アリバイ作りが可能なインターホン!?『インターフォン・モバイル』

2007年7月3日 11:47

外出している時に来客が来ちゃったら・・・って思うときありますよね。そんなときに便利な次世代型インターホン。japan.internet.comによると

「インターフォン・モバイル」はプッシュボタンを押して、またはセンサー信号を自動検知して、リアルタイムに送受信、会話可能な次世代型「インターフォン・モバイル」です。

つまりは外出先でも家のインターホンを押した人と会話することができるというもの。

インターフォン・モバイル自体が携帯電話の機能がついているのかどうかは分からないのですが、

双方携帯電話で会話するインターフォンシステムであり、使用される双方の携帯電話がソフトバンクホワイトプランを採用の場合は、携帯電話基本料金以外の通信・会話に要するランニングコスト・通話料金は原則無料で利用できる。

とあるので、ソフトバンクは使えるのは確かですね。微妙にわからないんですが。。サイトも探しましたが分からず。

ちょっと考えてみましたが、これってアリバイ作りができるようになっちゃいますね。外出していても家にいるように装える訳ですから。インターホンにでて、「あ〜いま手が離せないからまた後で来て!」ってテキトーに答えておけば、来客は一応家にいるんだなぁって思っちゃいますよね。

変な犯罪に使われないことを祈ります。。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/sites/heteml/users/v/m/n/vmnetworks/web/zoolbox/wp/wp-content/themes/zoolbox/single.php on line 120

約120万円する超レアなLEGOブロック!子どものオモチャにはもったいない

自分も子どもの頃はLEGOで育ったので、子どもにはLEGOで遊ばせたいと思っていますが、さすがにこのLEGOブロックは与えたくない…いや、買えないよ。

京都の漬け物をフリーズドライに!菜乾(さいかん)京野菜

漬け物って食べる時は食べるんだけど、結構冷蔵庫に残って駄目にしちゃうんですよね。でもこれを見て、こんなことできるのか!って驚きました。フリーズドライって比較的何でもできるとは聞いてましたが。。

Webカメラで顔を見れば心臓が健康かどうか判断できる

コンピュータは自分の知らない事を知っている。でも自分の身体の事は自分が一番知っている。・・・今まではね。遂に身体の状態まで分かってしまう・・・Webカメラで顔を撮影しただけで。

ついにGoogle Driveが登場!DropboxとEvernoteを足して、さらに+αな感じ?

ついにGoogleからクラウドストレージサービスがリリースされましたね。その名もGoogle Drive。DropboxやSkyDriveなどがあるが、やはりそこはGoogle。魅力的なポイントがいっぱい!

酸素を作り出す人工の葉っぱが完成!水と二酸化炭素を吸収して酸素を作り出す

Julian Melchiorri氏が水と二酸化炭素を吸収し、酸素を作り出すことができる人工の葉っぱを開発したと発表。長期の宇宙旅行を可能にする夢の様な技術だ。

思い通りに指が動く義手!卵を持って割ることだってできる

義手は形を真似ただけのものが多く、その手の形に合わせてできることが限られていたりするのが今の義手。だが、近い未来はそうじゃない。

コーヒーを飲んでいると口腔がんの発症率が半分!一日コーヒーを4杯

コーヒーを飲み過ぎると胃に穴が開くよ!とかカフェイン取り過ぎ良くない!とか言われ続けていますが、毎日コーヒーを飲み続けています。そんな自分にとっても素晴らしい研究結果が発表されました。

SF映画のような虹彩認証による監視社会が実現しようとしている

虹彩認識っていうのは生体認証の一種で、目の瞳孔のまわりの色のついた部分のことで、個々人でパターンが異なるので、生体認証に利用可能な技術とされているが、画像の質やカメラにまっすぐ向いていないと駄目だとか欠点があったんだけど、これが解消されそうという話。

NESCAFE Baristaを2年使った感想と分かったこと!もう手放せない

2年くらい前に購入して使った感想を記事にしていますが、実際に2年間使ってみて分かったこともいっぱいあります。なので、これから買う人のためにも2年分のレビューをお届けします。

最近の短編アニメーションはここまでレベルが高いのか

つい見入ってしまった短編アニメーション。最近の短編アニメーションでもこういったリアルなアニメーションが増えてきて、しかもレベルが非常に高いね。もっとこういう作品が増えてきてほしいね。