スリムな宇宙服『BioSuit』

2007年7月25日 18:06

まるで初期のasimoを見ているような巨大で半端なく重い宇宙服。それがまったく新しいものに変わるかもしれない。

BioSuit

今後、地球人が宇宙に出る場合にみんながみんなあんな重たくてデカイ宇宙服を着たくはないはず。

そんな宇宙服のイメージを打破する新しい宇宙服が開発された。それはまるでSF映画に出てくるようなシンプルな宇宙服です。

宇宙服って世界一高価な服かもしれないですよ。一着作るのに12億円かかるそうです。

世界一は言い過ぎか・・・叶姉妹も10億円くらいの服着てそうだしな(^^;

宇宙服

話はもどって、なんであんなに宇宙服は大きいのか。それは気密性と気圧を調整する機能を持たせるにはどうしてもあのように大きくなってしまうそうだ。

宇宙に普通に出たら風船のように膨らんで破裂してしまうのは、SF映画とかでみたことあると思うが、あれは体内の気圧が高いから、身体の外へ外へ・・・って膨らむわけで、それを抑えるのが宇宙服。

常に宇宙服に空気を送り込んで、空気で満たされているんです。

でも、今回のBioSuitという宇宙服は、そうではないらしい。空気の圧力を使う代わりに機械的な圧力で代替するそうです。

どういう方法かは分かりませんが、BioSuitが締め付けてくれるんですかね。

穴が空いても簡単に修理することができるそうです。これはすごい。SF映画によくある「宇宙服に穴が(゜□゜;)」って死んでしまう悲劇がなくなるんですね。。

まぁなにはともあれ、これが採用されれば宇宙開発のスピードも一層速くなるに違いないですね。

今までと違って自由に動けて、狭いところにも手が入るほどスリムになったわけですから。

最近みたロケットガールというアニメを思い出してしまいました。。

関連サイト

WIRED VISION

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

宇宙に浮かぶ巨大な国際宇宙ステーションができるまで

宇宙に興味がある人は必ず知ってる、というかみんな知ってるはず国際宇宙ステーション。あれって気がついたら凄い大きな物になってましたね。あんなんだったっけ?っていうくらい。そこで、どうやってあの巨大な宇宙ステーションが出来上がったのかを知ることができる動画を見つけました。

オリジナルTシャツをWeb上でデザインできる『stitch』

レーザーでTシャツに好きな柄を書き込める!暗闇で光るTシャツ

暗闇で光るTシャツは今までもあった。だがこのTシャツは今までのものと違う。レーザーを使って自分の好きなようにTシャツをデザインできる!

酸素を作り出す人工の葉っぱが完成!水と二酸化炭素を吸収して酸素を作り出す

Julian Melchiorri氏が水と二酸化炭素を吸収し、酸素を作り出すことができる人工の葉っぱを開発したと発表。長期の宇宙旅行を可能にする夢の様な技術だ。

次世代宇宙航空機スカイロンは音速の5倍の速さで宇宙へ

スペースシャトルの退役が決まってから、今後の宇宙への移動手段はどうなるんだろうかと思っていたが、遂に具体的なものがでてきたね。ただ実用まで時間がかかりそうだ。

成層圏を撮影したのはNASAではなく普通の親子が作った宇宙観測機

もう宇宙観測はNASAとかがロケット飛ばして観測するような、莫大な費用をかけて行うことではなくなったんだなぁって思った。こういうお父さんを持つ子供がうらやましい。。

民間の宇宙船が国際宇宙ステーションにドッキングする日は近い

民間企業が宇宙船を作り始めて間もないが、気がつけば宇宙船を作り上げ、気がつけばロケットを打ち上げ、つい最近大気圏再突入もやってのけた。NASAが数十年かけてやってきたことを、時代ってのもあるけど数年でやってしまっているスピード感はすごい。

SpaceX社のロケットGrasshopperが垂直離着陸に成功!ロケットの回収が容易になるかもしれない

宇宙船を打ち上げるためには、燃料をたくさん積んだロケットで打ち上げ、途中で切り離し、海に着水させたりする。その回収には時間とお金がかかる。

液体鏡を使った巨大望遠鏡!より液体鏡が気になる

NASAが発表した生物の存在はいろんな想像と夢をみせてくれるがっかりしない存在

先日NASAが発表した地球外生命体に関する発表に関して、「がっかりした」とか記者会見後すぐに解散したなどいうけど、この発表がどれだけ夢のあることか。よーく考えてみると、実はすごい夢のある話だと思うし、実際教科書が書き換わるすごいことなんだけどなぁ。