超音速航空機X51Aがなんで注目されているのか

2010年5月30日 17:42

アメリカ空軍が発表した新兵器X51Aがなんで注目されているのか。1時間以内に敵の基地を爆破できるっていうけど、そんなにスゴいことなの?って思っている人もいると思う。数字にすると、とてつもなくスゴいことなんですよ!

まずは、超音速航空機X51Aってなんですか?ってところからだね。

軍事専門家じゃないから、いろんなところの記事を読んで説明しますよ。

形はシャープなスペースシャトルみたい

産経ニュースによると、2003年からボーイング社が必死に作ってきた物のようです。

超音速航空機って言われるけど、ミサイルだよね?これ。

記事にもミサイルの一種と書いてあるし。

写真見るとすごい大きそうだけど、B52っていう戦略爆撃機に搭載できるくらいだから・・・スペースシャトルみたいに大きくはなさそうだね。

写真撮る時はミサイルの横にタバコでも置いてくれると助かるんだけどなぁ。

とにかくすごいスピードで飛ぶ

マッハって分かる?

http://www.youtube.com/v/VZUwKX3_uE4&hl=en&fs=1&ap=%2526fmt%3D18

マッハ1は時速1225km。東京から沖縄がだいたい1600kmだから、1時間ほどで付いてしまう速さがマッハ1。

戦闘機とかはだいたいマッハ1.5くらいだそうだ。

コンコルドっていうくちばしのとがった鳥みたいな音速航空機があったけど、あれがマッハ2なんだって。

で、X51A・・・

こいつはマッハ5!

単純に計算して5倍の速さだから沖縄まで15分くらいで着いちゃうんじゃない?

今まで使っていたトマホークミサイルの7倍くらいの速さなんだわ。

1時間以内ってのがスゴい

一番注目されているのは、スピードもそうだけど、1時間以内って言い切ってるのがスゴい。

通常兵器による攻撃の所要時間は最大で96時間かかるとされ、大幅な時間の短縮となる。

分かる?

極端な話、96時間かかってたのが、1時間になっちゃうんだよ。

アメリカの場合、大統領が発射といえば発射するからね(発射までいろいろあるだろうけど。)。

とてつもない奇襲攻撃が可能ってわけだ。

兵器が宇宙開発につながる

よく戦争が国を成長させるっていうが、こういう軍事兵器が宇宙旅行を可能にする宇宙航空機になったりするんだよね。

ソ連とアメリカが有人宇宙飛行を競っていた時のように。

宇宙開発のためにロケット開発してるのは、日本くらいだと思う。

ぜひ日本の技術者のみなさんにもがんばってすごいの作ってもらいたいわ。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

酸素を作り出す人工の葉っぱが完成!水と二酸化炭素を吸収して酸素を作り出す

Julian Melchiorri氏が水と二酸化炭素を吸収し、酸素を作り出すことができる人工の葉っぱを開発したと発表。長期の宇宙旅行を可能にする夢の様な技術だ。

成層圏を撮影したのはNASAではなく普通の親子が作った宇宙観測機

もう宇宙観測はNASAとかがロケット飛ばして観測するような、莫大な費用をかけて行うことではなくなったんだなぁって思った。こういうお父さんを持つ子供がうらやましい。。

次世代宇宙航空機スカイロンは音速の5倍の速さで宇宙へ

スペースシャトルの退役が決まってから、今後の宇宙への移動手段はどうなるんだろうかと思っていたが、遂に具体的なものがでてきたね。ただ実用まで時間がかかりそうだ。

宇宙で活躍する最初の人型ロボットはRobonaut 2

11月1日に打ち上げられるスペースシャトル「ディスカバリー」には、宇宙飛行士6名の他にロボットが同乗する事になっていることを知ってます?意外とあまりニュースになってないけど、たぶん打ち上げられたらニュースになるかな。

Virgin Galactic社の超かっこいい宇宙船が有人飛行に成功

Virgin Galactic社の宇宙旅行実現が近づいてきたな。それにしてもこの宇宙船・・・宇宙航空機か、超かっこいい!Virginのロゴがまたなんとなくこの宇宙船に合ってる!SF映画とかに出てきそうだし。

宇宙船Tycho Braheは夢の宇宙旅行を低価格で提供してくれるけど・・・

宇宙旅行が本格的に民間の会社で実現しようとしていますが、やっぱり普通の人にはとても払えない旅費が・・・。そこで登場したのがこの宇宙船Tycho Brahe。驚きの低価格で宇宙旅行を実現してくれるそうです。

夢のような宇宙航空機の試作機開発へ!スカイロンの開発は順調

もうSkylonの記事を書いてから1年半経つんですね。夢のような宇宙航空機の開発がまた一歩前進したようです!今までなかった特殊なエンジンがほぼ完成しそうです。

5年間着陸することなく飛び続ける無人飛行機がもたらす未来

いつも興味深い技術を開発し続けるアメリカのDARPAが、ボーイング社と共同で開発している無人飛行機ソーラーイーグル。こいつができたらいったい何が出来るようになるのか考えてみた。

NASAが発表した生物の存在はいろんな想像と夢をみせてくれるがっかりしない存在

先日NASAが発表した地球外生命体に関する発表に関して、「がっかりした」とか記者会見後すぐに解散したなどいうけど、この発表がどれだけ夢のあることか。よーく考えてみると、実はすごい夢のある話だと思うし、実際教科書が書き換わるすごいことなんだけどなぁ。

2050年までに火星に8万人移住構想!飛行費用は4100万円、生活費は…

トータル・リコールという火星を舞台にした映画がある。一部の人間が火星に移住した世界だが、まさか映画のように火星で暮らす時代が来るとは思わなかった。