瞳から深層心理を読み取るすごい瞳孔分析機

2009年2月6日 1:40

視線を監視する技術はあったが、それに加えて瞳孔を監視することで、その人が興味・関心を持っているモノが分かってしまう、そんな分析技術が開発された。

瞳孔の開き具合や視線の動きから、その人が何に興味を持っているのかを計測することができるシステムをVIS総研が開発した。

視線の動きから何に関心を持っているかは視線計測システムってのが前からあるから何となく分かりますが、実は瞳孔の開き具合からも興味・関心があるかを計ることができるそうです。

人は興味や関心のあるものを見ると、無意識のうちに瞳孔が大きく開くそうです。

なるほどね。

この視線計測システムと瞳孔分析技術を融合したのが今回のEmotional分析というもので、その人の無意識な感情を読み取ることができるというものだそうだ。

興味のあるものや、関心のあるものをシステムが判断してくれるわけです。

この技術を応用すれば、心拍数や発汗、呼吸等を計測して分析する嘘発見機、これにVIS総研が開発したEmotional分析を加えれば、嘘発見機の精度も高まるかもしれない。

もうそう簡単に嘘はつけませんね。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

失明した患者の視力を回復する最新式の人工眼が完成

人工眼って自分が知っているのだと、物が白い点に見えて、決して僕らが観ているようなキレイな景色は観る事ができないものっていうイメージだったが、もうここまで進化しているとは正直驚いた。

遺伝子治療で視力を回復させる実験に成功

遺伝子を治療する技術ってすごいね。遺伝子治療とか、ずーっとさきの技術だと思ったが、そうでもないのかもね。

遺伝子の特定により近視の予防と治療の可能

目の悪い人には凄いニュースだ。近視の原因とされる遺伝子が特定されたそうだ。近視は遺伝ってことで決着したってことですね。しかも治療ができるっていうんだから、すごいニュースですよね。