世界初!対話と行動を学習する人工知能ロボット

2007年6月28日 7:41

これは本当にすごい!5、6回動作を繰り返すことで、学習成果を活かしてあいまいな指示でも行動することができるロボットを情報通信研究機構が開発しました。

今までのロボットは事前に情報を入れておく必要があったが、このロボットは学習能力があるので、「いつものカバンを持ってきて!」って言うと、ちゃんといつも使っているカバンを持ってくることができるようになります。

これは本当の人工知能ロボットの誕生ですね。

どうやって学習させるかというと、決してキーボードなどでデータを入力するのではなく、幼児とコミュニケーションをとるように言葉と行動で教えるんです。

たとえば、箱を指差して「何?」って言うと、ロボットは知らないので、知らないという動作(首を横に振ります)をします。その後に、「箱」って言ってあげるとロボットは「箱」って言いながら名前を覚えるそうです。

ただモノの名前を覚えるだけじゃなくて、動作とモノの名前を組み合わせた質問にも応えます。

映像では箱の上に人形(エルモ)を乗せる動作をロボットに見せて、「何乗せた?」ってロボットに質問すると、ロボットは「エルモ」って答えます!

このシーンを観た時は衝撃的でした。人間とロボットがコミュニケーションをとっている訳ですから。しかも今までみたいに人間があらかじめ設定した発言ではなく、ロボット自身が学習した情報を元にして発言するからビックリです。

繰り返し教えてあげればどんどん賢くなる訳ですから、これは人工知能ロボットでしょ!すごいですよ!

言語能力としては2、3歳児と同じくらいだそうですが、進化すればそれこそ人間と普通に会話やコミュニケーション、物事を手伝ってくれたりするようになるんでしょうね。。

人間そっくりのロボットのアクトロイドに今回の学習能力を組み合わせたら素晴らしいですね。アクトロイドの映像は下に。

アクトロイドの彼女は会話は事前に吹き込んでいますが、海外では会話ができるロボットがいるんです。

ジョーと言うそうですが、彼は上半身しかないんです。。会話をすることができる人工知能ロボットですが、たぶんモノを覚えることはできないと思います。

なので、これらのロボット達を組み合わせたら素晴らしいロボットができあがりますね!

企業の受付や窓口に彼等?が座って我々とコミュニケーションをとったりする時が来る日も近いですね。

関連サイト

ワールドビジネスサテライト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

気持ち悪い4足歩行ロボットBigDogが小さくなったLittleDog

動きが気持ち悪いけど、技術的にはすごいBigDogって覚えてますか?蹴られても蹴られても、がんばって歩き続けるあの気持ち悪い4足歩行ロボットのことです。それが小さくなってより気持ち悪くなりました。でもこの技術ってすごい未来が広がっていると思います。

車椅子に変わるかもしない『Hubo FX-1』

100kg以上の人間が搭乗しても問題なく2足歩行ができるロボット『Hubo FX-1』の動画をたまたま見ることができた。(記事内に動画あり)

搭乗者が搭乗席で多少揺れたりしても、ロボットの足がしっかりとバランスをとり、非常に安定感があり、人間搭乗型ロボットとしては大きな一歩ではないかと思う。

富士通の子グマ型ロボットはロボコップを管理するオムニ社が2020年に販売予定

最近、ロボコップのドラマ版を観てたので、富士通が子グマ型ロボットを作ったというニュースを観て「オムニ社?」って思ってしまった。時代がやっとロボコップに追いついてきたのかな?

ロボットや家電製品がケガをすると出血する時代がやってきた

ついにロボットや家電製品も出血して、さらに自己修復するって機能が付くかもって話です。何に使うんだよって思うでしょ?でも理解するとよく考えられてるって思う。

ルービックキューブが得意なロボット『RuBot II』

宇宙で活躍する最初の人型ロボットはRobonaut 2

11月1日に打ち上げられるスペースシャトル「ディスカバリー」には、宇宙飛行士6名の他にロボットが同乗する事になっていることを知ってます?意外とあまりニュースになってないけど、たぶん打ち上げられたらニュースになるかな。

息を潜めて隠れても無駄!人間の呼吸を検知するロボット

よく映画とかでも暗闇に隠れたスパイを探す時に赤外線センサーを使ったりするシーンがあったりする。だけどそんな技術も古いものになりつつある。この新しいロボットから隠れることはほぼ不可能に近い。

セクサロイドの可能性と必要性。2050年にロボットが売春を開始?

ニュージーランドの経営学教授と性科学者によるセクサロイドに関する論文に関する話ですが、まったくなくはない話だなと思って、セクサロイドの可能性と問題点などを真剣に考えてみる。考えるとなかなか面白い未来だと思う。

HIV(エイズウィルス)感染治療に希望の光、HIV感染の治療に成功は世界初

感染したら絶対治ることはない!と教えられてきたHIV感染症。今では感染しても通常の寿命を生きることが十分可能な時代にはなったとはいえ、感染させてしまう可能性があるという負の気持ちや、HIV感染者ということで避けられてしまう可能性だってある。そんなHIV感染に素晴らしい研究報告だ。

自力で充電しようとするロボット「Milestone 2」

このMilestone 2を観て、ロボットも必死に生きようとしていて、だんだんと生き物に近い存在になりつつあると感じ、少し恐さも感じた。