人間が本物の心臓を作り出す未来はすぐそこまで来ている

2010年10月11日 17:00

人間が人間の身体の一部を発明するって不思議だよね。それと同時にこの高度な知識と技術がある時代でもまだ人間を完全に治す事ができないって、人間はどれだけ高度な技術で作られたのか。自然ってすごいよね。その人間が遂に永久人工心臓の移植に成功した。

世界初の人工心臓

1969年には人工的に作られた心臓は存在した。

ただし、64時間という短い時間しか使われていない。心臓移植待ちの患者に取り付けられたそうです。

その当時の写真を見ると、率直な感想として、機械的でまるでSF映画にでてくるサイボーグの心臓みたいだ。

永久人工心臓の移植

つい最近、15歳の少年に永久人工心臓を移植したというニュースが入った。

本物の心臓同様に、メンテナンスは必要だろうけど、バッテリーが切れない限り永遠に動き続けるというわけだ。

It is powered through a plug positioned behind the left ear and connected to the battery that the patient holds on a belt and is charged during the night like a mobile phone.

引用元:Boy, 15, gets first permanent artifical heart – Telegraph

携帯電話のように夜に充電したバッテリーに繋がったプラグを、左耳の後ろに繋げるそうです。

電気で動いているわけだからバッテリーが必要なんですよね。

体内に入れても問題ない蓄電池や、非接触充電の技術がもっと進歩すれば、耳の後ろにプラグジャックを付ける必要はなくなるかもしれないね。

この記事の画像を見ると、本人の本物の心臓に油圧ポンプを繋げて心臓を動かすようだ。

全てが全て人工というわけではないのかな?

日本の技術が本物の心臓を作り出すかも

最近大学の教授らが心臓で血液のポンプの役割を担う細胞(iCM細胞)が作り出す事に成功したというニュースがあった。

iPS細胞は聞いた事があるが、iCM細胞というのは初耳だ。

iPS細胞は、いろんな細胞の基になる物で、iPS細胞からいろんな細胞に変化させるそうだが、iCM細胞は直接心臓の筋肉細胞を作り出す細胞になるってことかな。

だから、心臓に関してはiPS細胞より優れているってことらしい。

基本は治療の為の細胞らしいが、これらのニュースを読んでいると、人間にも心臓の基になる細胞を作り出す事ができるようになったことが分かる。

臓器を印刷する3Dバイオプリンター

細胞をインクとして使い、血管のようなものを印刷する事に成功したのが3Dバイオプリンターというもの。

海外でもこの技術は研究されていて、映像を観ると凄さが分かる。

心臓とか普通に映るので、そういうの好きじゃない人は観ない方がいいかな。

このプリンター技術でiCM細胞やiPS細胞といった物をインクとして使い、心臓や血管などを印刷する事ができるようになればすごいことだ。

生体移植待ちや自分のクローン

今は血液型やいろんな条件が合う人からの臓器提供を待つ生体移植。

見つかるまで、ずーっと待つ事になる。

自分の遺伝子を修正したクローンを作り出し、自分に移植するためにクローンを殺して移植するっていう映画もあったが、非人道的で流石に気が引ける。

だが、そんなことをする必要がなくなる時代はもうすぐそこまで来ている。

流石に自分の身体の臓器が全て人工的に作られた物になるのは・・・ちょっとやだけど、最終手段としてはそういう技術ができるのはいいね。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

痛みのない歯科治療を可能にする「プラズマジェット」

歯の治療っていうと、ドリルの音と痛み・・・。今後歯医者でキュイーーーーンっていうドリルの音を聞くことがなくなるかもしれない。

プリンターは紙に文字を印刷するだけない!自動車や血管を作れる3Dプリンター

最初意味が分からなかった。。3Dプリンターの存在は知っていたけど、自動車って・・・。でもなんかもう未来の技術が最近じゃ普通に知らないところで存在しているってのがすごいよね。

体内に”泡”を流し込んで内部出血を抑える!生存率を飛躍的に向上させる

傷が深く、体内まで傷ついて内部出血した場合、一刻も早く医療施設に行く必要がありますが、この新しい技術は負傷者の生存率を飛躍的に向上させるというものです。

虫歯などの治療に使う歯のばんそうこうを開発中

歯って痛くなったらどうしようもないんだよね。歯医者行くしかないし。何が嫌かって言うと・・・いろいろ痛いじゃん。。でも歯の治療も日々進化している。歯に使うばんそうこうが開発されているって知ってるかい?

画面の中のキャラクターを触ることができるタッチパネルディスプレイ

ディスプレイが進化すると楽しい未来が待っていると以前言ったように、このタッチパネルディスプレイも面白いかも。もし、画面中のキャラクターを触ることが出来たらどうですか?

がん幹細胞のマーカー特定!がん治療の大きな一歩

京都大大学院消化器内科学の千葉勉教授らの研究グループが、がんの幹細胞だけに反応するマーカーを特定したと発表した。

3Dテレビの登場でカメラも3Dに

3Dテレビが登場しはじめたけど、3Dの媒体ってまだ映画くらいなんだよね。でもハイビジョン映像などが出たときも映画だけだったけど、今ではいろんなものがハイビジョンだよね。

HIV(エイズウィルス)感染治療に希望の光、HIV感染の治療に成功は世界初

感染したら絶対治ることはない!と教えられてきたHIV感染症。今では感染しても通常の寿命を生きることが十分可能な時代にはなったとはいえ、感染させてしまう可能性があるという負の気持ちや、HIV感染者ということで避けられてしまう可能性だってある。そんなHIV感染に素晴らしい研究報告だ。

メールをキレイな女性に変えてくれる3D Mailbox!迷惑メールさえも嬉しくなるかもしれない

毎日メールを読むのにウンザリしている人にお勧めかもしれない。この3D Mailboxはあなたのメールボックスをマイアミビーチに変えてくれます!?

失明した患者の視力を回復する最新式の人工眼が完成

人工眼って自分が知っているのだと、物が白い点に見えて、決して僕らが観ているようなキレイな景色は観る事ができないものっていうイメージだったが、もうここまで進化しているとは正直驚いた。