スティーヴジョブスの卒業式祝賀スピーチに感銘を受けた

2009年3月24日 10:06

もし大学の卒業式でスティーヴジョブスがスピーチしていたら、自分の人生の進むべき道が変わっていたかもしれない。これほどの力があるスピーチにであったことがない。

このスピーチは2005年にアメリカのスタンフォード大学卒業式で行なわれたものだ。

複雑な過去を持っているスティーヴジョブスだけに、経験したしたことから彼が得たことを聞くことは、自分にとってすごい導きだと思う。

様々な困難を乗り越えてきた人

スティーヴジョブスは大学を中退し、自分が設立したApple社をクビになり、さらには深刻な病を患い、普通の人以上に苦しい局面を何回も乗り越えてきた人でもあると思う。

そんな人の体験談には大きな影響力がある。

実際に彼のスピーチを聞いてもらいたい。日本語字幕が付いているので英語がわからなくても平気だ!

http://www.youtube.com/v/qQDBaTIjY3s&hl=en&fs=1&ap=%2526fmt%3D18

http://www.youtube.com/v/ShoOOS2GrWU&hl=en&fs=1&ap=%2526fmt%3D18

非常に説得力のある内容だ。

今日が人生最後の日だとしたら…

“If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?” And whenever the answer has been “no” for too many days in a row, I know I need to change something.

というフレーズ。

「今日が人生最後の日だとしたら、今日やることは本当にやりたいことか?もし、NOという答えが何日も続いたならば、何かを変えなければならない!」という意味だが、スティーヴジョブスは実際に33年間鏡に向かって自分に問い続けていたという。

毎日人生の最後だと思いながら人生を歩き続けてきただけに、スティーヴジョブスの毎日には無駄がなかったんだろうなぁと。

たしかに「死はいつかくる」ではなく、「明日死ぬかもしれない」と思うとやるべきことが見えてくる気がする。

まだ遅くないかもしれない

もしこの言葉を大学の時に・・・いや、もっと早く聞くことができたら、自分はもっと毎日を大切に過ごすことができたような気がする。

これからの一日一日を大事に、そして内容のある、自分が本当にやりたいことをやっていきたいと心の底から思った。

まだ遅くないかもしれない。

これから自分に問いかけていきたい。

「もし今日が人生最後の日だとしたら・・・」

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

かわいい女の子が無邪気に踊ってるホームビデオかと思ったら

いやぁ和むねぇ。こういう女の子が無邪気に踊るホームビデオって。・・・あれ?あれれ?・・・すごいなぁ。

まるで湖のような世界最大のプールがあるSan Alfonso del Mar

そろそろ夏!となると、やっぱりリゾート地へ行きたくなりますが、一生に一度くらいはこんなところに行ってみたいものです。

人間とじゃんけんをするロボットの指の動きがすごい

ロボットとじゃんけんするには特別な機械を手に装着する必要があるようですが、このロボットの指の動きに注目して欲しい。

犬のほうが優れていると感じることができる動画

久々に素敵な動画(アニメーションGIF)を見つけた!人は犬より優れていると思っていたりするけど、犬は「俺のほうが優れている!」って思っているのかもしれない。

初音ミクが歌う八王子Pによる「Sweet Devil」のプロモーションビデオがすごい

もうニコニコ動画にプロがいっぱい。。どの創作作品も基本的にレベルが高いなぁと感じる。実際にニコニコ動画からプロの作曲家になってしまう人がいるくらいだ。そんな中で最近気になっているのが八王子Pの「Sweet Devil」。

進化し続けるディスプレイ技術の未来を観ることができる動画

最近すごい勢いで進化しているディスプレイ。こうなったらいいなぁって思っていることが数年後には実現されているかもしれない。ディスプレイが進化するとどんな未来が待っているのかを考えた動画を見つけました。

たった3分間の短編アクション映画「3 Minutes」がすごい

久々にvimeoを見ていたら、この動画が気になって観たんだが、なかなか面白かったので紹介してみる。vimeoは本格的に活動するクリエイターが募って投稿しているだけあって、非常に完成度が高い。

最古のコンピュータ「Harwell Dekatron」が39年ぶりに再起動!まだ動くのか。

60年前の1951年に作られたコンピュータ「Harwell Dekatron」別名「WITCH」が再起動したそうだ。3年もの歳月をかけて。どんなコンピュータか気になるでしょ?

砂に命を吹き込む魔法の手

砂で描かれるこの世界観は一見の価値有りです。この人の手は砂に命を吹き込んでいるかのように、表現力が非常に豊かで、描かれたものに生命を感じるほどです。手と砂でこれほどの作品ができるというのはすごいです。

日常の反対の世界を撮影するために後頭部にカメラを取り付けてしまった教授

数年前に24時間頭にカメラを付けて自分のプライバシーを生中継していた人がいたが、この教授はすごすぎる。後ろにはまったく別の世界がある・・・その世界を見るためにここまでやってしまうとは。