質問に答えてくれるWolfram Alphaが気になる

2009年3月11日 0:04

何か疑問があれば今ならGoogleで検索して答えを探そうとするだろう。でもGoogleは膨大な情報を与えてくれるがどれが本当の答えかは教えてくれない。でもこいつは違うかも。

今までは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、答えに関連している情報を探し、それらの情報を自分の頭で整理して答えを導き出していた。

しかし、Wolfram Alphaを使えば、膨大な情報を整理する時間を省いてくれそうだ。

Wolfram Alphaって?

Wolfram Alphaとはどういうものなのか。

Wolfram|Alphaは、「ティンブクトゥはどこの国にあるか」「水素原子の陽子は幾つか」「今月のシアトルの平均降水量は?」「ISSはどこか」「GOOG(Google)の株価が300ドル以上だったのはいつか」といった事実に関する質問に回答してくれる

質問すればWolfram Alphaがすぐに答えてくれるわけだ。

さすがに「○○ちゃんは彼氏がいるのか?」などといった質問には答えてはくれないだろうけど・・・(答えたらびっくりするけど。

一種のAIみたいなもの?

どういったアルゴリズムで動いているのかは分からないが、ウェブから膨大な情報を引っ張ってきて、それらを整理して答えを出すんだろうけど・・・。

ってことは人間と同じことをしているわけだ。

人間だって過去に経験したことや聞いた話、読んだ本などを元に考えていろんな答えを出す。

このWolfram Alphaもそれと同じで、ウェブにある膨大な情報を整理して答えを出すんだろうから、AIだよね。Wolfram Alpha自身が考えているってことだよね。

すごい時代が来たものだ。。

近未来の「はてな」「OKWave」だ!

自分はWolfram Alphaを知った時、人力検索エンジンはてなが頭に浮かんだ。

検索エンジンは答えを教えてくれない。それを解決するために、人の質問に人が答えるというまさに人力。それが人力検索エンジンはてな。

でも人が答える必要もなくなりそうだ。

自分も疑問があった時にはてなを利用しようと考えたのだが、答えてくれるのに時間がかかるのと多少のお金が必要なことがネックになり、実際には利用しなかった。これはOKWaveなどの質問サービスでも同じこと。

だが、このWolfram Alphaなら答えてくれる相手がコンピューターだけにすぐに答えてくれる。

こいつに期待したい!

まったく新しいサービスだ!

Googleと比べたりしてたりするが、これは検索エンジンとはまったく別物だよね。

答えを蓄積しているわけではないので、Wikipediaなどのデータベースとも違う。

今までに全くない新しいサービスが誕生したって感じだ。

そのうち進化すれば音声で質問して音声で答えてくれたりするかもしれないね。

早く使ってみたい!

どうせ日本語には対応してないんだろうけど・・・。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

無料になりブログ検索対策もされた『FeedBurner』

これで自分も天気予報ができる?『Weather Report』

本当にリアルタイムなチャットサービス『Lingr』

新しいオンラインサービスの作り方。その1

なぜGoogleマップと別なの?『Googleトランジット』

日本語を正しく変換してくれるexite翻訳は本当にすごい

翻訳ツールってよく使うけど、これをみると、「ぉお!」って思ってしまう。Exite翻訳の精度がすごいことがわかるはずだ。

短いようで意外と長い2分間の休息で気付かされたこと

パソコンを触っていると、気がつくと平気で1時間や2時間が過ぎてたりしますよね。気がつくとニュース読んでたり、知らないうちにWikipediaを開いていたり。そんな時は時間間隔をリセットする必要があります。

ウィルス対策のプロがウィルスの恐ろしさを疑似体験させてくれる

自分の周りにはウィルスに無知な人が多く、対策ソフトを全く入れていない人がいっぱいいる。なぜウィルスが怖くないのか・・・それは実際に感染したことがないからだろう。そんな人達にぜひ一度この疑似体験サイトでウィルス感染を体験してもらいたい。

新米ママを助ける!Amazon ベビー&マタニティストア

好きな場所のミニ地図帳『ALPSLAB print』