スクウェア・エニックス「フロントミッション」らしき新作ゲーム告知サイトを公開

2009年5月1日 16:41

このゲーム、ちょっと期待できるかも。というのも、近代都市での銃撃戦をイメージさせる告知サイトなので、もしかしたらフロントミッションの可能性も・・・

その告知サイトとはこれのこと。

実際はどういうモノかはまだ分からないが、なぜ自分がフロントミッションかも・・・って思ったのか。

フロントミッションが好きな人には分かるはず。

近代的な建物と現実とは違う雰囲気

newgame-1-20090501.jpgフロントミッションは百年近く先の地球での戦争が題材になっている。

だから建物は近代的なはず、さらにこのサイトに描かれている都市の独特な雰囲気は戦争を経て無理矢理作ってきた建物のように感じた。

爆発の規模

このサイトで都市のあちらこちらで爆発が起こっている。

その爆発の規模はとても大きい。

人が題材のゲームなら、爆発はこんなに多くないだろうし、狭い範囲で爆発が起こるだろう。

まぁ後者の狭い範囲というのは、大規模な戦争ゲームなら別だけど。。

銃声と爆発音・・・そして

よーく聴いてもらうと分かるが、爆発音とともに銃声、ここまでは十分聞き取れると思う。

だが、それに加えて、銃弾を弾く金属音がすることに気がついただろうか。

銃声を弾く金属というと・・・ロボット?

もしかしたら・・・

フロントミッションの可能性もあるよね。

なにがすごいと思って記事を書いているかというと、自分の推測がキレ過ぎていて、こりゃブログに掲載しないと・・・って思ったからで。。

フロントミッション大好きな自分としては、これは期待できるすごい新作ゲームなのでは!?ってところか。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

未来のリビングを予感させる新しいコントローラーXbox 360 Kinect

東京ゲームショーで発表されたXbox 360の新しいコントローラーKinect。ゲームのために作り出されたとは思えない未来を感じるすごいコントローラーだ。ZOOLBOXではゲーム以外でのKinectの可能性を考えてみる。

2013年にまったく新しいSimcityが発売!もうゲームじゃないなコレは…

街を作るシミュレーションゲームで有名なSimcityですが、久しぶりに新作が登場しますよ!しかもとんでもなくパワーアップして。もうね、予告動画観ただけで来年が楽しみになってきた。

環境がテーマのSIMCITYの様なゲーム『Electro City』

限られた条件から生み出される優れたモノ

最近のオンラインサービスは様々な機能やサービスを盛り込み過ぎているのではないだろうか。もっと機能を絞り込んで、提供した方が良いのではないだろうか。必要ないものまで提供している事で、使いにくくなっている気がするのは自分だけだろうか。

あの有名なパズルゲーム「テトリス」が映画化!どんな映画になるんだか…

テトリスというゲームを知らない人は…いるかもしれないけど、有名なパズルゲームです。そのパズルゲームを映画化するという話がでてきてるけど…

Googleマップが日本人に見易いように大幅にバージョンアップした

すごい見やすいぞ!なんていうか見やすすぎる!なんでだろう。今までの地図より断然見易い。しかも旅行したくなる…いや冒険したくなる。

みんなが大好きなゲームのAngry Birdsが遂に映画化!?

iPhoneやAndroidでおなじみのゲーム、Angry Birds(アングリーバード)が映画化だって!?以前、完成度が異常に高い食べれるAngry Birdsを紹介したが、今回は・・・ちょっと細かい部分は違うけど、確かにAngry Birdsだな。

どんな電化製品もスマートフォンでON/OFFできるようになる?電池の代わりにTethercellを入れるだけ

最新の電化製品ならスマートフォンで遠隔操作で電源をON/OFFできる機能があるかもしれない。だが、オモチャや小さな電化製品にそんな機能が付いているはずがない。

もうテレビゲームの世界は現実と区別できないくらいリアル

最近のテレビゲームは近年凄まじい勢いでリアルになりつつある。数年前に比べると今のゲームってリアルだよね。リアルだけどゲームの世界では出来ないことが多いし、映画などのよりリアルなCGに比べたら・・・。だが新しいゲームエンジンが全てを解決してくれるかもしれない!

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。