チェルノブイリで発見された放射能を食べる菌

2009年2月2日 8:06

ひどい環境では生き物も必死に生きようとするものです。放射能しかなければ、放射能でどうにか生きようとするようです。この発見はいろいろな問題の解決につながるんですけどね。

eats-radiation-1-20090202.jpgこの菌、2007年に発見されてだいぶ経ちますが、研究は進んでいるんだろうか。

原子力発電所の事故で人が住めなくなってしまったチェルノブイリで、ロボットによって発見されたこの菌。原子炉で育っていたのを発見されたそうで、そのエネルギー源が放射能だそうだ。

人間にとっては恐ろしいほど有害でも、この菌にとっては美味しいもののようだ。

この菌をうまく活用すれば、チェルノブイリの放射能を除去できるかもしれない。早く人が住めるようになるかもしれないのだが、菌が発見されてからだいぶ経つが情報はまったく出てこない。

この菌の研究によって、処理に困っていた原子力発電所の核燃料を自然に戻すことが可能になるかもしれない。

さらには、放射能被爆者の治療法が見つかるかもしれない。

そうなれば、原子力発電所への考え方が変わって、エネルギー問題が多少改善されるのだが・・・。

関連サイト

Black Fungus Found in Chernobyl Eats Harmful Radiation

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

原子爆弾の恐さが伝わるすごい映像

なんでこんな物が作られてしまったのかと思うほど恐ろしい映像です。原子爆弾による巨大なキノコ雲と衝撃波の威力を観ることができます。

大腸菌などのバクテリアにデータを保存する技術が完成

データを保存するのはハードディスクだが、その中身は磁気をおびたディスクだったり、最近ではシリコンだったりするわけだが、この新しい技術はバクテリアに保存しちゃうそうだ。生き物にどうやってデータを保存するのか。