スリムな宇宙服『BioSuit』

2007年7月25日 18:06

まるで初期のasimoを見ているような巨大で半端なく重い宇宙服。それがまったく新しいものに変わるかもしれない。

BioSuit

今後、地球人が宇宙に出る場合にみんながみんなあんな重たくてデカイ宇宙服を着たくはないはず。

そんな宇宙服のイメージを打破する新しい宇宙服が開発された。それはまるでSF映画に出てくるようなシンプルな宇宙服です。

宇宙服って世界一高価な服かもしれないですよ。一着作るのに12億円かかるそうです。

世界一は言い過ぎか・・・叶姉妹も10億円くらいの服着てそうだしな(^^;

宇宙服

話はもどって、なんであんなに宇宙服は大きいのか。それは気密性と気圧を調整する機能を持たせるにはどうしてもあのように大きくなってしまうそうだ。

宇宙に普通に出たら風船のように膨らんで破裂してしまうのは、SF映画とかでみたことあると思うが、あれは体内の気圧が高いから、身体の外へ外へ・・・って膨らむわけで、それを抑えるのが宇宙服。

常に宇宙服に空気を送り込んで、空気で満たされているんです。

でも、今回のBioSuitという宇宙服は、そうではないらしい。空気の圧力を使う代わりに機械的な圧力で代替するそうです。

どういう方法かは分かりませんが、BioSuitが締め付けてくれるんですかね。

穴が空いても簡単に修理することができるそうです。これはすごい。SF映画によくある「宇宙服に穴が(゜□゜;)」って死んでしまう悲劇がなくなるんですね。。

まぁなにはともあれ、これが採用されれば宇宙開発のスピードも一層速くなるに違いないですね。

今までと違って自由に動けて、狭いところにも手が入るほどスリムになったわけですから。

最近みたロケットガールというアニメを思い出してしまいました。。

関連サイト

WIRED VISION

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

宇宙船Tycho Braheは夢の宇宙旅行を低価格で提供してくれるけど・・・

宇宙旅行が本格的に民間の会社で実現しようとしていますが、やっぱり普通の人にはとても払えない旅費が・・・。そこで登場したのがこの宇宙船Tycho Brahe。驚きの低価格で宇宙旅行を実現してくれるそうです。

民間の宇宙船が国際宇宙ステーションにドッキングする日は近い

民間企業が宇宙船を作り始めて間もないが、気がつけば宇宙船を作り上げ、気がつけばロケットを打ち上げ、つい最近大気圏再突入もやってのけた。NASAが数十年かけてやってきたことを、時代ってのもあるけど数年でやってしまっているスピード感はすごい。

膨張させて広いスペースを確保するモジュール!国際宇宙ステーションを広くする

国際宇宙ステーション(ISS)は決して広くはない。広くするためには、完成した居住モジュールをロケットで運ぶしかないため、大きさに限りがある。

洗い流さずに脱ぐボディペイントを可能にした最先端繊維

ボディペイントは洗い流してしまえば二度と二度同じ物は作れない。だが最新のボディペイントは違う!ボディペイントして、不必要になったら洗い流すのではなく、脱ぐんです。

無人宇宙船X-37Bが3度目の打ち上げに成功!再利用可能で9ヶ月間も宇宙飛行できる耐久性

有人宇宙飛行が注目される世の中ですが、無人宇宙船でも素晴らしい研究が行われています。アメリカ空軍が行なっている実験用無人宇宙船X-37Bが、3度目の打ち上げに成功しています。

宇宙で活躍する最初の人型ロボットはRobonaut 2

11月1日に打ち上げられるスペースシャトル「ディスカバリー」には、宇宙飛行士6名の他にロボットが同乗する事になっていることを知ってます?意外とあまりニュースになってないけど、たぶん打ち上げられたらニュースになるかな。

2050年までに火星に8万人移住構想!飛行費用は4100万円、生活費は…

トータル・リコールという火星を舞台にした映画がある。一部の人間が火星に移住した世界だが、まさか映画のように火星で暮らす時代が来るとは思わなかった。

超音速航空機X51Aがなんで注目されているのか

アメリカ空軍が発表した新兵器X51Aがなんで注目されているのか。1時間以内に敵の基地を爆破できるっていうけど、そんなにスゴいことなの?って思っている人もいると思う。数字にすると、とてつもなくスゴいことなんですよ!

成層圏を撮影したのはNASAではなく普通の親子が作った宇宙観測機

もう宇宙観測はNASAとかがロケット飛ばして観測するような、莫大な費用をかけて行うことではなくなったんだなぁって思った。こういうお父さんを持つ子供がうらやましい。。

空を飛ぶことができるようになるWINGSUIT

友人の話でちらっと聞いてはいたが、これほど凄いものとは思っていなかった。本当の意味で人間が空を飛んだのはこのWINGSUITのおかげだな。もう飛行機とか「空を飛んだ」とは言えないね。