3Dテレビの登場でカメラも3Dに

2010年5月29日 0:55

3Dテレビが登場しはじめたけど、3Dの媒体ってまだ映画くらいなんだよね。でもハイビジョン映像などが出たときも映画だけだったけど、今ではいろんなものがハイビジョンだよね。

アバターで3Dのスゴさを体験した人は多いはず。最初は酔うくらいリアルでビックリしたのを今でも覚えている。

最初のシーンなんてフワーっとするんだよね。

火星探査機に3Dカメラ

アバターを撮るためにジェームズ・キャメロン監督が独自にカメラを開発したことは有名で、NASAの火星探査機に搭載するカメラもジェームズ・キャメロン氏が開発を手がけることがニュースになったくらいだ。

記録を残すには確かに3Dの方がいろいろと都合がいいのかもしれない。2Dだと分からないものが3Dだと目の前に物が存在するかのように調べることができるしね。

スゴい技術は必ず生活へ

なんでもスゴい技術は生活に入ってくるものだ。衛星などの搭載されている高解像度のカメラだって、まったく同じ性能じゃないけど今じゃ普通に携帯電話に搭載されている。

もちろん今の衛星のカメラはその上をいっているけどね。

GPSだって、スパイしか使わないと思っていたら、今じゃ普通に携帯に入ってるしね。

3Dカメラは市販されている

実は富士フィルムから3Dカメラが発売されています。レンズが2つ付いていて、同時に撮影することで人間の目と同じように立体的な画像を撮ることができるわけだ。

3Dテレビの技術が向上すれば、必然的に3Dカメラの技術が向上し、市販カメラ、そして携帯電話に普通に搭載されるようになると思う。

子供「うわぁ2Dなんて懐かしい」

って言われる時代がやってくる。自分たちは白黒写真を見ると、「白黒写真って戦前ですかぁ」って親に言う時があるけど、自分の子供に今の写真を見せたら「2D写真って環境破壊時代ですかぁ」って言われるかもね。

環境破壊時代って言われるかどうかは分からないけど。。

でも、裸眼で3Dに見える技術が進化する必要があるね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

ゲームや映画のために大画面のLED REGZA 42Z1を買ったよ

もう火がついてしまった!ずーっと欲しかった大型の液晶テレビを買っちゃおうと思う。もう地上デジタルに完全移行まで時間もないし、どうせあと数ヶ月したら買うわけだし。ってことでLED REGZA 42Z1を買うことにした。

カメラマンも一緒に写真に写れるカメラ!もう一人ぼっちじゃない

写真は撮るの好きだからバシバシみんなを撮影する。だけど、気がつくと過去の写真に自分が写っていない。そんなカメラマンにやさしいカメラを紹介します。

画面の中のキャラクターを触ることができるタッチパネルディスプレイ

ディスプレイが進化すると楽しい未来が待っていると以前言ったように、このタッチパネルディスプレイも面白いかも。もし、画面中のキャラクターを触ることが出来たらどうですか?

日常の反対の世界を撮影するために後頭部にカメラを取り付けてしまった教授

数年前に24時間頭にカメラを付けて自分のプライバシーを生中継していた人がいたが、この教授はすごすぎる。後ろにはまったく別の世界がある・・・その世界を見るためにここまでやってしまうとは。

まるで映画のReal Steal!人型の巨大ロボットが殴りあうテレビ番組

海外のお話だが、実際に来年の2月から人型のロボットが殴り合いの対戦をするリーグ戦がテレビ番組として放送されるそうだ。時代はここまで来たか。

車のフロントガラスに道順を投影するカーナビが遂に市場に登場!GarminのHead-Up Display

近々登場するだろうと思われていたフロントガラスに道順などを投影するカーナビが、遂に市場に登場した。投影される情報はシンプルで、まだ想像しているようなものではないが…。

androidを搭載した世界初のGoogle TV購入を検討する理由

ずーっとテレビを買い替えなきゃと思っていたが、Google TVと言われているSony Internet TVが日本市場にも投入されると聞いて、もうこれしかないと思った。その理由は人それぞれだが、自分としては非常に魅力的だ。

また一歩ホログラムディスプレイが現実に近づいた!16個のウェブカメラで撮影して立体投影

ホログラム映像はSF映画などで、遠くにいるはずの話し相手が、まるで目の前にいるかのように話しているシーンを観た事があると思う。このホログラム技術がもう数年後には実現しちゃうかもしれない。

読めない外国語のメニューや看板はWord Lensで覗けば読むことができる

海外へ行くと困るのがやはり言葉。最近は簡単な英語で書いてあれば多少意味はわかるけど、ロシアなんて行ったら何が書いてあるのか見当もつかない。。でも時代は変わりました。Word Lensが海外旅行で助けてくれるかもしれない。

プリンターは紙に文字を印刷するだけない!自動車や血管を作れる3Dプリンター

最初意味が分からなかった。。3Dプリンターの存在は知っていたけど、自動車って・・・。でもなんかもう未来の技術が最近じゃ普通に知らないところで存在しているってのがすごいよね。