Google TVが登場したらテレビ業界はどうなる?

2010年6月2日 20:17

ソニー、インテル、Googleが共同開発したGoogle TVだが、噂じゃAppleもテレビを・・・って噂があるけど、テレビを開発する必要はないと思うけど、どのテレビもネットにつなげることができるようになっていることを考えると、今のテレビ業界も今まで通りのやり方は通用しない。

Google TVによってリビングにYouTubeが本格的に入り込んでくるわけだ。

そうなれば、YouTubeにはより内容の濃いチャンネルが用意されるようになる。

ユーザーとしては好きな時に好きな番組を観ることができるわけだ。

そうなれば、自分たちの都合で番組を垂れ流しているテレビ局は・・・って話。

番組を自由に再生したい

そもそも番組を自由に選んで再生できれば、録画の必要も無いわけだ。

YouTubeやニコニコ動画のいいところは、観たい時に観ることができるところだ。

ドラマとか一回見逃したら来週どうすればいいのか・・・って思うよね。

あとたまに音楽番組の生放送とかやるけど、意味あるのか?って思うことがある。

生放送の意味があるものを生で流してほしい。

Ustreamとかはそれができている気がする。何を流したいのか分からないものも多いけど。

「番組を流す」から「番組を作る」

テレビ局は、今は番組を流すところまでやってるけど、YouTubeがリビングに進出したら、テレビ局と番組制作会社が闘うことになるかもね。

番組制作会社は、今までテレビ局に依頼されて作って、テレビ局で流してもらっていたが、番組制作会社は作った番組をYouTubeにアップすれば直接広告収入とか得ることができるわけだ。

ってことは、YouTubeなどの動画サイトに番組をアップロードする専門の番組制作会社がでてきてもおかしくないよね。

まれに個人でやっていて儲けている人がいるけど、プロがYouTubeでチャンネルを展開すれば、観る人は観るでしょ。

ってなると、テレビ局もそこらへんを本気で考える必要があるわけだ。

今後どうなるかな。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

情報収集が一画面でできる『iGoogle』

携帯でも観覧が可能になる『Googleカレンダー』

TOYOTAが開発した自動操縦の試作車「AASRV」!Googleカーのライバル出現で未来が近づく

CESっていう有名な家電の巨大展示会にTOYOTAが展示したのが自律走行車両!この分野ではGoogleカーが先行していたが、自動車メーカーであるTOYOTAが参入することで、一気に未来が切り開かれそうだ。

3Dテレビの登場でカメラも3Dに

3Dテレビが登場しはじめたけど、3Dの媒体ってまだ映画くらいなんだよね。でもハイビジョン映像などが出たときも映画だけだったけど、今ではいろんなものがハイビジョンだよね。

直感で使えるアクセス解析『Google Analytics』

YouTubeの日本語版『YouTube Japan』がオープン

Google検索で3次元の立体グラフが作れるなんて知らなかった

いや、Google検索でグラフを作れることは知ってたけど、3次元の立体グラフを作れるとは知らなかった。しかも動くよ。なにこれスゴイんだけど。

なぜGoogleマップと別なの?『Googleトランジット』

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

コンタクトレンズが情報を表示できる液晶ディスプレイになる!5年以内に商用実用化されるだろう

コンタクトレンズに直接テキスト情報などを表示することができる技術は以前にも紹介したが、具体的な商用化の時期やプロトタイプの発表は初めてだ。