恋人がロボットの時代も近い!?リアルな日本人女性ロボット

2009年3月17日 7:51

遂にそのときがやってきたようだ!まだまだロボット感たっぷりだが、日本人の底力はとてつもないから、すぐにこれが本物の女性と見分けがつかないくらいのレベルになるだろう。

今まで二足歩行ロボットといえば、asimoを思い浮かべることが多いと思う。

また、リアルな女性ロボットとしてアクトロイドというのもあったけど、あれはただの展示物といった印象が強かった。

んで、それらのロボットのいいところを掛け合わせたのが今回のロボット「HRP-4C」だ。

http://www.youtube.com/v/q02i_sF3Ilg&hl=en&fs=1&ap=%2526fmt%3D18

顔や体型、サイズなどが日本人女性の平均値を元に作られており、顔もリアルなもので、動きもどことなく女性らしい。

ただリアルなだけでなく、ちゃんとお辞儀をしたりもするし、アクトロイドとの違いは歩行することができ、さらに音声認識による動作が可能というところです。

つまり、人とコミュニケーションを取ることができるということです。

http://www.youtube.com/v/_gM8pTkx1Ag&hl=en&fs=1&ap=%2526fmt%3D18

まぁもうちょっと滑らかな動きだといいんだけどね。

あと1年もしたらそんな細かいところも修正されて、よりリアルなものになるんだろうね。

この調子で開発・研究が進めば、恋人がロボットという人が出始めるのも時間の問題かもしれない。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

車椅子に変わるかもしない『Hubo FX-1』

100kg以上の人間が搭乗しても問題なく2足歩行ができるロボット『Hubo FX-1』の動画をたまたま見ることができた。(記事内に動画あり)

搭乗者が搭乗席で多少揺れたりしても、ロボットの足がしっかりとバランスをとり、非常に安定感があり、人間搭乗型ロボットとしては大きな一歩ではないかと思う。

息を潜めて隠れても無駄!人間の呼吸を検知するロボット

よく映画とかでも暗闇に隠れたスパイを探す時に赤外線センサーを使ったりするシーンがあったりする。だけどそんな技術も古いものになりつつある。この新しいロボットから隠れることはほぼ不可能に近い。

ルービックキューブが得意なロボット『RuBot II』

自力で充電しようとするロボット「Milestone 2」

このMilestone 2を観て、ロボットも必死に生きようとしていて、だんだんと生き物に近い存在になりつつあると感じ、少し恐さも感じた。

ロボコップのリメイク版予告編が公開!15年後の未来、2028年が舞台

1987年に公開されたロボコップの舞台は2010年だった。だがもう2013年。残念ながらまだロボコップは実在しません。今度はもうちょい未来の2028年が舞台。

人間のような感覚がある皮膚を持つロボットはもうすぐそこへ

今の時代のロボットは小さな虫が顔に止まっても何とも思わないだろうね。でも近い将来ロボットも人間並みのわずかな感覚をもつ皮膚を得ることになる凄い技術が開発されていることを知ってる?

世界初!対話と行動を学習する人工知能ロボット

気持ち悪い4足歩行ロボットBigDogが小さくなったLittleDog

動きが気持ち悪いけど、技術的にはすごいBigDogって覚えてますか?蹴られても蹴られても、がんばって歩き続けるあの気持ち悪い4足歩行ロボットのことです。それが小さくなってより気持ち悪くなりました。でもこの技術ってすごい未来が広がっていると思います。

筋肉と骨を持つヒューマノイド・ロボットを開発中!人間の身体の動かし方を完全に再現する

ヒューマノイド・ロボットの多くは、見た目は人間っぽいけど身体の動かし方は人間とは全く違う。身体の動かし方も人間っぽくするには筋肉が必要だ。

セクサロイドの可能性と必要性。2050年にロボットが売春を開始?

ニュージーランドの経営学教授と性科学者によるセクサロイドに関する論文に関する話ですが、まったくなくはない話だなと思って、セクサロイドの可能性と問題点などを真剣に考えてみる。考えるとなかなか面白い未来だと思う。