冷凍物を置くだけで急速解凍『解凍バンブー』

2007年6月6日 3:56

ワールドビジネスサテライトトレンドたまごより

竹炭の遠赤外線効果を利用して、冷凍物を置くだけで急速解凍させる。

最初、解凍プレートと同じじゃん!って思いましたが、それとは技術が違うようですね。今までのはアルミニウムの特性である熱伝導率を利用した方法ですが、この解凍バンブーは遠赤外線効果をしようしているそうです。

遠赤外線といっても熱くないですよ。自分もプレートが温かいのかなぁって思いましたが、そうではないらしいです。

遠赤外線というのは、水分子を震わせて運動させて熱をださせることができるらしく、水分子を分解するそうです。なので、氷などを解凍バンブーに載せると遠赤外線の効果で氷を溶かしてしまうというのです。

竹ってすごい。

さてこの技術、解凍プレートで終わらすのにはちょっともったいないと思いました。パッと浮かんだのが、凍結防止剤の代わりになるのでは!って思いましたね。積雪の多い地域では、砂や融雪剤を撒いていますが、この解凍バンブーと同じ素材のものを粉末状にし、アスファルトと混ぜ合わせて、道路に埋め込んでしまうんです!そうすれば、融雪剤をいちいち撒かなくても、遠赤外線効果で道路上の氷や雪を溶かす事ができるのでは!って思うのですがいかが。

粉末状にしても同じような効果が出るのであればいいのですが。。

できるのであれば、雪国の財政を圧迫している除雪や凍結防止に代わるものになるのでは。

ウオーターワークさんどうですか!

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。