スリムな宇宙服『BioSuit』

2007年7月25日 18:06

まるで初期のasimoを見ているような巨大で半端なく重い宇宙服。それがまったく新しいものに変わるかもしれない。

BioSuit

今後、地球人が宇宙に出る場合にみんながみんなあんな重たくてデカイ宇宙服を着たくはないはず。

そんな宇宙服のイメージを打破する新しい宇宙服が開発された。それはまるでSF映画に出てくるようなシンプルな宇宙服です。

宇宙服って世界一高価な服かもしれないですよ。一着作るのに12億円かかるそうです。

世界一は言い過ぎか・・・叶姉妹も10億円くらいの服着てそうだしな(^^;

宇宙服

話はもどって、なんであんなに宇宙服は大きいのか。それは気密性と気圧を調整する機能を持たせるにはどうしてもあのように大きくなってしまうそうだ。

宇宙に普通に出たら風船のように膨らんで破裂してしまうのは、SF映画とかでみたことあると思うが、あれは体内の気圧が高いから、身体の外へ外へ・・・って膨らむわけで、それを抑えるのが宇宙服。

常に宇宙服に空気を送り込んで、空気で満たされているんです。

でも、今回のBioSuitという宇宙服は、そうではないらしい。空気の圧力を使う代わりに機械的な圧力で代替するそうです。

どういう方法かは分かりませんが、BioSuitが締め付けてくれるんですかね。

穴が空いても簡単に修理することができるそうです。これはすごい。SF映画によくある「宇宙服に穴が(゜□゜;)」って死んでしまう悲劇がなくなるんですね。。

まぁなにはともあれ、これが採用されれば宇宙開発のスピードも一層速くなるに違いないですね。

今までと違って自由に動けて、狭いところにも手が入るほどスリムになったわけですから。

最近みたロケットガールというアニメを思い出してしまいました。。

関連サイト

WIRED VISION

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

民間の宇宙船が国際宇宙ステーションにドッキングする日は近い

民間企業が宇宙船を作り始めて間もないが、気がつけば宇宙船を作り上げ、気がつけばロケットを打ち上げ、つい最近大気圏再突入もやってのけた。NASAが数十年かけてやってきたことを、時代ってのもあるけど数年でやってしまっているスピード感はすごい。

洗い流さずに脱ぐボディペイントを可能にした最先端繊維

ボディペイントは洗い流してしまえば二度と二度同じ物は作れない。だが最新のボディペイントは違う!ボディペイントして、不必要になったら洗い流すのではなく、脱ぐんです。

オリジナルTシャツをWeb上でデザインできる『stitch』

実現すればたぶん世界最高級ホテル!窓の外は・・・宇宙!?

まだ計画段階みたいだけど、出来たら世界最高級のホテルになるだろうね。しかも7部屋しかないんだって。さらに外出ができません。は?そんなホテルがなぜ最高級になるのか。自分は・・・このホテルなら泊まってみたいです。

レーザーでTシャツに好きな柄を書き込める!暗闇で光るTシャツ

暗闇で光るTシャツは今までもあった。だがこのTシャツは今までのものと違う。レーザーを使って自分の好きなようにTシャツをデザインできる!

宇宙船Tycho Braheは夢の宇宙旅行を低価格で提供してくれるけど・・・

宇宙旅行が本格的に民間の会社で実現しようとしていますが、やっぱり普通の人にはとても払えない旅費が・・・。そこで登場したのがこの宇宙船Tycho Brahe。驚きの低価格で宇宙旅行を実現してくれるそうです。

膨張させて広いスペースを確保するモジュール!国際宇宙ステーションを広くする

国際宇宙ステーション(ISS)は決して広くはない。広くするためには、完成した居住モジュールをロケットで運ぶしかないため、大きさに限りがある。

成層圏からスカイダイビング!人類の偉大な記録映像を観よ

宇宙から地球にジャンプ!って感じの映像だ。高さに震えるって域を既に超えてる景色。美しさに吸い込まれるようにダイブしている。

宇宙ゴミ(スペースデブリ)を除去する特殊な網をJAXAと漁網メーカーが開発中

魚を捕まえるのに使う漁網を作っているメーカーが宇宙ゴミ、いわゆるスペースデブリを除去する網を開発しているそうです。海で養った技術を宇宙で活かすなんてすごいね。それにしてもどうやって宇宙ゴミを除去するのだろうか。

大人の女性と子供で兼用できる服『beautiful people』