大人の女性と子供で兼用できる服『beautiful people』

2007年6月21日 13:12

何とも不思議な服です。大人の女性と子供で服を兼用できるようにしたのが、今回トレンドたまごで取り上げられた『beautiful people』というブランド。

着るたびに調整することもなく、大人・子供どちらが着てもサイズはぴったりなんです。大人が着るとジャケット、子供が着るとコート、よくできてるなぁ。

寸法を変えずに子どもでも大人でも着られる洋服。肩の線をつけず、袖にゆとりを持たせるなど、親子兼用で使える工夫を施した。

肩の位置、脇の位置を決めないから窮屈にならないんだそうです。たしかに、肩がぎっちりしていると、もう着れないなぁって思いますもんね。

価格は4万〜5万とちょっと高めです。

大人が着なくなれば、子供に。子供が大きくなったらまた着ればいい。なんてエコなんでしょう!ファッションの流行の周期もだんだん短くなっていますから、何年後サイズを気にせずにまた着れるというのはいいですね。

子供なんてすぐ大きくなりますから。

ただ、4、5万する服を汚して帰ってこられたら・・・って思ってしまう。もうちょい価格を下げて欲しいものです。

関連サイト

ワールドビジネスサテライト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

洗い流さずに脱ぐボディペイントを可能にした最先端繊維

ボディペイントは洗い流してしまえば二度と二度同じ物は作れない。だが最新のボディペイントは違う!ボディペイントして、不必要になったら洗い流すのではなく、脱ぐんです。

1リットルのガソリンで100km走るルノーのEOLAB!超低燃費の車が続々と…

フォルクスワーゲンがリッター111kmというハイブリッド車XL1去年発表したが、今回はルノーがEOLAB(エオラブ)という超低燃費なコンセプトカーを発表した。

海外旅行がより身近になるかもしれない天然ガスで飛ぶ低燃費飛行機

海外旅行って昔に比べたら安くなってあちこち行きやすくなったとはいうけど、それでも数十万はするわけですよ。何が高いってやっぱり航空運賃ですよね。その高い運賃と今後の可能性を考えてみた。

空を飛ぶことができるようになるWINGSUIT

友人の話でちらっと聞いてはいたが、これほど凄いものとは思っていなかった。本当の意味で人間が空を飛んだのはこのWINGSUITのおかげだな。もう飛行機とか「空を飛んだ」とは言えないね。

太陽光発電より効率的な生活排水発電!家庭から出る汚水で発電する

このニュースを聞いて思い出したのが、バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンだよね!!新型のデロリアンは生ゴミとかで動いてたけど、本当にそれに近い技術が研究されている。しかも既に商業化に向けて進んでいるっていうんだから驚きだ!!

設置が簡単でエコな歩行者信号!しかも美しい街並みを演出してくれる

日本の信号機ってのは無機質で決してかっこいいものではない。街の雰囲気をまったく無視したもので、せっかく街並みを美しくしても、信号機によってその努力を無駄にしている。だけどこの信号機はいろんな面でいい。

心拍数によって服が変化する!ファッションデザインの新しい形

流行に囚われたオシャレもいいけど、やはりちょっとでも個性を出したいものです。Studio Roosegaardeが提案するファッションが、個性を出す新しいファッションの形を教えてくれた。

1リットルしかでない蛇口がカッコイイ!水の無駄遣いが減るエコな蛇口

つい流しっぱなしになってしまいがちな水ですが、水も大切な資源です。日本は豊富で綺麗な水ですが、地球規模で考えると大切にしないと。なぜ流しっぱなしになってしまうのか。それはどれだけ垂れ流しているのかわからないからだと自分は思ったりします。でもこの蛇口なら無駄遣いしないかも。

圧縮空気で100km走るバイク!しかも2分で満タンになる

オーストラリアの大学生が作ったO2 Pursuitは、ガソリンでも電気でもなく、空気で走る。しかも100kmもの距離を走るっていうんだからすごい。

着込んでも涼しい空調服