ポーランドの地下鉄はまるでSF映画に出てくる未来都市

2010年10月25日 19:00

この動画を観ると、日本の駅や鉄道って広告ばっかりで美しさも何も無いなぁと感じてしまう。最先端技術を作っていく日本であるなら、そういう環境を作る事も大切だと思うな。

この動画がコンセプト映像とかそういう物じゃないってのが凄い。

ポーランド地下鉄だそうです。

ポーランドはもう20年くらい先に行ってる。

この動画を観た後に、電車に乗ると悲しくなる。

ただデザインだけじゃない

何気に考えられているなぁって思ったのが、ドアのすぐそば。

よくみんなドアのすぐそばを陣取ったりしません?

手すりに寄っかかりながら、外を眺めて。

この電車、その場所が席のようになってる!

軽く腰掛ける事ができるようになってるよー!これ、日本の電車でも採用してほしいね。

日本も環境を考えた物作りや広告の掲載をしてもらいたい物だ。

なんでも人の目につくところに広告を掲載すればいいって物じゃない!

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。