アイテムを与えて成長させるゲームGROWがすごい

2009年6月21日 17:53

ゲームというよりパズルに近いような・・・そうでないよな。アイテムを放り込んで成長させて最高レベルを目指すというものだ。男女問わず楽しめる!

久々にいいゲームに出会った気がする。やっていてイライラすることも無ければ、面倒とも思わない。

ただハマってしまう。最後までやりきりたいと思ってしまう。単純だけど面白い!

プレイ時間が短い

このゲーム、1回のプレイ時間は非常に短い。だが、間違えるといろいろとやり直す必要があるから、完全攻略するには数時間かかるかもしれない。

実際自分も楽しくてハマってしまい、気がついたら2時間くらい経っていたような。

変化が楽しい!

このゲームのスゴいところは、うまくいかなくても終わりじゃない!

普通のゲームなら失敗すれば「GAME OVER」って出て終わるが、このゲームはそんなんじゃない。

ゲームは続いて未完成で終わったり、思いもよらない変化があったりする。

またそれが面白い!

プレイ方法が単純

最近のゲームは複雑過ぎてねぇ。。でもこのゲームはプレイ方法が非常に単純でいい。

ただマウスでアイテムをドラッグして放り込むだけだ。

だからゲームが苦手な人でもできるし、内容は男女問わない。

今までなかったゲーム

こういうゲームが本当におもしろいものだと思うんだよね。

このゲームを作っている人の発想が素晴らしい!やっていて本当に面白いと思った。

次の作品も是非やってみたい!

ってことで、今公開されているGROWシリーズはGROW ver.1GROW ver.2GROW ver.3の他にGROW TOWERGROW RPGGROW CUBEです。

他にもミニゲームがいっぱいあります。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

みんなが大好きなゲームのAngry Birdsが遂に映画化!?

iPhoneやAndroidでおなじみのゲーム、Angry Birds(アングリーバード)が映画化だって!?以前、完成度が異常に高い食べれるAngry Birdsを紹介したが、今回は・・・ちょっと細かい部分は違うけど、確かにAngry Birdsだな。

我慢し続けた物欲が遂に爆発した!

2年近く我慢していた物欲。金がないのにPower Macを買ったりしていた自分。遂にその物欲が爆発してしまった。。

まるで映画のようなゲームのCall of Duty Modern Warfare 3の公式動画集

正直早くやりたくてしょうがない!発売日まで徐々に公開される動画を観て興奮を抑えなければ!ってことで、動画をまとめておくことにしました。

限られた条件から生み出される優れたモノ

最近のオンラインサービスは様々な機能やサービスを盛り込み過ぎているのではないだろうか。もっと機能を絞り込んで、提供した方が良いのではないだろうか。必要ないものまで提供している事で、使いにくくなっている気がするのは自分だけだろうか。

スクウェア・エニックス「フロントミッション」らしき新作ゲーム告知サイトを公開

このゲーム、ちょっと期待できるかも。というのも、近代都市での銃撃戦をイメージさせる告知サイトなので、もしかしたらフロントミッションの可能性も・・・

遂にiPhoneやAndroidで有名なゲームAngryBirdsのリアル版が登場!?しかも食べれます!

iPhoneやAndroidといったスマートフォンを持っている人なら名前くらいは聞いた事がある有名なゲームのAngryBirds。ついにリアル版AngryBirdsが登場したぞ!?いやぁ何度観ても完成度が高い。

テレビゲーム開発者の試行錯誤が分かるゲームの歴史

パックマンが1980年ですから、そこから約30年で急速な進化を遂げたゲームってすごいね。未来のゲームがどうなっていくのかも気になる。

どんな電化製品もスマートフォンでON/OFFできるようになる?電池の代わりにTethercellを入れるだけ

最新の電化製品ならスマートフォンで遠隔操作で電源をON/OFFできる機能があるかもしれない。だが、オモチャや小さな電化製品にそんな機能が付いているはずがない。

Googleマップが日本人に見易いように大幅にバージョンアップした

すごい見やすいぞ!なんていうか見やすすぎる!なんでだろう。今までの地図より断然見易い。しかも旅行したくなる…いや冒険したくなる。

シムシティ最新作『シムシティソサエティーズ』

いやぁ大好きなシムシティに最新作が出るという公式発表がありました。 その名は「SimCity Societies (シムシティ ソサエティーズ)」。