電池のいらないリモコンの試作機ができたようだ

2009年11月18日 2:38

自宅のテレビのリモコンが単4電池で、しかもコンビニに単4電池が置いてない。交換するのが面倒と思ってしまう、そんな自分にとってはうれしい技術だ。

床を踏むと発電できるというので、テレビで一時期よく取り上げられていた音力発電というベンチャー企業が、電池のいらないリモコンをNECエレクトロニクスと開発したようだ。

ボタンを押すと発電する

床を踏むと発電できるから、手で押しても発電できるわけだ。リモコンのボタンを押したときに発電し、その電力を使ってリモコンの電波を送信するわけだ。

リモコンは送信するときだけしか電力を使わないし、小さな電力で動くので実現が可能なわけだ。

蓄電技術と合わせたら・・・

今はソーラー電池が付けられていたりする携帯電話。

外出が少ない自分にはまったく役に立たない。。

もしこのボタンを押すことで発生する電力が相当なもので、蓄電することができるようになれば、それこそ充電しよう!と思うこと無く、知らないうちに充電され、環境にもいいわけだから、すごいよね。

間違いなくリモコンのスタンダードになると思う。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

太陽光発電より効率的な生活排水発電!家庭から出る汚水で発電する

このニュースを聞いて思い出したのが、バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンだよね!!新型のデロリアンは生ゴミとかで動いてたけど、本当にそれに近い技術が研究されている。しかも既に商業化に向けて進んでいるっていうんだから驚きだ!!

遠隔操作、時間、方向や温度でON/OFFできる超高機能な電池Batthead!充電して再利用も可能

電池と聞くと、電力を供給するだけの”単純”なイメージがあるが、Battheadは、その電池のイメージを払拭するくらい大幅にグレードアップして、”高機能”で”高性能”な電池が誕生しそうです。

史上初の実験に成功!レーザー核融合の安全性と可能性

核融合って聞くと、原子力発電所と区別がつかなくて、安全性だけが気になってしまう人もいるが、その点も含めてどれだけスゴイ技術なのか、そしてどんな未来を与えてくれる技術なのかを考える。

リチウムイオン電池の充電を高速化する技術がすごい

今や様々な製品に使われているリチウムイオン電池。携帯やノートパソコンなど、とにかく充電するタイプの製品はこの電池を使っている。その充電の時間が大幅に短縮されそうです。

砂糖が1日も保たないノートパソコンやスマートフォンのバッテリーの問題を解決!?エネルギー密度が高い砂糖電池に期待

毎日充電しても1日と保たないスマートフォンやノートパソコンのバッテリー。リチウムイオン電池よりエネルギー密度が高い砂糖電池がそんな悩みが解決する時は意外と早いかもしれません。

スマートフォンの電池問題も解決か?容量1.4倍のリチウムイオン電池

充電式の電池って、容量を増やすには大きくするしか無いわけですが、大きくしないで容量だけ増やしたいわけですよ。スマートフォンとかね。

人間を電池化する技術!心臓の鼓動で発電してスマホの充電が可能に

もし自分の体力を電力に変換してスマホに充電できたら…。そんな技術が実現しそうです。絶え間なく動く心臓の鼓動で発電をするという技術です。

スマホのバッテリーが10倍長持ち!リチウムイオン電池の新素材を開発中

自分もAndroidのXperiaを使ってるけど、バッテリーはもって1日半。通話なんてしたら1日ともたない。だが、今の10倍…ってことは10日は充電しなくて済むようになるかもしれません。

コーラで発電できるソニーのバイオ電池

なんでコーラで発電しようと考えたのかは・・・ソニーに聞いてみなきゃ分からないけど、別にコーラじゃなくても発電できるんでしょうね。まぁ展示会に出品する為に作られた物ですから。

砂漠で水を作り出す!電気を作るだけじゃない風力発電や太陽光発電

水を得るには井戸を掘るか、雨を待つかしか考えたことがなかったが、もっといろんな方法があるんだよね。この技術が普及すれば、何もない砂漠で水に困らなくなるかもしれない。