2007年6月の人気記事

2007年6月30日 7:52

1位 ガルウィングの国産のスーパーカー『真庭』

2位 味を変える魔法!?のストロー『sipahh(シッパー)』

3位 YouTubeの日本語版『YouTube Japan』がオープン

4位 無名の心(ウーミン)とユニクロのブログパーツ

5位 東京湾にピラミッド型新都市建設案!?

6位 世界初!対話と行動を学習する人工知能ロボット

7位 Safari 3.0.2 を試してみた。やっぱ紛らわしい。

8位 脈拍からメロディーを作る『ハートショット』

9位 一瞬でドリンクが凍る『マジコール』

10位 子供のぶっ飛んだ発想と行動力ならなんでもできる!?

木製のスーパーカーというのがだいぶみんなの興味を引きつけたようで、800UU(ユニークユーザー)が観覧するという断トツの1位。2位のsipahhは今もいろんな方が気になっている注目のアイテムですね。

こうやってみると今月はYouTube日本語版やWindows版Safariが大きなニュースだったんだなぁ。自分的には東京湾にピラミッド型新都市建設案!?が渾身の記事だったんで、一応5位ということで、よかったわぁ(^^;

今月から本格的に記事を書くようになったんだけど、御陰さまで多くの方が観覧してくれたようで、励みになりますね。

今後も優れもの情報を見つけてきますよー!

本当はもっとコメントもらえると嬉しいんだけど。。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/sites/heteml/users/v/m/n/vmnetworks/web/zoolbox/wp/wp-content/themes/zoolbox/single.php on line 120

3億円するLykan Hypersportがカッコ良すぎる!W Motorsが開発したスーパーカー

ランボルギーニ、フェラーリは1億円くらいしますが、ブガッティは車によっては2億円くらいします。ですが、これらの高級車を上回る超高級車が登場しました。

「必ず結果が出るブログ運営テクニック」を読んでブログを始めた理由を思い出した

普段、本なんて本当に読まないんです。最後に読んだ本なんて、学生の時に読まされた課題用の本。しかも本を最後まで読んだ経験が一度もない。

そんな自分がなぜこの本を手にとって、最後まで読んだのか。

それは単純にタイトルに惹きつけられ、内容が読みやすく、共感できるものだったから、かな。さすがプロのブロガーが書いただけある。

未来のリビングを予感させる新しいコントローラーXbox 360 Kinect

東京ゲームショーで発表されたXbox 360の新しいコントローラーKinect。ゲームのために作り出されたとは思えない未来を感じるすごいコントローラーだ。ZOOLBOXではゲーム以外でのKinectの可能性を考えてみる。

田中さんだけが出場できるオートレース

苗字が「田中」じゃないと出場できないオートレースがあるっていうのも面白いけど、アマチュアとかの話じゃなくて公式レースらしい。

民間の宇宙船が国際宇宙ステーションにドッキングする日は近い

民間企業が宇宙船を作り始めて間もないが、気がつけば宇宙船を作り上げ、気がつけばロケットを打ち上げ、つい最近大気圏再突入もやってのけた。NASAが数十年かけてやってきたことを、時代ってのもあるけど数年でやってしまっているスピード感はすごい。

電気の新しい作り方を発見!熱力波という新しい発電現象

最近、電力や発電関係の記事を書いきまくってる気がするが、今回紹介するのはスゴイ大発見な気がする。まったく新しい電気の作り方が見つかったよというものです。

2013年にまったく新しいSimcityが発売!もうゲームじゃないなコレは…

街を作るシミュレーションゲームで有名なSimcityですが、久しぶりに新作が登場しますよ!しかもとんでもなくパワーアップして。もうね、予告動画観ただけで来年が楽しみになってきた。

中国が巨大なリング型の建物を建設中!?異空間への入り口か?

中国の遼寧省に巨大なリング型の建造物が現れました。なんでしょうこれ。あまりにも大きくて少しSFの匂いがしますが本物です。

1,000円以下で350km以上走れる電気自動車SIM-WILが凄い

ついに電気自動車も長距離移動の手段になりそうです。351kmも走れるSIM-WILという電気自動車が発表されました。フル充電には1,000円かからないんですよ。

VOCALOIDのハードウェア化でロボットは遂に声を得た

今までのロボットは、事前に録音された音声を再生するだけだった。なので、録音していない歌を歌う事はできなかった。だが、歌声合成ソフトウェアとして有名なVOCALOIDがハードウェアになったことで、ロボットが歌いだす時代がやってくる。