YouTubeの日本語版『YouTube Japan』がオープン

2007年6月19日 17:35

YouTube Japan

ついにYouTubeが日本語対応になりました!普通にYouTubeにアクセスすると日本語版YouTubeであるYouTube Japanに飛びます。

日本語以外にもいろんな言語に対応して国ごとにローカライズされています。

AFRAが「ようこそ、YouTube Japan」という動画で歓迎してくれます。

タブや、細かい情報等すべて、日本語になっています。

これで英語がわからない方でもYouTubeを気軽に使うことができますね。

65-2

これをみてわかるように、日本語以外にも、8カ国増えたことになるのかな。アメリカを除けばね。なんか英語版YouTubeになれているせいか、日本語になっていると違和感をおぼえますね。。

でもちょっと微妙だなぁ。。トップには日本から投稿された動画が優先して表示されるのか分かりませんが、日本の動画が多くて。。

こうやって国によってフィルターをかけていくんですかね。これはちょっと残念な気がする。海外のメディアが面白いのに。。

関連サイト

YouTube Japan

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

YouTubeがバージョンアップしている!

情報収集が一画面でできる『iGoogle』

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。

Googleが未来のメガネを提案!手から携帯電話が消える時代が来た

Googleがまた面白くて未来を感じさせてくれるプロジェクトを開始した。Project Glassという未来のメガネ開発プロジェクト!このメガネがあれば生活はより便利で楽しいものになりそうです。

Googleの検索エンジン用サーバーの写真

毎日Googleで検索している方は必見。あなたの検索ライフを支えているのはこんなすごいマシンです!さすがGoogle!

直感で使えるアクセス解析『Google Analytics』

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

androidを搭載した世界初のGoogle TV購入を検討する理由

ずーっとテレビを買い替えなきゃと思っていたが、Google TVと言われているSony Internet TVが日本市場にも投入されると聞いて、もうこれしかないと思った。その理由は人それぞれだが、自分としては非常に魅力的だ。

TOYOTAが開発した自動操縦の試作車「AASRV」!Googleカーのライバル出現で未来が近づく

CESっていう有名な家電の巨大展示会にTOYOTAが展示したのが自律走行車両!この分野ではGoogleカーが先行していたが、自動車メーカーであるTOYOTAが参入することで、一気に未来が切り開かれそうだ。