液体鏡を使った巨大望遠鏡!より液体鏡が気になる

2007年6月25日 12:06

まず液体の鏡があるんだぁってことに関心。んでもって鏡が大きければ大きいほど遠くが見えるんだねぇ。あまり望遠鏡とか興味がなかったんで、へぇ〜ってことがいっぱいです。この液体鏡を使って宇宙に巨大な望遠鏡を作ろうというわけです。

口径が66〜328フィート(約20〜100m)の巨大な光学赤外線望遠鏡を作り出すことが可能になる。この望遠鏡なら、わい小銀河や通常銀河の暗くて見えにくい物体も映し出せる可能性があるという。

んでちょっと調べてみましたが、すでに宇宙に望遠鏡ってあるんですね。。知らんかった。それより液体鏡がすごい気になる。

ハッブル宇宙望遠鏡・・・名前は聞いたことあるかも。実は1990年に宇宙望遠鏡として宇宙の彼方をずーっと見つめています(^^;

ブラックホールがあるという理論は、このハッブル宇宙望遠鏡の観測データによって裏付けられているそうです。

で、このハッブル宇宙望遠鏡に付けられている鏡の大きさが、2.4mです。

ってことは、今回言っている液体鏡による宇宙望遠鏡が20〜100mと言っているんで・・・10倍から50倍の大きさってことですね。どれだけ遠くが見えるんでしょ。コレに関して

「恐らく直径は100mほどになるであろう、こうした巨大な望遠鏡を用いることにより、ビッグバン後の初期の宇宙が見られるかもしれない」と語る。

そんな昔の宇宙が見れるんですか!やっぱりNatureに載る情報ってのは想像を絶する世界のお話です。

まぁそれはさておき、液体鏡ってなにか他に使えるんじゃないって思うんだけど。

普通に考えれば、割れない鏡ができるわけだ。柔らかいボリエステルフィルムなどで包装した液体鏡なら曲げても落としても割れることはない。

固体の鏡よりはるかに低コストということなので、太陽光発電などの助けになるかもしれないね。光を一点に集中させる装置が安価で作ることができるわけだから。

巨大望遠鏡は2020年以降ってことらしいけど、液体鏡はその頃には普通に普及してそうだな。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

膨張させて広いスペースを確保するモジュール!国際宇宙ステーションを広くする

国際宇宙ステーション(ISS)は決して広くはない。広くするためには、完成した居住モジュールをロケットで運ぶしかないため、大きさに限りがある。

Virgin Galactic社の超かっこいい宇宙船が有人飛行に成功

Virgin Galactic社の宇宙旅行実現が近づいてきたな。それにしてもこの宇宙船・・・宇宙航空機か、超かっこいい!Virginのロゴがまたなんとなくこの宇宙船に合ってる!SF映画とかに出てきそうだし。

隕石から地球を守る技術!ペイント弾で軌道を変える?

隕石が地球に衝突する映画はよくあるが、最後に頼るのはミサイルだったり、核爆弾だったりします。でもペイント弾でどうにかなるかも…って話が。

酸素を作り出す人工の葉っぱが完成!水と二酸化炭素を吸収して酸素を作り出す

Julian Melchiorri氏が水と二酸化炭素を吸収し、酸素を作り出すことができる人工の葉っぱを開発したと発表。長期の宇宙旅行を可能にする夢の様な技術だ。

無人宇宙船X-37Bが3度目の打ち上げに成功!再利用可能で9ヶ月間も宇宙飛行できる耐久性

有人宇宙飛行が注目される世の中ですが、無人宇宙船でも素晴らしい研究が行われています。アメリカ空軍が行なっている実験用無人宇宙船X-37Bが、3度目の打ち上げに成功しています。

民間の宇宙船が国際宇宙ステーションにドッキングする日は近い

民間企業が宇宙船を作り始めて間もないが、気がつけば宇宙船を作り上げ、気がつけばロケットを打ち上げ、つい最近大気圏再突入もやってのけた。NASAが数十年かけてやってきたことを、時代ってのもあるけど数年でやってしまっているスピード感はすごい。

次世代宇宙航空機スカイロンは音速の5倍の速さで宇宙へ

スペースシャトルの退役が決まってから、今後の宇宙への移動手段はどうなるんだろうかと思っていたが、遂に具体的なものがでてきたね。ただ実用まで時間がかかりそうだ。

2050年までに火星に8万人移住構想!飛行費用は4100万円、生活費は…

トータル・リコールという火星を舞台にした映画がある。一部の人間が火星に移住した世界だが、まさか映画のように火星で暮らす時代が来るとは思わなかった。

宇宙ゴミ(スペースデブリ)を除去する特殊な網をJAXAと漁網メーカーが開発中

魚を捕まえるのに使う漁網を作っているメーカーが宇宙ゴミ、いわゆるスペースデブリを除去する網を開発しているそうです。海で養った技術を宇宙で活かすなんてすごいね。それにしてもどうやって宇宙ゴミを除去するのだろうか。

スリムな宇宙服『BioSuit』

まるで初期のasimoを見ているような巨大で半端なく重い宇宙服。それがまったく新しいものに変わるかもしれない。