だれでも演奏できるピアノ曲「4’33″」

2009年4月12日 11:27

John Cageという作曲家が作曲したピアノ曲で、聴く人によっていろんな捉え方があるすごい楽曲です。そんなすごい曲をだれもが弾けるってのはすごいよね。

小学校のころ、ピアノって弾けると人気者になったものです。

その為に、アニメの音楽をメロディラインだけでも弾けるように練習したものです(笑

高校生になると小室ブームが来て、いろんな曲をキーボードで弾けるように練習しましたわ。

でも、コンサートなどで弾くようなピアノ曲は弾こうと思っても、譜面にはすごい音符の量で弾くどころか読むのさえ大変。

だれでも演奏できる

よく小学校の頃、「ネコ踏んじゃった」をピアノを習ってないけど弾ける子がクラスに必ず何人かいました。

今考えるとすごい残酷なタイトルだなぁって思ってしまうが。。

この曲も何人かは弾けるけど、だれでも弾けるわけではない。

今日、この動画を観て練習すれば、明日コンサートを開くことも可能です!

十分にリスナーに聴かせることができる楽曲です。

譜面をみて練習するものいいのですが、実際に聴いて練習した方が早いでしょう!

なかなかいろんな音が聴こえてきて、素敵な楽曲だと思うな、俺は。

朝と夜、聴く時間帯が違えば、曲の表情も変わりすばらしいものだ。

こんな曲・・・あるんだね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

コレはiPad miniのCM…だよね?違うの?何これ

一度はiPad miniのお洒落なCMは観たことがあるかと思う。ピアノの演奏が素敵ななんともAppleらしいCM。でもこの動画は何かがちょっと違う…違うね。

待ってました!FLVが再生できる『Adobe Media Player』

脈拍からメロディーを作る『ハートショット』

最近の短編アニメーションはここまでレベルが高いのか

つい見入ってしまった短編アニメーション。最近の短編アニメーションでもこういったリアルなアニメーションが増えてきて、しかもレベルが非常に高いね。もっとこういう作品が増えてきてほしいね。

砂に命を吹き込む魔法の手

砂で描かれるこの世界観は一見の価値有りです。この人の手は砂に命を吹き込んでいるかのように、表現力が非常に豊かで、描かれたものに生命を感じるほどです。手と砂でこれほどの作品ができるというのはすごいです。

宇宙に浮かぶ巨大な国際宇宙ステーションができるまで

宇宙に興味がある人は必ず知ってる、というかみんな知ってるはず国際宇宙ステーション。あれって気がついたら凄い大きな物になってましたね。あんなんだったっけ?っていうくらい。そこで、どうやってあの巨大な宇宙ステーションが出来上がったのかを知ることができる動画を見つけました。

21歳青年の勇気ある行動!壊れた信号の代わりに手信号で交通整理

この動画を観て、すごいなぁと感心してしまった。最初は小さい交差点なんだろうなぁと思ったが、とんでもない…大きな交差点で、必死に運転手に指示を出す姿に感動してしまった。

成層圏を撮影したのはNASAではなく普通の親子が作った宇宙観測機

もう宇宙観測はNASAとかがロケット飛ばして観測するような、莫大な費用をかけて行うことではなくなったんだなぁって思った。こういうお父さんを持つ子供がうらやましい。。

時速322キロメートルで走るすごい三輪車

三輪車といってもさすがに子供が乗る三輪車ではない。自動三輪車の話だが、それでも時速322キロメートルも出るってすごい。いったいどんな三輪車なのか。

未来の軍事兵器レールガンの発射音がまるでSF映画!試作機の発射実験動画

銃やミサイルの音って火薬が爆発した音なので、だいたい想像つきますが、電磁投射砲と言われるレールガンは、火薬を使いません。磁気の力で物体を撃ち出すので火薬とは違う音がします。