BDディスク20枚分の容量を記録できる次世代光メディアHVD

2009年1月31日 1:01

最近やっとブルーレイディスクが普及し始めて、大容量メディアの時代が来たなぁと思っていましたが、もう既に次の記録メディアが開発されています。

新しいメディアの名前はHVD、ホログラフィック・ヴァーサタイル・ディスクというもの。hdv-1-20090131.jpg

ブルーレイディスクが20枚も入っちゃう大容量!もうDVDなんて・・・って感じだよね。

今までの光ディスクは表面に記録するので、表面がいっぱいになってしまうえばそれで終わりだが、このHVD技術はディスクの層を厚くして、今までの面ではなく立体にデータを記録することで膨大なデータを記録できるようにしたものだそうだ。

http://www.youtube.com/watch?v=HfFfV_AQzLw

結構前に、円盤形のディスクがなくなって、キューブ型の記録メディアが出てくると言っていたものがこれなんだろうな。

ディスク型のいい点を残しつつ、新しい技術を加えるところがすごいね。

新オプトウエア株式会社

–追記

よーく読み直したら、数字が間違ってました。。

ブルーレイディスク200枚じゃなくて、20枚分でした。。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

360TBも保存できる劣化しない記録ディスクを開発中!100万年以上保存することができる!?

CDやDVD、ハードディスクなどは数年から数十年という寿命があります。定期的にデータを移してあげる必要がありますが、その必要がなくなりそうです。

大腸菌などのバクテリアにデータを保存する技術が完成

データを保存するのはハードディスクだが、その中身は磁気をおびたディスクだったり、最近ではシリコンだったりするわけだが、この新しい技術はバクテリアに保存しちゃうそうだ。生き物にどうやってデータを保存するのか。

500GBの記録容量を実現したホログラフィックディスクは300万円!?

大容量を誇るホログラフィックディスクですが、以前ZOOLBOXでも紹介した新オプトウェア株式会社ではなく米GEが先に実現してしまったようです。価格は恐らく・・・

将来的に15テラバイトのデータを記録できる光ディスク!富士フィルムが記録方式を開発

Blu-ray Discも約25GBから128GBと結構な大容量を記録することができますが、近い将来、一枚の光ディスクに15TBのデータを保存できることになるそうです。いったい何に使うのかと…。