいゲームエンジンが全てを解決してくれるかもしれない!

2013年にまったく新しいSimcityが発売!もうゲームじゃないなコレは…

街を作るシミュレーションゲームで有名なSimcityですが、久しぶりに新作が登場しますよ!しかもとんでもなくパワーアップして。もうね、予告動画観ただけで来年が楽しみになってきた。

Googleマップが日本人に見易いように大幅にバージョンアップした

すごい見やすいぞ!なんていうか見やすすぎる!なんでだろう。今までの地図より断然見易い。しかも旅行したくなる…いや冒険したくなる。

現実世界がゲームの世界にもなる拡張現実(AR)

先日友だちと拡張現実(AR)の話をしていたんだが、みんな結構興味を持ってくれた拡張現実がもたらす未来について考えてみる。

マリオがついに映画化?現代版にアレンジされた爽快アクション映画の予告編がすごい

あのゲームの名作、スーパーマリオがついに映画化される?普通ならゲームの世界をそのままCGで再現して・・・って考えてしまうが、マリオ達がもしも現代にいたら、という設定で現代版にアレンジしたストーリーがまた素晴らしい!マリオ達が今の時代にいたらこういう事なのかもしれない。

みんなが大好きなゲームのAngry Birdsが遂に映画化!?

iPhoneやAndroidでおなじみのゲーム、Angry Birds(アングリーバード)が映画化だって!?以前、完成度が異常に高い食べれるAngry Birdsを紹介したが、今回は・・・ちょっと細かい部分は違うけど、確かにAngry Birdsだな。

どんな電化製品もスマートフォンでON/OFFできるようになる?電池の代わりにTethercellを入れるだけ

最新の電化製品ならスマートフォンで遠隔操作で電源をON/OFFできる機能があるかもしれない。だが、オモチャや小さな電化製品にそんな機能が付いているはずがない。