電力は月で発電して地球に送ればエネルギー問題は解決?

2010年6月18日 19:40

こんな考えを清水建設が考えています。確かに月には大気がないから天気に左右されること無く太陽光発電をすることができる。その電力を地球に送るって・・・どうやって?実はすごい技術があるんですよね。

清水建設が大きな夢を語っている月太陽発電ルナリングとはどういったものなのか。

月の赤道上に発電パネルを並べて、膨大なエネルギーを発電しようとするものだ。

さらに、そのエネルギーをマイクロ波送電技術を使って地球に送るというものです。

月にどれだけ発電パネルを設置するの?

luna-1-20100618.jpg

24時間365日発電し続けるには、太陽が当たる部分に途切れることが無いようにパネルを設置する必要がある。

だから月をグルッと一周、帯状にパネルを設置しよう!ってのが清水建設の考えのようだ。

そんな膨大な資材を持っていけるはず無いだろ!!

って思うでしょ。

清水建設はちゃんと考えてました。

持っていくのは水素だけ

月の砂は酸化物だそうで、水素を持っていけば、酸素や水を作り出すことができるそうです。

さらに、セメントができればコンクリートが作り出せる。で、太陽熱を利用すればブロックやグラスファイバーさえも製造することができるそうです。

水素だけなら持っていけそうですね。

でも本当にそんなこと可能なのだろうか。。

マイクロ波送電技術

月から地球に電力を送信する技術がすごい。

ながーいケーブルを月と地球で繋げるわけにはいかない。

そこで提案されているのがマイクロ波送電技術。

月からマイクロ波で電力を送信するんです。

できるのか?って思うけど、ネットで調べてみたら、実は1983年に実験が成功していて、日本でも実験が行われているんだそうだ。

月で作ったエネルギーは誰のもの?

って問題が勃発しそうな気がします。

技術的にこのルナリングが可能であっても、各国が一つになる必要がある。

技術が人間を超え始めていると思ったりする。

技術が進化しているのはいいことだが、人間自身がもっと進化する必要があるね。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

空気で走る車『The Air Car』

2013年春ごろに実用化される塗る太陽電池が与える未来

火力発電には化石燃料やガスが必要だ。太陽光発電にも必要なものがある。大量の太陽電池パネルを敷き詰めることができる広大な土地が必要だった。だが三菱化学が作っている塗る太陽電池なら、いろんな場所に設置が可能だ。

砂漠で水を作り出す!電気を作るだけじゃない風力発電や太陽光発電

水を得るには井戸を掘るか、雨を待つかしか考えたことがなかったが、もっといろんな方法があるんだよね。この技術が普及すれば、何もない砂漠で水に困らなくなるかもしれない。

上空300mに浮かぶ風力発電所!実用化に向けて実験を開始

大規模な建設工事も必要なく、従来の風力発電よりも発電効率がよい風力発電所が実用化に向けて実証実験を開始したそうです。実用化されれば、今の風力発電の風車が全部この風力発電に置き換わるかもしれない。

太陽光発電より効率的な生活排水発電!家庭から出る汚水で発電する

このニュースを聞いて思い出したのが、バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンだよね!!新型のデロリアンは生ゴミとかで動いてたけど、本当にそれに近い技術が研究されている。しかも既に商業化に向けて進んでいるっていうんだから驚きだ!!

水が燃料のエンジン

これが本当だったら、すごいことです!エネルギー問題で頭を抱えていた各国の政府はいままでの悩みが何だったのかと思ってしまうだろうね。本当だったらね。

強力な風を求めて移動する風力発電所!現段階で約2倍の電力供給を達成

風を求めて向きを変える風力発電の風車はあるよね、確か。今回紹介する風力発電所はかなり大胆。風を求めて移動するんだって。発電所が動くってどういうこと?

電池のいらないリモコンの試作機ができたようだ

自宅のテレビのリモコンが単4電池で、しかもコンビニに単4電池が置いてない。交換するのが面倒と思ってしまう、そんな自分にとってはうれしい技術だ。

コーラで発電できるソニーのバイオ電池

なんでコーラで発電しようと考えたのかは・・・ソニーに聞いてみなきゃ分からないけど、別にコーラじゃなくても発電できるんでしょうね。まぁ展示会に出品する為に作られた物ですから。

災害時でも海水や水とコレがあればスマートフォンを充電できる!水を入れるだけで電気を作り出すマグボックス

災害時に連絡を取る手段として携帯電話、スマートフォンは必要不可欠。手回し発電機での充電では不十分。今の時代に沿った非常用の充電アイテムが登場した。