虫歯などの治療に使う歯のばんそうこうを開発中

2010年9月29日 9:00

歯って痛くなったらどうしようもないんだよね。歯医者行くしかないし。何が嫌かって言うと・・・いろいろ痛いじゃん。。でも歯の治療も日々進化している。歯に使うばんそうこうが開発されているって知ってるかい?

近畿大の本津茂樹教授、大阪歯科大の吉川一志准教授らが開発したこの歯のばんそうこうは

冷たいものに触れると過剰に感じる知覚過敏症の治療や、虫歯の予防・治療、汚れを防ぎ歯の白さを保つといった応用法が考えられる

引用元:「歯のばんそうこう」開発 シートで虫歯など治療:日本経済新聞

だそうだ。

剥がれないの?

この歯のばんそうこうは、普通のばんそうこうのように張るだけで歯と一体化するシートらしく、前歯にはって数時間後に歯磨きしても剥がれなかったそうです。

歯や骨と同じ成分が使われているそうだ。

神経が出ちゃって歯が痛む!!って時はこいつを貼って神経の露出を防ぐなどの利用方法があるんだってさ。

詰め物しなくていいってことだ。

まだこれから動物実験とかの段階らしいけどね。

これでちょっとは歯医者が嫌な場所じゃなくなるかな?

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

細胞を心臓ペースメーカーにする遺伝子の研究!電磁波に影響せず、電池交換も必要ない

心臓ペースメーカーを身体に埋め込むってのは負担が大きいだろうし、電池交換だってしなくちゃいけないわけだし。でもそんな負担や不安も、この研究が進めばなくなるかもしれない。

体内に”泡”を流し込んで内部出血を抑える!生存率を飛躍的に向上させる

傷が深く、体内まで傷ついて内部出血した場合、一刻も早く医療施設に行く必要がありますが、この新しい技術は負傷者の生存率を飛躍的に向上させるというものです。

細胞の生死を制御する技術でガン細胞だけ死滅できる可能性

京都大学の研究グループが開発した細胞の生死を制御する技術が発表されて、注目されている。人間は細胞までも制御できるまでに至ったのかと。しかも日本からその技術が発表されるってのがまた誇らしい!

マイクロニードルアレイを皮膚に貼って薬剤を体内へ!注射のような痛みを感じない新たな投与方法

注射って大人になっても嫌なものです。いや、痛くないよ、大人だもん。でもね…なんとなく嫌なんです。痛くない方法はないだろうか…そんな夢を実現したのがマイクロニードルアレイというものだ。

失明した患者の視力を回復する最新式の人工眼が完成

人工眼って自分が知っているのだと、物が白い点に見えて、決して僕らが観ているようなキレイな景色は観る事ができないものっていうイメージだったが、もうここまで進化しているとは正直驚いた。

疲れや恐怖を感じない人間を作る…近未来兵士と治療薬

少しタイトルが恐いですが、ただ戦争や兵器の話ってだけじゃありません。この技術が自分たち一般人にも良い影響をもたらす技術でもあるということと、こういった技術の使い方について考えてみる記事です。

HIV(エイズウィルス)感染治療に希望の光、HIV感染の治療に成功は世界初

感染したら絶対治ることはない!と教えられてきたHIV感染症。今では感染しても通常の寿命を生きることが十分可能な時代にはなったとはいえ、感染させてしまう可能性があるという負の気持ちや、HIV感染者ということで避けられてしまう可能性だってある。そんなHIV感染に素晴らしい研究報告だ。

手術で針と糸は不要になる!?ナノ縫合がすごい!

今まで針と糸で縫合する必要がある傷は、縫合する時にも恐怖心と痛みがあったが、このナノ縫合は恐怖心だけでなく痛みさえなくなるという。

人間が本物の心臓を作り出す未来はすぐそこまで来ている

人間が人間の身体の一部を発明するって不思議だよね。それと同時にこの高度な知識と技術がある時代でもまだ人間を完全に治す事ができないって、人間はどれだけ高度な技術で作られたのか。自然ってすごいよね。その人間が遂に永久人工心臓の移植に成功した。

遺伝子の特定により近視の予防と治療の可能

目の悪い人には凄いニュースだ。近視の原因とされる遺伝子が特定されたそうだ。近視は遺伝ってことで決着したってことですね。しかも治療ができるっていうんだから、すごいニュースですよね。