脈拍からメロディーを作る『ハートショット』

2007年6月22日 5:04

世界で一つしかないメロディーを自分の脈拍から作り出すというサービス『ハートショット』がトレンドたまごで取り上げられました。

これまたユニークなサービスです。自分の脈拍を聞くことで、リラックスできるということです。犬にも効果があるようで、映像では犬が寝ちゃってました。

脈拍

心拍数をリズムに変換し、血流の強弱や早さをメロディラインに変換するそうです。

人は自然界のような不規則なリズムの方がリラックスするそうで、脈拍から作る曲も自然界のような不規則なもので、リラックス効果があるということです。実際に名古屋工業大学大学院で伊藤英則教授が8年間も研究され、自分の脈拍メロディーを聞くとα波が出ることが実証されているそうです。

「リラックス」「発想力」「集中力」の3パターンのCDを1枚3,800円で作成・販売してくれます。

脈拍

意外と安いですね。もうちょいするのかと思いましたが。脈拍をとる必要があるので、おそらく制作に立ち会うんでしょうね。でも10分の曲を作るのに3分ほどの脈拍をとるだけだそうなので、簡単にできちゃうんですね。

市販の癒しサウンドCDを買うなら、効果があるというこういうCDを作るのもいいかもですね。ちょっと気になります。

やろうと思えば、リアルタイムに脈拍をメロディに変換することもできるだろうから、病院等で入院している患者向けにサービスを提供するのはどうだろうか。なにかとストレスが多い入院ですが、自分の脈拍メロディでリラックスれば少しは早く治るかもしれないし。

あとは動物にも効くということだから、牛とかに聴かせるとおいしい牛肉や牛乳ができたりして!?リラックスしてるといいモノになるって言うし。

どうでしょ日本メディアセントラルさん!

関連サイト

ワールドビジネスサテライト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

エアギター日本公式団体公認『エアギターPROエレキギター』

インド映画のダンスが思っていたよりすごい!

インド映画の中のダンスは地味なモノだと思っていたが、たまたまインド映画のワンシーンを観て、本当にすごいと感じた。インド映画の印象が全く変わってしまった。

iPhoneの着信音をリミックスしてカッコイイ曲に!iPhone MetroGnome Remixがすごい

リミックスネタは大好きなんだけど、これまた久々にカッコイイ曲がでてきた。iPhoneを持っている人は馴染みのあるプリセット着信音をカッコイイ曲に仕上げちゃったMetroGnomeがすごい。

だれでも演奏できるピアノ曲「4’33″」

John Cageという作曲家が作曲したピアノ曲で、聴く人によっていろんな捉え方があるすごい楽曲です。そんなすごい曲をだれもが弾けるってのはすごいよね。

2012年にヒットしたPopミュージック55曲を1曲に!ぜんぶ混ぜちゃいました

2012年もそろそろ終わりですが、ヒットした曲、話題になった曲がいっぱいありましたね。ってことで、ヒットした中から55曲を混ぜたマッシュアップ曲をお届けします。

自分好みのクラブイベント情報を探せる『X CLUB』

クラブ好きのクラバーの方にはとてもいいサービスかもしれません。クラブイベントの情報を探そうと思っても、大きなイベント情報はあっても、小さなクラブイベント情報はネットじゃ見つかりません。そういったことを解消してくれるかもしれないのが、このサービスです。

2013年にヒットしたPopミュージック68曲をMix!ぜんぶ混ぜちゃいました

もう2014年になって2週間が経ちましたが、去年2013年にヒットしたPopミュージックを68曲厳選してマッシュアップした動画をお届けします。

レベル高すぎてついつい口ずさんでしまう曲!ロバート秋山のTOKAKUKA

芸能人が監督しておもしろい動画を作る番組で、ロバート秋山のTOKAKUKAという楽曲のPVが最高すぎて、頭でリピートしまっくって困るレベル。

ヴァイオリンとHip Hopのコラボレーション

Hip Hop DJがヴァイオリン等のストリングス系の音色を使うことは多々あるが、実際に生演奏するヴァイオリニストとHip Hop DJが合わせて演奏しているのをみると、結構刺激的で面白いなぁと感じる。

VOCALOIDのハードウェア化でロボットは遂に声を得た

今までのロボットは、事前に録音された音声を再生するだけだった。なので、録音していない歌を歌う事はできなかった。だが、歌声合成ソフトウェアとして有名なVOCALOIDがハードウェアになったことで、ロボットが歌いだす時代がやってくる。