折り曲げたりできるペーパースピーカーの開発に成功

2009年5月6日 12:43

薄型のスピーカーは日本企業が製品化してきたが、それは薄いだけだが、この台湾技術院が開発したスピーカーは本当に紙で出来ているそうだ。

振動素子というのが重要なもので、今まではこいつを薄いガラス基板の上に埋め込んで薄型スピーカーを実現してきた。

台湾技術院は紙の中に振動素子を埋め込んだという。

今まで設置できなかった場所に

紙なので、折り曲げたり、丸めたりすることが可能で、様々な場所で使用することができるようになりますね。

今まで設置できなかった湾曲した壁や、支柱がスピーカーの重量に耐えられない場所にも、紙なら重さも気にすることはない。

右の画像はロールスクリーンスピーカーらしい。

電子ペーパーと共に

スピーカーが紙になったことで、壁掛けテレビの実現がより近づいた気がする。

というのも、電子ペーパーは超薄型を実現したものの、表示するだけで、当たり前だが音はでない。

超薄型のテレビを実現するには、超薄型のスピーカーが必要だった・・・と自分は思っている。

今回のペーパースピーカーが開発に成功したことで、壁にかけられる超軽量・超薄型テレビの開発が進みそうだ。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

大量生産可能な”透明な紙”を開発!ガラス並みの透明度

紙と言えば白い…これが常識でしたが、遂に透明な紙が開発されました。最初、この話を聞いた時、プラスチックと違うの?サランラップとどう違うの?と思っていましたが、たしかに紙です。

超薄型スピーカー『インテリアスピーカー』