人工臓器を現代社会から守る技術

2009年11月22日 17:42

電子機器が体内に無くても、電波が身体に対して完全に無害とはいえないので、電波から身体を守る技術も必要だと思う。

携帯電話の電波などが電子機器が使用されている人工臓器に影響を与えるために、電車の優先席付近では電源を切るのが当たり前になっています。

このことから分かるように、悪意ある人が意図的に電子機器が使用されている人工臓器に影響を与えることも可能ということになります。

アクセスできる距離を制限

外部から強力な電波でハッキングされないためには、電子機器にアクセスできる距離を制限することだそうだ。

そこで有効と考えられているのが超音波らしい。

電波と同時に超音波を発することで、電子機器との距離を計ることができるそうです。ソナーみたいなものですね。

体内に電子機器が当たり前になる

今後は健康を維持するための電子機器が身体に埋め込まれるのが普通になるかもしれない。たとえば、視覚障害者は目の代わりにカメラを埋め込むことになるだろう。手足が不自由な人は電子機器を搭載したハイテクな義手や義足を付けることになる。

今や電波の飛んでいないところはない。

優先席付近で電源を切るような人々のマナーだけでどうにかなるものでもない。悪意ある人から守るのではなく、電波が飛び交う現代社会で普通に生活できるようにするためにこういった技術が必要になる。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

3Dテレビの登場でカメラも3Dに

3Dテレビが登場しはじめたけど、3Dの媒体ってまだ映画くらいなんだよね。でもハイビジョン映像などが出たときも映画だけだったけど、今ではいろんなものがハイビジョンだよね。

ウォルマート社の大型トレーラートラックが未来すぎる!燃費を抑えた画期的なデザイン

大型トレーラートラックって聞くと、ゴツくていかにも作業用の車ってイメージがありますが、ウォルマート社が新しく開発した大型トレーラートラックは、想像しているトラックとは全く違います。美しくて、エコで、未来です。

空飛ぶ車『エアー・ビークル』を考える

スターフォーズ、バックトゥザフューチャー、フィフスエレメントといった近未来の映画などで必ずといっていいほど登場する『空飛ぶ車』。自分はこの技術はおそらく20年の間に実現するのではないかと考えている。

絶対にパンクしないタイヤで走行する自動車!ちょっと柔らかめ

最近は、パンクしないタイヤの自転車とか売ってますからね、車もそろそろパンクしないタイヤが登場してもいい頃かと。市場にでてくるのはいつになるのか。

時速322キロメートルで走るすごい三輪車

三輪車といってもさすがに子供が乗る三輪車ではない。自動三輪車の話だが、それでも時速322キロメートルも出るってすごい。いったいどんな三輪車なのか。

1,000円以下で350km以上走れる電気自動車SIM-WILが凄い

ついに電気自動車も長距離移動の手段になりそうです。351kmも走れるSIM-WILという電気自動車が発表されました。フル充電には1,000円かからないんですよ。

空飛ぶ車のPAL-Vが2014年発売!意外とカッコイイかも

空飛ぶ車は何度かこのブログでも取り上げているが、いろいろ問題がありそうなものが多くて、まだまだ夢のような話しだなぁって思っていたが、遂に一般販売されそうですよ。

やる気スイッチをONにする研究。超音波を脳に当てると意欲的に

やる気を出さなきゃ行けない時に限ってやる気がでないんですよね。いつでもやる気が出せるようになればいいんですが…。ってことで無理やりやる気を出させる研究に良い結果が出たようです。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

3億円するLykan Hypersportがカッコ良すぎる!W Motorsが開発したスーパーカー

ランボルギーニ、フェラーリは1億円くらいしますが、ブガッティは車によっては2億円くらいします。ですが、これらの高級車を上回る超高級車が登場しました。