17,000個の画びょうで再現されたマリオワールド

2010年9月23日 9:00

パッと見た感じ、ふーんって感じだけど、良ーく見てみると、ぉお!って思う作品。プッシュピン(いわゆる画びょう)でこれだけの作品を作るってのは凄い労力だろうね。

mario_push_pin_mosaic.jpeg

なんか今にも動き出しそうですよね。

大画面でマリオをやっているような感覚になってしまいそうです。

mario_push_pin_mosaic_2.jpeg

近くでよーくみると、やっぱり画びょうなんだな。

はてなブロック一つ作るだけで満足しちゃいそうです。

自分も作りたい!って人へ

こういう作品を見ると、自分でもできるじゃん!って思いますよね。

むしろやってみたい!作ってみたい!って思いますよね。

そう思って、調べておきましたよ。

Amazonだとカラフルなプッシュピンが20個入って210円でした。

同じくらいの大きさの作品を作ることを想定して、17,000個用意しましょう!

プッシュピン20個入りを850セット購入してください!

お会計金額は・・・178,500円です。

・・・。

じゃ、また。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

ちょっと2050年の東京まで!完成度高すぎる未来に行けるタクシー?

自分たちの世代で、誰もが知っているタイムマシーンって言ったら、映画「BACK TO THE FUTURE」に出てくるデロリアンでしょ。もうね、時代はタクシーで未来に行けるんですよ!?

海岸に住む「砂」と「雪」の物語Bottle

最近、面白い動画がなかったけど、これは完成度も高くて内容も良いね。いろいろと考えることができる作品だと思う。

iPhoneを今にも飲み込もうとしている○○の動画

いやぁすごいわ。もうiPhone丸飲みされそうな勢いですよ。1/4はヤツの体内に取り込まれてますよ。。でもみんなiPhoneを救おうとはせず・・・

先に言いますが全部2Dでお送りしています!Anamorphic Illusions

目で見るだけじゃ世の中なんにもわからないものですよ。自分の目で見て、自分の手で触って。どこにいても世界中の動画が観れる世の中ですが、観れたところで本物かどうかはわからないものです。さて、今回はそんな気持ちにさせる動画を紹介します。

グレゴリー・コルベール『ashes and snow』をみる

Google検索で3次元の立体グラフが作れるなんて知らなかった

いや、Google検索でグラフを作れることは知ってたけど、3次元の立体グラフを作れるとは知らなかった。しかも動くよ。なにこれスゴイんだけど。