体内に埋め込み可能な発電するゴム!人間が電源になる時代がやってくる

2010年2月3日 7:12

今までペースメーカーなどは電池で動いてるため、定期的にペースメーカーごと交換する必要があったが、近いうち交換する必要がなくなるようになるかもしれない。

アメリカのPrinceton Universityが,曲げ伸ばしすることで発電するシート状のシリコンゴムを開発したそうだ。

靴などに埋め込むことで、歩行時に発電できるということだが、このシリコンゴムのすごいのはそんなことではない!

体内に埋め込み可能な発電ゴム

体内に埋め込むことが可能

シリコンなので、体内に埋め込んでしまうことが可能だという。

体内に埋め込み可能な「発電ゴム」,Princeton大が開発という記事によると、

肺などに張り付けて息をするごとに発電させ,ペース・メーカーへ給電する用途などを想定しているという。

大げさに言うと体中にこのシリコンゴムを埋め込めば、身体を動かすだけで発電することができるので、普段の生活の中で電気を作り出すことができるというわけだ。

非接触給電と組み合わせ

無線で電力供給を可能にする非接触給電システムとこの体内に埋め込むことが可能な発電するシリコンゴムを組み合わせたらすごいことができるかもね。

たとえば、体内で作り出した電気を体外の携帯電話やiPodなどの電子機器に電力を供給することができるようになるかもしれない。

体内に電子機器を埋め込むのが当たり前になる時代がやってくるかもしれないね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

上空300mに浮かぶ風力発電所!実用化に向けて実験を開始

大規模な建設工事も必要なく、従来の風力発電よりも発電効率がよい風力発電所が実用化に向けて実証実験を開始したそうです。実用化されれば、今の風力発電の風車が全部この風力発電に置き換わるかもしれない。

洗い流さずに脱ぐボディペイントを可能にした最先端繊維

ボディペイントは洗い流してしまえば二度と二度同じ物は作れない。だが最新のボディペイントは違う!ボディペイントして、不必要になったら洗い流すのではなく、脱ぐんです。

電力は月で発電して地球に送ればエネルギー問題は解決?

こんな考えを清水建設が考えています。確かに月には大気がないから天気に左右されること無く太陽光発電をすることができる。その電力を地球に送るって・・・どうやって?実はすごい技術があるんですよね。

太陽光発電より効率的な生活排水発電!家庭から出る汚水で発電する

このニュースを聞いて思い出したのが、バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンだよね!!新型のデロリアンは生ゴミとかで動いてたけど、本当にそれに近い技術が研究されている。しかも既に商業化に向けて進んでいるっていうんだから驚きだ!!

電池のいらないリモコンの試作機ができたようだ

自宅のテレビのリモコンが単4電池で、しかもコンビニに単4電池が置いてない。交換するのが面倒と思ってしまう、そんな自分にとってはうれしい技術だ。

電気の新しい作り方を発見!熱力波という新しい発電現象

最近、電力や発電関係の記事を書いきまくってる気がするが、今回紹介するのはスゴイ大発見な気がする。まったく新しい電気の作り方が見つかったよというものです。

コーラで発電できるソニーのバイオ電池

なんでコーラで発電しようと考えたのかは・・・ソニーに聞いてみなきゃ分からないけど、別にコーラじゃなくても発電できるんでしょうね。まぁ展示会に出品する為に作られた物ですから。

史上初の実験に成功!レーザー核融合の安全性と可能性

核融合って聞くと、原子力発電所と区別がつかなくて、安全性だけが気になってしまう人もいるが、その点も含めてどれだけスゴイ技術なのか、そしてどんな未来を与えてくれる技術なのかを考える。

新素材メタマテリアルでステルス迷彩が作れるかもしれない

SF作品等に登場する科学的な何らかの手段により視覚的(光学的)に対象を透明化する光学迷彩技術も、この新素材メタマテリアルで実現できるかもしれない。

2013年春ごろに実用化される塗る太陽電池が与える未来

火力発電には化石燃料やガスが必要だ。太陽光発電にも必要なものがある。大量の太陽電池パネルを敷き詰めることができる広大な土地が必要だった。だが三菱化学が作っている塗る太陽電池なら、いろんな場所に設置が可能だ。