自由自在に飛び回る無人ヘリコプターの開発

2010年6月1日 18:01

米国ペンシルベニア大が研究しているヘリコプターがちょっと面白い。ヘリコプターなんだけど、動きがヘリコプターじゃない。なんていうか虫っぽい。でもすごいと思う。

ヘリコプターってブィーーーーーーーーーンって滑らかに移動するイメージだったけど、この動画のヘリコプターは違うぞ!

このヘリコプターはビュン!ビュン!ビュン!って飛び回るイメージだ。

プロペラが4つある

専門家じゃないからなんで4つあるのかは説明できないけど、動きを見る限り、4つがそれぞれ違う速さで回転することで機敏で、ダイナミックな動きを実現しているんじゃないかな。

まぁ小さいから素早いってのもあるだろうけど。

小型無人探査ヘリなのか?

無人探査ヘリっていっぱいあるんだよね。

でも、こんな素早くてダイナミックな動きができる探査機ってみたことない。

窓から潜入することが可能だってことをアピールしているようだから、やはり危険なテロ犯のアジトに入り込むことを想定した無人探査ヘリだったりするのかな。

どうも動きが人の操作ではなさそうなんだよね。コンピュータであらかじめコースをセットしたりしているんだろうか。

もし人が操作していたら相当な腕前だよね。

コースをセットして飛ばせるなら、なおさらスゴいなぁ。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

空飛ぶ車のPAL-Vが2014年発売!意外とカッコイイかも

空飛ぶ車は何度かこのブログでも取り上げているが、いろいろ問題がありそうなものが多くて、まだまだ夢のような話しだなぁって思っていたが、遂に一般販売されそうですよ。

5年間着陸することなく飛び続ける無人飛行機がもたらす未来

いつも興味深い技術を開発し続けるアメリカのDARPAが、ボーイング社と共同で開発している無人飛行機ソーラーイーグル。こいつができたらいったい何が出来るようになるのか考えてみた。

空飛ぶ車『エアー・ビークル』を考える

スターフォーズ、バックトゥザフューチャー、フィフスエレメントといった近未来の映画などで必ずといっていいほど登場する『空飛ぶ車』。自分はこの技術はおそらく20年の間に実現するのではないかと考えている。