Google TVが登場したらテレビ業界はどうなる?

2010年6月2日 20:17

ソニー、インテル、Googleが共同開発したGoogle TVだが、噂じゃAppleもテレビを・・・って噂があるけど、テレビを開発する必要はないと思うけど、どのテレビもネットにつなげることができるようになっていることを考えると、今のテレビ業界も今まで通りのやり方は通用しない。

Google TVによってリビングにYouTubeが本格的に入り込んでくるわけだ。

そうなれば、YouTubeにはより内容の濃いチャンネルが用意されるようになる。

ユーザーとしては好きな時に好きな番組を観ることができるわけだ。

そうなれば、自分たちの都合で番組を垂れ流しているテレビ局は・・・って話。

番組を自由に再生したい

そもそも番組を自由に選んで再生できれば、録画の必要も無いわけだ。

YouTubeやニコニコ動画のいいところは、観たい時に観ることができるところだ。

ドラマとか一回見逃したら来週どうすればいいのか・・・って思うよね。

あとたまに音楽番組の生放送とかやるけど、意味あるのか?って思うことがある。

生放送の意味があるものを生で流してほしい。

Ustreamとかはそれができている気がする。何を流したいのか分からないものも多いけど。

「番組を流す」から「番組を作る」

テレビ局は、今は番組を流すところまでやってるけど、YouTubeがリビングに進出したら、テレビ局と番組制作会社が闘うことになるかもね。

番組制作会社は、今までテレビ局に依頼されて作って、テレビ局で流してもらっていたが、番組制作会社は作った番組をYouTubeにアップすれば直接広告収入とか得ることができるわけだ。

ってことは、YouTubeなどの動画サイトに番組をアップロードする専門の番組制作会社がでてきてもおかしくないよね。

まれに個人でやっていて儲けている人がいるけど、プロがYouTubeでチャンネルを展開すれば、観る人は観るでしょ。

ってなると、テレビ局もそこらへんを本気で考える必要があるわけだ。

今後どうなるかな。

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

グルーポンと競合するであろうGoogle offersはどんなサービスになるだろうか

つい最近、Googleはクーポンサイトで有名なGroupon(グルーポン)を買収しようとしていたが、結局それは失敗に終わり、Googleは独自のクーポンサービスを提供しようとしている。最近いろいろ話題のグルーポンだが、Googleらしくやってもらいたいものだ。そこで、どんなサービスになるか予想してみる。

情報収集が一画面でできる『iGoogle』

糖尿病患者用のコンタクトレンズが開発されている!Googleが発表したスマートコンタクトレンズ

このスマートコンタクトレンズが世界中にいる糖尿病患者3億8200万人から苦痛を取り除いてくれるかもしれない。いったいどんなコンタクトレンズなのか…。

未来の車はタイヤが違う!タイヤの構造を根本から考えなおしたコンセプト

未来の車ってデザインがシャープで、自動運転機能や宙に浮いたり…ってのを想像しますが、近い未来はタイヤもまったく新しいモノになるのかもしれないと考えさせられました。

地上からの風景を表示『Google Maps Street View』

Googleマップが日本人に見易いように大幅にバージョンアップした

すごい見やすいぞ!なんていうか見やすすぎる!なんでだろう。今までの地図より断然見易い。しかも旅行したくなる…いや冒険したくなる。

Google検索で3次元の立体グラフが作れるなんて知らなかった

いや、Google検索でグラフを作れることは知ってたけど、3次元の立体グラフを作れるとは知らなかった。しかも動くよ。なにこれスゴイんだけど。

直感で使えるアクセス解析『Google Analytics』

Googleの自動運転カーが人々にもたらす希望とその技術の可能性

セルフドライビングカー、オートドライビングカー、自動操縦自動車…まぁ人によって呼び方は様々でしょうが、車に乗れば座っているだけで目的地まで連れていってくれる車があったらどう思います?恐いなぁって人もいれば、単純にスゴイなぁ、未来だなぁって感じる人もいるでしょう。その技術の可能性について動画を観ながら考えてみます。

まるで映画のReal Steal!人型の巨大ロボットが殴りあうテレビ番組

海外のお話だが、実際に来年の2月から人型のロボットが殴り合いの対戦をするリーグ戦がテレビ番組として放送されるそうだ。時代はここまで来たか。