口だけで音楽を奏でるヒューマンビートボックスをやるすごい人たち

2009年2月3日 9:02

口だけで様々な音を出して音楽を奏でたりする技をヒューマンビートボックスという。世界中には個性的なヒューマンビートボックスをやる人たちがいる。一度聞けばそのすごさが理解できるはずだ。

YouTubeでも相当有名なヒューマンビートボックス奏者のJoseph。この人の動画をYouTubeで観たときはすごい衝撃を受けたのを今でも覚えている。

なんというか、本当にこの人の口から音が出てるのか?って疑ってしまうくらいいろんな音が同時にでてくる。

よく、ビートを口で刻む人はいるが、同時に歌まで歌ったりするなど、とにかく音がひとつふたつじゃない。

いろんな音色を出すことができるってだけでもすごいのにね。

Eclips(エクリプス)という人もすごい。歌とビートの合わせ技はこの人がすごいなぁと思ったり。

エンタテイナーだなと感じたのはBeardy Manだな。

この他にもいろんな人がいるが、自分はこの3人がお気に入りだ。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

アーク放電でダースベイダーのテーマを演奏!?

つい最近ハードディスクドライブでダースベイダーのテーマを演奏している映像が話題になったが、今度はアーク放電。雷だな。。

DJ iPSこと森口尚史氏が本当に登場した!歌を披露するくらい元気?

先日お伝えしたiPS細胞で世間を騒がせた森口尚史氏がDJとしてデビューするのでは…という記事を書きましたが、なんと本当に登場しました。動画でその模様を紹介します。

田中さんだけが出場できるオートレース

苗字が「田中」じゃないと出場できないオートレースがあるっていうのも面白いけど、アマチュアとかの話じゃなくて公式レースらしい。

レベル高すぎてついつい口ずさんでしまう曲!ロバート秋山のTOKAKUKA

芸能人が監督しておもしろい動画を作る番組で、ロバート秋山のTOKAKUKAという楽曲のPVが最高すぎて、頭でリピートしまっくって困るレベル。

世界一小さいストップモーションアニメーション

今までたくさんストップモーションアニメを観てきたけど、これほど小さい主人公を使ったストップモーションアニメはないし、よく作ったなぁって感心してしまう。

スーパーコンピューターはこうやって作られた!

2012年11月、スーパーコンピューターのランキングが「Titan」によって書き換えられた。スーパーコンピューターがどのように作られているのか、非常に興味がある。ってことで、動画が幾つかあったので紹介したい。

VOCALOIDのハードウェア化でロボットは遂に声を得た

今までのロボットは、事前に録音された音声を再生するだけだった。なので、録音していない歌を歌う事はできなかった。だが、歌声合成ソフトウェアとして有名なVOCALOIDがハードウェアになったことで、ロボットが歌いだす時代がやってくる。

スティーヴジョブスの卒業式祝賀スピーチに感銘を受けた

もし大学の卒業式でスティーヴジョブスがスピーチしていたら、自分の人生の進むべき道が変わっていたかもしれない。これほどの力があるスピーチにであったことがない。

かわいい女の子が無邪気に踊ってるホームビデオかと思ったら

いやぁ和むねぇ。こういう女の子が無邪気に踊るホームビデオって。・・・あれ?あれれ?・・・すごいなぁ。

アクション映画のワンシーンのような人間離れした動きをするDamien Walters

アクション映画のワンシーンに出てきそうな技を繰り出す人で、本当にこんな動きを人間ができるのかと疑ってしまうほどだ。