新しいオンラインサービスの作り方。その1

2007年6月19日 13:30

正直リリースしてみないと、どれがヒットするかわからないのがオンラインサービス。自分も今までに10個前後のオンラインサービスを提供してきたが、今も新しいオンラインサービスの開発を行っている真っ最中です。

さて、新しいオンラインサービスの作り方だが、自分の考え方だけ話しても、何を提供しているか分からん人間の意見を聞いても・・・って言われそうなので、モノ作りに関してはちょっとGoogleのラボ精神に似ているかなぁってことで、そこらへんも含めてサラサラっと。

自分はこれだ!って思ったらすぐに作りたい気持ちはあるんだけど、ちょっと冷静に考えるようにしています。

思いたったら思いついたこと全てを箇条書きします。

あ、ちなみにパソコンで打ち込みません。なるべく紙にメモで残しておきます。なぜかというとパソコンだとダメと思った案を消してしまうから。これがよくないと思うんです。

紙ならダメなら斜線を引いといて、どういった経緯でこの案が出てきたのか、なんとなく分かるんですが、パソコンだときれいに書こうと思っていらないものを省いていく習慣があります。なので、汚くてもメモにズラーッと書いていく。どの案とどの案が繋がっていて・・・とかワードとかで表現するのは面倒だし、そんなことしてる時間があるなら考えた方がいいでしょ。

んで、箇条書きしたメモを机の上に2、3日置いておくんです。自分は。たまに見て、いろいろ付け加えたりして。

こうすることで、思いついた時の興奮状態だと見えなかった部分が見えてくるはずです。

できるならば、この時点で誰かに意見をもらうといいかと。あまりインターネットに詳し過ぎない人にプレゼンしてみると、なにかに気がつくはず。ひとりで作っていると、自分が満足のいくものになりがち。ひとりで企画書書いて成功するプロジェクトってそんなにないですよね。だいたいあれこれ言われてズタズタになって企画書が戻ってくるのが普通な気がする。。

だから自分は誰かに話します。友だちなんかにちょろっと話すと意外といい意見が手に入ったりもします。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

なぜGoogleマップと別なの?『Googleトランジット』

これで自分も天気予報ができる?『Weather Report』

なんか・・・すごい手紙が届きました

12年前の初恋の人からの手紙が今日届きました。。すごい内容だったので、公開することにしました。こんな人だったっけか?

日本語を正しく変換してくれるexite翻訳は本当にすごい

翻訳ツールってよく使うけど、これをみると、「ぉお!」って思ってしまう。Exite翻訳の精度がすごいことがわかるはずだ。

質問に答えてくれるWolfram Alphaが気になる

何か疑問があれば今ならGoogleで検索して答えを探そうとするだろう。でもGoogleは膨大な情報を与えてくれるがどれが本当の答えかは教えてくれない。でもこいつは違うかも。

新米ママを助ける!Amazon ベビー&マタニティストア

本当にリアルタイムなチャットサービス『Lingr』

何が食べたいか顔で決めてくれる『HotPepperちぇき!』

顔写真をこのHotPepperちぇき!にメールで送ると料理名が返ってくるそうです。自分の顔を食べ物に例えられるってのは・・・。しかもコンピューターに。

好きな場所のミニ地図帳『ALPSLAB print』

不規則な生活をしている人には就寝時間と起床時間を記録するといいかも

最近、自分の睡眠時間を記録しています。自分自身変な時間帯を生きている人間なのですが、そんな生活でもちゃんとリズムを作って生活したいと思い「ねむログ」というサービスを使い始めました。意外と使っていて良いと実感したので、その感想などを簡単に記事にしてみました。