5年間着陸することなく飛び続ける無人飛行機がもたらす未来

2010年10月2日 9:00

いつも興味深い技術を開発し続けるアメリカのDARPAが、ボーイング社と共同で開発している無人飛行機ソーラーイーグル。こいつができたらいったい何が出来るようになるのか考えてみた。

ちなみに、まだ実際に5年間飛んではいない。

これから30日間飛び続けて、その数値を基に5年は飛べるよ!って言いたいようだ。

5年間も飛べる燃料って?

ソーラーイーグルという名前から推測できると思うが、この飛行機は太陽光発電で得た電力で飛び続ける。

曇りの日が続いたらどうするんだよー!って思う人は・・・いるか?

ソーラーイーグルは上空約18km〜27kmの成層圏を飛ぶ。

AIR_Zephyr-Vulture_Concept_lg.jpg

成層圏には雲がない(真珠母雲ってやつは特別だけど・・・)ので、地上が雨だろうが曇りだろうが関係はない。

ソーラーイーグルの目的は偵察

まぁDARPAが作ってるわけだから軍事目的なわけだ。

簡単に言うと衛星よりももっと容易に動かしやすくて、コスト的にも優れているものを作りたいんだと思う。

でもソーラーイーグルの実証実験が成功すれば、軍事目的以外の似たような無人飛行機ができるだろう。

天気予報の精度がもっとあがる?

今の天気予報って気象衛星を使っている。

一時期日本が天気予報で使っていた気象衛星が故障したってトラブルがあったよね。

衛星ってメンテナンスが大変だろうけど、衛星に比べたらソーラーイーグルの方が容易だろうし、コスト的にも・・・ねぇ。

AIR_UAV_SolarEagle_Concept_lg.jpg

衛星みたいに使い捨てじゃないから、必要ならば新しい観測機器を積んで再出発することだって出来る。

スカイツリーの次はこいつかな

テレビやラジオの電波は高いところにないと。

東京タワーじゃもう高いビルに阻まれて電波が届かない地域が出てくるってことで、凄い背の高い電波塔のスカイツリーを作ってるわけだけど、そのうち634mより大きいビルがどんどんできるだろう・・・たぶん。

現にドバイじゃ普通に1,000mくらいの高さのビルが建ってるし。

ってことはもう電波塔なんて建ててられない!ってなるはず。

もうこの際成層圏に電波基地作っちゃえ!ってことでソーラーイーグルみたいなのが活用されるようになるかもね。

携帯電話の圏外がなくなる?

電波って言えば携帯でしょ?

一応衛星電話ってのがあるけど、料金がバカ高いイメージがあるけど、もしかしたら電話会社が共同でソーラーイーグルみたいな無人飛行機に電波中継機能を付けて飛ばしたら、衛星電話より安い圏外のない携帯プランが出てくるかもしれないね。

まぁ正直ソーラーイーグルが成功して、どう我々の生活が変わるかは分からんがね。

変わらないかもしれないけど・・・考えるといろいろ豊かな生活が見えてくる。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

疲れや恐怖を感じない人間を作る…近未来兵士と治療薬

少しタイトルが恐いですが、ただ戦争や兵器の話ってだけじゃありません。この技術が自分たち一般人にも良い影響をもたらす技術でもあるということと、こういった技術の使い方について考えてみる記事です。

どんな道でも荷物を持って追いかけてくる4足歩行ロボット「LS3」!あのBigDogが進化した

どんな道でも人間の代わりに重い荷物を持って歩いてくれるロボットBigDogですが、進化してましたよ。予想以上に動物っぽく…いや頼もしい存在になってます。

2013年春ごろに実用化される塗る太陽電池が与える未来

火力発電には化石燃料やガスが必要だ。太陽光発電にも必要なものがある。大量の太陽電池パネルを敷き詰めることができる広大な土地が必要だった。だが三菱化学が作っている塗る太陽電池なら、いろんな場所に設置が可能だ。

自由自在に飛び回る無人ヘリコプターの開発

米国ペンシルベニア大が研究しているヘリコプターがちょっと面白い。ヘリコプターなんだけど、動きがヘリコプターじゃない。なんていうか虫っぽい。でもすごいと思う。

近い未来2025年の航空機はどうなっているのだろうか

最近では、民間宇宙航空機などが登場して、航空機が大きく変わろうとしている。近い未来、航空機のデザインも大きく変化するだろう。NASAもそんな近い未来の航空機デザインを提案しています。

海外旅行がより身近になるかもしれない天然ガスで飛ぶ低燃費飛行機

海外旅行って昔に比べたら安くなってあちこち行きやすくなったとはいうけど、それでも数十万はするわけですよ。何が高いってやっぱり航空運賃ですよね。その高い運賃と今後の可能性を考えてみた。

SF映画のような虹彩認証による監視社会が実現しようとしている

虹彩認識っていうのは生体認証の一種で、目の瞳孔のまわりの色のついた部分のことで、個々人でパターンが異なるので、生体認証に利用可能な技術とされているが、画像の質やカメラにまっすぐ向いていないと駄目だとか欠点があったんだけど、これが解消されそうという話。

次世代宇宙航空機スカイロンは音速の5倍の速さで宇宙へ

スペースシャトルの退役が決まってから、今後の宇宙への移動手段はどうなるんだろうかと思っていたが、遂に具体的なものがでてきたね。ただ実用まで時間がかかりそうだ。

成層圏を撮影したのはNASAではなく普通の親子が作った宇宙観測機

もう宇宙観測はNASAとかがロケット飛ばして観測するような、莫大な費用をかけて行うことではなくなったんだなぁって思った。こういうお父さんを持つ子供がうらやましい。。

体内に”泡”を流し込んで内部出血を抑える!生存率を飛躍的に向上させる

傷が深く、体内まで傷ついて内部出血した場合、一刻も早く医療施設に行く必要がありますが、この新しい技術は負傷者の生存率を飛躍的に向上させるというものです。