痛みのない歯科治療を可能にする「プラズマジェット」

2010年1月29日 11:00

歯の治療っていうと、ドリルの音と痛み・・・。今後歯医者でキュイーーーーンっていうドリルの音を聞くことがなくなるかもしれない。

虫歯の感染組織を除去するためにドリルで削除するんだって。ってことは感染組織を除去できるのであれば、ドリルじゃなくてもいいってことだ。

そこで登場するのがプラズマジェット。

1/10,000

歯に低温のプラズマビームを照射すると1万分の1にまで最近を減少させることができることがわかったそうだ。

照射すればするほど細菌の除去量が増加するそうだ。

ドイツ、ザールラントSaarland大学(ハンブルグ)の研究グループが発表したようです。

虫歯が減る

非接触治療なので、ドリルのように痛くないから、子供が泣き叫ぶこともない。

痛くないならすぐに歯医者に行くようになるから早期治療する人が多くなる。ってことはひどい虫歯がなくなるだろう。

歯磨きの後に・・・

さすがに今の段階では無理だろうけど、そのうち歯磨きの後にプラズマビームっていう時代がくるかもしれないよね。

今は歯っていっても歯の特定の部分に照射する必要があるから無理だけど、副作用や専用の機器の開発が進めばそういう未来もそう遠くはないかと。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

疲れや恐怖を感じない人間を作る…近未来兵士と治療薬

少しタイトルが恐いですが、ただ戦争や兵器の話ってだけじゃありません。この技術が自分たち一般人にも良い影響をもたらす技術でもあるということと、こういった技術の使い方について考えてみる記事です。

糖尿病患者用のコンタクトレンズが開発されている!Googleが発表したスマートコンタクトレンズ

このスマートコンタクトレンズが世界中にいる糖尿病患者3億8200万人から苦痛を取り除いてくれるかもしれない。いったいどんなコンタクトレンズなのか…。

マイクロニードルアレイを皮膚に貼って薬剤を体内へ!注射のような痛みを感じない新たな投与方法

注射って大人になっても嫌なものです。いや、痛くないよ、大人だもん。でもね…なんとなく嫌なんです。痛くない方法はないだろうか…そんな夢を実現したのがマイクロニードルアレイというものだ。

細胞の生死を制御する技術でガン細胞だけ死滅できる可能性

京都大学の研究グループが開発した細胞の生死を制御する技術が発表されて、注目されている。人間は細胞までも制御できるまでに至ったのかと。しかも日本からその技術が発表されるってのがまた誇らしい!

体内に”泡”を流し込んで内部出血を抑える!生存率を飛躍的に向上させる

傷が深く、体内まで傷ついて内部出血した場合、一刻も早く医療施設に行く必要がありますが、この新しい技術は負傷者の生存率を飛躍的に向上させるというものです。

失明した患者の視力を回復する最新式の人工眼が完成

人工眼って自分が知っているのだと、物が白い点に見えて、決して僕らが観ているようなキレイな景色は観る事ができないものっていうイメージだったが、もうここまで進化しているとは正直驚いた。

HIV治療で治療薬を大量投与!感染した新生児からHIVが消滅して完治した

ニューヨーク・タイムズ紙が凄いニュースを伝えた。なんと、エイズウィルス(HIV)に感染した新生児の完治を伝えたのだ!

遺伝子の特定により近視の予防と治療の可能

目の悪い人には凄いニュースだ。近視の原因とされる遺伝子が特定されたそうだ。近視は遺伝ってことで決着したってことですね。しかも治療ができるっていうんだから、すごいニュースですよね。

虫歯などの治療に使う歯のばんそうこうを開発中

歯って痛くなったらどうしようもないんだよね。歯医者行くしかないし。何が嫌かって言うと・・・いろいろ痛いじゃん。。でも歯の治療も日々進化している。歯に使うばんそうこうが開発されているって知ってるかい?

細胞を心臓ペースメーカーにする遺伝子の研究!電磁波に影響せず、電池交換も必要ない

心臓ペースメーカーを身体に埋め込むってのは負担が大きいだろうし、電池交換だってしなくちゃいけないわけだし。でもそんな負担や不安も、この研究が進めばなくなるかもしれない。