白じゃないオシャレな『Revonaトイレットペーパー』

2007年6月17日 12:01

Renova

「白いモノってなーんだ?」って言われて「トイレットペーパー!」って言って間違いになる日が来ました。トイレットペーパーが白じゃなくなる!?

これまたスゴイものが日本に上陸です!何が優れているかって、トイレットペーパーに色をつけるという発想と、その品質です。

今まで長年変わってこなかったモノを一気に壊す勢いのあるアイテムです!

皮膚科学、婦人科学テストも実施した、体にやさしく、また生分解可能な地球にもやさしい製品です。 原料にはリサイクル可能なヴァージンパルプを使用。環境に関する最も厳格な品質基準、ISO14001を取得しています。 もちろん、濡れても色落ちはしません。

ということなので、もちろん今までのトイレットペーパーと機能や品質は変わらないので、環境への影響はなさそうです。

なんでも海外のセレブが愛用しているようで、ヨーロッパやアメリカの高級なレストランやホテルで使用されているそうです。セレブな自分!?としては買わないとですね(笑

このアイテムをつくったメーカーRENOVA JAPONのサイトを見てみると、エレガント、洗練、反抗的、ファッション性・・・とあります。この「反抗的」というのがいい。なにかを生み出すには逆にすればいい!これは自分の格言なんですが、まさしくそれに当てはまるものです。反抗的って分かってて黒のトイレットペーパーをつくるんですから(^^;

トイレというのは清潔感を出すために白が使われています。トイレットペーパーがそれのように。便器もそうですね。それが原因で、なかなかトイレに個性を出すことが難しいんです。。

自分もそのひとり。白にあったものを・・・って考えなければいけない。だから日本のトイレメーカーさん!そろそろ白じゃない便器をつくりませんか!個人的には黒なんですが、オレンジも好きなのでそんなものを。

汚れが確認できないって理由もあるんでしょうけど、ツルツルした光沢のある素材ならば、汚れは確認できるし、オシャレに気を使う人ならば、掃除くらいしますよ。

関連サイト

RENOVA JAPON

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。