限られた条件から生み出される優れたモノ

2007年10月31日 18:04

最近のオンラインサービスは様々な機能やサービスを盛り込み過ぎているのではないだろうか。もっと機能を絞り込んで、提供した方が良いのではないだろうか。必要ないものまで提供している事で、使いにくくなっている気がするのは自分だけだろうか。

限られた条件から生み出された優れたモノを紹介するとしたら、これでしょう。

スーパーマリオ

ファミコンで一番の出荷数を誇る作品なわけだが、10年以上も前のゲームだけあって、開発には限られた条件がいっぱいあったはずだ。

カセットの容量、音数、操作ボタンの数、画質や色といったように、今では無制限に使えるようなゲーム開発と違って条件が多いはずだ。

このスーパーマリオの容量は40KBほどしかないそうだ。

つまりは携帯のゲームよりも軽いんです。携帯のゲームの方が容量が多いのに、なぜスーパーマリオに勝るゲームが出てこないのか。勝っているかどうかは人によって感覚は違うだろうけど、自分は未だにスーパーマリオは面白いと思う。

決して今のゲーム開発が容量が有り余っているとは言わない。ただ、今使える容量でいろいろできすぎるのが問題なのではないだろうか。

予算はいくらでも使っていい!といった上限を設けないと、ただ出てくるアイデアを盛り込んでいくだけの作品になってしまう。これは容量も同じ事だ。

スーパーマリオのように条件を設ける事(技術的なものだから設けたわけではないが)で、出てくるアイデアを再考するきっかけとなる。

「この容量なのにこんな機能は不要だ!」などといったディスカッションだ。

最初にどれだけの機能やサービスを提供するのか。予算・時間・技術的な部分といった条件を明確に設ける事が優れたモノを作り出す最初のステップではないだろうか。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

一度はやったことがある人気テレビゲームのマリオカートが遂に実写化!?

マリオカートをやってた時って、実際にこんなレースがあったらどうなんだろうって想像していたけど、実際こうやって観てみると危険過ぎるな(^^;)そして間違いなく死人がでるレベルだわ。

現実世界がゲームの世界にもなる拡張現実(AR)

先日友だちと拡張現実(AR)の話をしていたんだが、みんな結構興味を持ってくれた拡張現実がもたらす未来について考えてみる。

Googleマップが日本人に見易いように大幅にバージョンアップした

すごい見やすいぞ!なんていうか見やすすぎる!なんでだろう。今までの地図より断然見易い。しかも旅行したくなる…いや冒険したくなる。

異常な程の臨場感『Metal Gear Solid 4』

知らない人はいないでしょが、ステルスアクションゲームで有名な『メタルギアソリッド4』今回そのメタルギアソリッド4のプレイデモ映像が公開されました。

環境がテーマのSIMCITYの様なゲーム『Electro City』

どんな電化製品もスマートフォンでON/OFFできるようになる?電池の代わりにTethercellを入れるだけ

最新の電化製品ならスマートフォンで遠隔操作で電源をON/OFFできる機能があるかもしれない。だが、オモチャや小さな電化製品にそんな機能が付いているはずがない。

未来のリビングを予感させる新しいコントローラーXbox 360 Kinect

東京ゲームショーで発表されたXbox 360の新しいコントローラーKinect。ゲームのために作り出されたとは思えない未来を感じるすごいコントローラーだ。ZOOLBOXではゲーム以外でのKinectの可能性を考えてみる。

まるで映画のようなゲームのCall of Duty Modern Warfare 3の公式動画集

正直早くやりたくてしょうがない!発売日まで徐々に公開される動画を観て興奮を抑えなければ!ってことで、動画をまとめておくことにしました。

テレビゲーム開発者の試行錯誤が分かるゲームの歴史

パックマンが1980年ですから、そこから約30年で急速な進化を遂げたゲームってすごいね。未来のゲームがどうなっていくのかも気になる。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。