開封しても空気が入らない容器「PID容器」

2009年6月16日 13:35

最近は何でもペットボトルに入っていますよね。ジュースや水、その他にも調味料として醤油、酒、みりんなど。これらすべて開封した後は鮮度がどんどん落ちていきます。でもPID容器はそんなことありません。

ジュースはその日のうちに飲み干してしまうことが多いので、それほど鮮度を気にすることは無いのですが、調味料は結構気になります。

醤油は特に分かりやすい。

一人暮らしをしていると、小さい容器でも使いきるのに結構かかります。

でも一回開封してしまったら、その後は醤油が空気に触れて、どんどん酸化していきます。だんだん醤油が黒っぽくなるのは酸化しているからだそうですよ。(知らなかった。

勝手に注ぎ口が閉じる

中身の液体を注ぎ終わると、液体の薄い膜が注ぎ口をピタッとくっついて閉じます。

これで容器の中に空気が入らない。

しかもこの状態で倒しても、すぐにはこぼれないってのがすごい!

あ、勝手に閉じるんだからフタをする手間も省けるってことですね!

面倒臭がりな自分にとっても、すごい画期的な容器です!

地球にも優しい

同じ量を入れることができるペットボトルより、使用するプラスチックの量が60%も少ないそうです!

これはすごいエコですよ。

しかもペットボトルより小さいので、場所もとらず、いろんな面で優れている容器だなぁと。

久々にすごいモノが出てきた気がする。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

液体洗剤は自宅の水で薄めるタイプにするべきだ

地球に優しい○○とかいろんな商品がありますが、洗濯、掃除や食器洗いなどで使用する液体洗剤もエコな商品があったりするけど、そういう洗剤を選ぶんじゃなくて、自宅の水で薄めて使うやつを買った方がよっぽどエコだと思うぞ。

海外旅行がより身近になるかもしれない天然ガスで飛ぶ低燃費飛行機

海外旅行って昔に比べたら安くなってあちこち行きやすくなったとはいうけど、それでも数十万はするわけですよ。何が高いってやっぱり航空運賃ですよね。その高い運賃と今後の可能性を考えてみた。

1リットルのガソリンで100km走るルノーのEOLAB!超低燃費の車が続々と…

フォルクスワーゲンがリッター111kmというハイブリッド車XL1去年発表したが、今回はルノーがEOLAB(エオラブ)という超低燃費なコンセプトカーを発表した。

2013年春ごろに実用化される塗る太陽電池が与える未来

火力発電には化石燃料やガスが必要だ。太陽光発電にも必要なものがある。大量の太陽電池パネルを敷き詰めることができる広大な土地が必要だった。だが三菱化学が作っている塗る太陽電池なら、いろんな場所に設置が可能だ。

大人の女性と子供で兼用できる服『beautiful people』

圧縮空気で100km走るバイク!しかも2分で満タンになる

オーストラリアの大学生が作ったO2 Pursuitは、ガソリンでも電気でもなく、空気で走る。しかも100kmもの距離を走るっていうんだからすごい。

太陽光発電より効率的な生活排水発電!家庭から出る汚水で発電する

このニュースを聞いて思い出したのが、バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンだよね!!新型のデロリアンは生ゴミとかで動いてたけど、本当にそれに近い技術が研究されている。しかも既に商業化に向けて進んでいるっていうんだから驚きだ!!

ただのヒモがバッグになる『ZIPIT』

設置が簡単でエコな歩行者信号!しかも美しい街並みを演出してくれる

日本の信号機ってのは無機質で決してかっこいいものではない。街の雰囲気をまったく無視したもので、せっかく街並みを美しくしても、信号機によってその努力を無駄にしている。だけどこの信号機はいろんな面でいい。

バリスタマシンのNESCAFE Baristaを早速使ってみた!インスタントコーヒーがカフェのコーヒーになる

今日、待ちに待ったネスカフェのバリスタマシンが到着しましたので、早速開封して設置しました。せっかくなので、カプチーノを入れて飲んでみましたよ。家でカプチーノなんて夢みたいです。