アクション映画のワンシーンのような人間離れした動きをするDamien Walters

2009年6月20日 13:09

アクション映画のワンシーンに出てきそうな技を繰り出す人で、本当にこんな動きを人間ができるのかと疑ってしまうほどだ。

イギリスの体操選手のようで、YouTubeにいくつも動画をアップロードしていて、その動きすべてが普通の人にはとても真似できないものばかりだ。

その中でも最近アップロードされた作品がこれだ!

Damien Walters Showreel 2009

ビルの屋上でバク転するところから始まる。

3分34秒あるんで結構長いが、ずーっと見てるとアクション映画に出たらいいのに・・・って思ってくる。

結構危険なことも平気でやってる。

ビルからビルへ飛び移ったり、ビルから飛び降りたり、諜報部員の逃走シーンみたいなものだったり、ジャッキーチェーンみたいに塀を駆け上がったりと。

相当鍛えないとこんな動きできないよね。鍛えても難しいかも。

バランス感覚がスゴ過ぎる!

その他の作品はこちらからどうぞ!

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

人間とじゃんけんをするロボットの指の動きがすごい

ロボットとじゃんけんするには特別な機械を手に装着する必要があるようですが、このロボットの指の動きに注目して欲しい。

いろんな形式の動画を再生できるMac用動画プレイヤー「MPlayerX」が凄過ぎる

Macでさまざまな動画を観ようとするといろんなプレイヤーをインストールすることになる。自分は今までQuickTime、VLC、RealPlayerなど用途に合わせて使い分けてきた。もちろん動画形式のせいもあるけど。でも、もうどの動画プレイヤーも使うことはないだろう。

最近の短編アニメーションはここまでレベルが高いのか

つい見入ってしまった短編アニメーション。最近の短編アニメーションでもこういったリアルなアニメーションが増えてきて、しかもレベルが非常に高いね。もっとこういう作品が増えてきてほしいね。

時速322キロメートルで走るすごい三輪車

三輪車といってもさすがに子供が乗る三輪車ではない。自動三輪車の話だが、それでも時速322キロメートルも出るってすごい。いったいどんな三輪車なのか。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

完成までの変化をCGで再現した動画がすごい!2026年完成予定のサグラダ・ファミリア

空から撮影した今のサグラダ・ファミリアの映像をもとに、完成までにどのように変化するのか、CGで再現した動画を観たが、想像以上の変化に、そりゃ時間かかるわって思った。

21歳青年の勇気ある行動!壊れた信号の代わりに手信号で交通整理

この動画を観て、すごいなぁと感心してしまった。最初は小さい交差点なんだろうなぁと思ったが、とんでもない…大きな交差点で、必死に運転手に指示を出す姿に感動してしまった。

世界一小さいストップモーションアニメーション

今までたくさんストップモーションアニメを観てきたけど、これほど小さい主人公を使ったストップモーションアニメはないし、よく作ったなぁって感心してしまう。

タイムズスクエアでRed Bullレーシングカーがピットストップ

すごい交通量の街中、タイムズスクエアでRed Bullのレーシングカーが突然路肩へ!そこには何故かピットクルーが。

だれでも演奏できるピアノ曲「4’33″」

John Cageという作曲家が作曲したピアノ曲で、聴く人によっていろんな捉え方があるすごい楽曲です。そんなすごい曲をだれもが弾けるってのはすごいよね。