SF映画のような虹彩認証による監視社会が実現しようとしている

2010年5月31日 18:28

虹彩認識っていうのは生体認証の一種で、目の瞳孔のまわりの色のついた部分のことで、個々人でパターンが異なるので、生体認証に利用可能な技術とされているが、画像の質やカメラにまっすぐ向いていないと駄目だとか欠点があったんだけど、これが解消されそうという話。

SF映画とかで、目をスキャンして扉が開くとかあるでしょ?あれの話。

マイノリティーリポートって映画を観たことがある人は想像が容易なはず。

あの映画の社会と同じような生活がやってくるかもしれない。

虹彩認識って何?

指紋認証っていって指紋から個人を判別したりするでしょ?虹彩認証ってのは目で個人を判別するっていう技術。

Wikipediaによると、すでにアラブ首長国連邦の入国手続きで使用されているらしく、別人を間違って同一と判断したことはないそうだ。

虹彩認識の何がすごいの?

指紋って、指に怪我したりやけどすると形がかわっちゃうけど、虹彩はかえることができないわけですよ。目に傷をつけるアホはいないわけですよ。映画「マイノリティーリポート」だとどうにかしちゃうけどね。

観てみな。

虹彩認識による監視社会

マイノリティーリポートにも出てくるこの技術。街のあちらこちらにカメラがあり、通行人の目をスキャンすることで個人を監視している。

http://www.youtube.com/v/nQbVD5hlddk&hl=en&fs=1&ap=%2526fmt%3D18

ただ監視するわけじゃない。

個人を判別し、その人にあった広告を表示したりしている。

今のAmazonのおすすめ商品を表示する機能みたいなものが、街の中で行われるわけです。

まぁうまく運用できれば、犯罪者の動向監視や、逃走犯の捜索に大きな威力を発揮するだろうね。

・・・で、こんなこと可能なの?

Panoptesという名のカメラ

いつもすごいものを作り出す米国防省の国防高等研究計画局(DARPA)が、またまたすごいカメラを開発したんですよ。

動いている人々の目をスキャンするカメラ。

まぁ、ただ動いている人々の目をスキャンできるだけじゃないんだけど、簡単に言うとカメラってレンズがあるけど、レンズいらなくない?ってところから始まっているのがPanoptesなんだと。

で、出来上がった物がレンズ以上の機能を持つものだというわけだ。

暗いところでも高画質な3D画像が撮影できるんだと。

WIRED VISIONによると、

Panoptesを応用したデバイスでは、アングルや動きに関係なく人の顔に照準を合わせ、その虹彩を捉えることで、これらの問題を解消しようとしている。例えば、長い列をなして進んでいる人々を、壁面に取り付けたカメラを用いて、それとは気付かれずにスキャンすることも可能だ。

まさに掲載している動画そのものの技術でしょ?

これが本当にすぐれた物であれば、間違いなく今のカメラに置き換わる物になる。デジカメ、携帯電話そして監視カメラに。

うまく運用すればいいだけ

最近では新幹線、JR埼京線などにも監視カメラが付き始めた。まぁ人によってはいい気分ではない人もいると思うが、こう考えてみてはどうだろうか。

監視カメラだけが監視じゃない!

だってそうでしょ?携帯電話やポイントカード持ってるでしょ?これでだいたい個人の行動を知ることができるわけですよ。

こういうSF映画のような技術がより豊かな未来を与えてくれるのであれば、それでいいと思うけどな。

なんでもそうだけど、こういうスゴい技術ってのは使う人次第なんだよね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

リメイク版トータル・リコールの予告編フルバージョンにあのシーンが…

つい先週、アーノルド・シュワルツェネッガーが主演を務めたトータル・リコールがリメイクされることを伝えたが、今回約2分30秒の予告編フルバージョンが公開されたのでお知らせしておく。

誰でもセクシーで魅力的な女優になることができる最新技術

CGや3Dといった映像技術は進化し続けている。このMovie Reshapeは映像に映っているどんな人々も、魅力的な俳優や女優にすることが可能な新しい技術だ。

マリオがついに映画化?現代版にアレンジされた爽快アクション映画の予告編がすごい

あのゲームの名作、スーパーマリオがついに映画化される?普通ならゲームの世界をそのままCGで再現して・・・って考えてしまうが、マリオ達がもしも現代にいたら、という設定で現代版にアレンジしたストーリーがまた素晴らしい!マリオ達が今の時代にいたらこういう事なのかもしれない。

22歳のアマチュア映画監督が作ったSF映画「R´ha」がすごい!プロのしわざかと思った

6分のショートムービーですが、観れば分かりますが見応え充分で、続きを観たくなります。本当に22歳が作ったのか?これアマチュアレベルなのか?ってくらいの作品です。

疲れや恐怖を感じない人間を作る…近未来兵士と治療薬

少しタイトルが恐いですが、ただ戦争や兵器の話ってだけじゃありません。この技術が自分たち一般人にも良い影響をもたらす技術でもあるということと、こういった技術の使い方について考えてみる記事です。

マイケル・J・フォックスが復活!BACK TO THE FUTUREの予告映像をリメイク

大好きだったあの映画!BACK TO THE FUTURE!未来大好きな自分を形作った映画の一つだろうね。今でも大好きだが、マーティ役のマイケル・J・フォックスがパーキンソン病になってしまった事は大変残念だった。が、この映像を観ていてもたってもいられなくなって記事にした。

これが本当の実写版ドラゴンボール!?

実写版ドラゴンボールといってもハリウッドが最近作った方ではなくて、YouTubeにアップロードされている動画の方だ。

映画マイノリティリポートのようなジェスチャーで操作するインターフェイス「g-speak」

マイノリティリポートを観た人は分かると思う。この映画の中のコンピューターシステムは手のジェスチャーで操作している。そんなインターフェイスが実際に開発されている。

成層圏を撮影したのはNASAではなく普通の親子が作った宇宙観測機

もう宇宙観測はNASAとかがロケット飛ばして観測するような、莫大な費用をかけて行うことではなくなったんだなぁって思った。こういうお父さんを持つ子供がうらやましい。。

昆虫を無線で遠隔操作する技術がほぼ完成

生きた昆虫を無線で遠隔操作する研究が行われている。軍事目的に使われるんだろうけど、これが完成したらそこらへんにいる虫も信用できない存在になる。