150m向こうで溺れている人がいたらどうする?浮き輪を投げてあげればいい!

2010年10月12日 9:00

150m泳いで、溺れている人を抱えて150m泳いで帰ってくる・・・なんて絶対に無理だ。150m泳ぎきれるかさえ疑問。。泳ぐの下手なんだよね。じゃあ浮き輪を投げてみる!いやぁ・・・無理って思った人はあまい。

サミュエル・アデロジュさんは軍隊の予備訓練中に推進手榴弾、いわゆるロケット弾などを扱った経験を基に、あるアイデアが浮かんだようだ。

それが、この強そうな武器に見える人命救助装置。

FileHandler-1.jpeg

いやぁ、どう見ても近未来の武器にしか見えないのですが・・・。

決して安楽死とかそんなんじゃないです。

ちゃんと150m先で溺れている人を助ける事ができる人命救助装置なんですよ。

なんとしても浮き輪を溺れている人に!

当たったら大爆発しそうなオレンジ色の弾丸。

実は、着水して15秒で40倍の大きさになるそうです。

大きな浮き輪くらいの大きさにはなるはずです。コンセプト動画でもそんな感じになっている。

http://www.youtube.com/watch?v=PqMS_xEsUIw

単純な事ほど思い浮かばない

いつもこういうアイデアを見ていて思うのが、意外と考えは単純なんだよね。

浮き輪を150m飛ばせればいいわけだ。でも、飛ばせない。

普通はここで終わるけど、サミュエル・アデロジュさんは本気で考えた。

サミュエル・アデロジュさんは推進技術を勉強して、40倍になる物質を探し出す。

こういう人を頭がいいというんだろうな。

FileHandler.jpeg

ジェームスダイソンアワード

ジェームスダイソンとは、あのDysonの創業者のことです。彼の名がついたジェームスダイソンアワードで、このコンセプトが発表され、Gizmodeによると

サミュエルさんはすでに自分の発明を実際の救助に使ってもらえるように、オーストラリアのサーファー協会とパシフィックレスキュー協会と話合いを進めているそうです。

とのことで、資金援助も受ける事ができるようですね。

実用化される事を願う。この装置によってどれだけの人が救われる事か。

全世界のライフセーバーが装備することになるだろうね。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

口に入っても問題ない抗菌剤『ユーカリ抗菌剤』

うっかり落として踏んでも安全な画びょうBiomimicry Pinが素晴らしい

自分も小学生の時に膝に刺さったことがあります。痛みを感じなかった、そして血も出なかったという謎の奇跡。画鋲って何故か落ちてたりするんですよね。

事故にあっても倒れない安全なバイクが2013年発売!バイクの弱点を克服

バイク好きの人からしたら、なんだこれ?ってなるかもしれないけど、バイクの機動性と車の安全性を兼ね備えたすごい乗り物だ。

風の力で転がるMine Kafonという地雷除去装置!低予算で効率良く地雷を除去する

地雷って埋めるのは簡単かもしれないが、除去するのは命がけだ。今回紹介するMine Kafonは、今まで以上に効率良く、安全に地雷を除去してくるかもしれない。

飛んでくる銃弾を避けるIBMのBionic body armor

今まで、弾丸から身体を守るには防弾チョッキを着て、頭に当たらないことを願うだけだったけど、もう弾丸で射たれる心配をする必要もなくなりそうだ。