6,000枚のポストイットを使ったストップモーション作品DEADLINE

2009年6月15日 11:43

これまでに、数々のストップモーション作品を観てきたが、これまたすごい作品を観ることができた。仕事でよく使う付箋紙(ポストイット)を6,000枚も使った作品だ。

作品自体はドットアニメーションのようなものだ。

だが、ひとコマひとコマがポストイットによって描かれているっていうのがスゴ過ぎる!

ポストイットを並べて絵にすることだけでもすごいなぁと思ってしまうのに、更に動きを付けてしまうなんて。。

これだけのものを作るには、ちゃんとした計画が必要なんだろうな。

ってことで、自分がストップモーション作品を作る時に役立ちそうなメイキングビデオまで公開されている。

なるほどね。

Flashでパターンを作っていく

これは考えもしなかった。

今までFlashをさんざん使ってきたのに、こんな風に使うなんて。なんでもアイデアなんですね。

Flashは作品を作るだけじゃないんだなぁと。

でも、綿密なパターンをFlashで作っても、数人掛かりで4日間もかかるわけだから、やっぱりすごいね。

一度はこういうの作ってみたい

なんとなくだけど、この動画を観た後に思ってしまった。

「自分でもできるかな。」と。

そう思わせる作品もすごいわけですよ。制作意欲を湧かせているってことですから。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

ヴァイオリンとHip Hopのコラボレーション

Hip Hop DJがヴァイオリン等のストリングス系の音色を使うことは多々あるが、実際に生演奏するヴァイオリニストとHip Hop DJが合わせて演奏しているのをみると、結構刺激的で面白いなぁと感じる。

スティーヴジョブスの卒業式祝賀スピーチに感銘を受けた

もし大学の卒業式でスティーヴジョブスがスピーチしていたら、自分の人生の進むべき道が変わっていたかもしれない。これほどの力があるスピーチにであったことがない。

レベル高すぎてついつい口ずさんでしまう曲!ロバート秋山のTOKAKUKA

芸能人が監督しておもしろい動画を作る番組で、ロバート秋山のTOKAKUKAという楽曲のPVが最高すぎて、頭でリピートしまっくって困るレベル。

たった3分間の短編アクション映画「3 Minutes」がすごい

久々にvimeoを見ていたら、この動画が気になって観たんだが、なかなか面白かったので紹介してみる。vimeoは本格的に活動するクリエイターが募って投稿しているだけあって、非常に完成度が高い。

成層圏からスカイダイビング!人類の偉大な記録映像を観よ

宇宙から地球にジャンプ!って感じの映像だ。高さに震えるって域を既に超えてる景色。美しさに吸い込まれるようにダイブしている。

初音ミクが歌う「Nebula」のPVがすごい!

ニコニコ動画で公開されている動画の一つで、Tripshots氏によって公開された作品の一つです。3Dを駆使したPVはつい見入ってしまう。

DJ iPSこと森口尚史氏が本当に登場した!歌を披露するくらい元気?

先日お伝えしたiPS細胞で世間を騒がせた森口尚史氏がDJとしてデビューするのでは…という記事を書きましたが、なんと本当に登場しました。動画でその模様を紹介します。

Androidは見た目と違って想像以上に軽快な動きをします

いや本当にここまで軽快なんですか!?ってくらいの動きだ。コレ欲しい!今までそれほど速い動きができるとは自分も思っていませんでした。でもこの動画を観て、やっぱりAndroidはすごいなぁって思ったわ。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

人間とじゃんけんをするロボットの指の動きがすごい

ロボットとじゃんけんするには特別な機械を手に装着する必要があるようですが、このロボットの指の動きに注目して欲しい。