富士通の子グマ型ロボットはロボコップを管理するオムニ社が2020年に販売予定

2010年10月9日 9:00

最近、ロボコップのドラマ版を観てたので、富士通が子グマ型ロボットを作ったというニュースを観て「オムニ社?」って思ってしまった。時代がやっとロボコップに追いついてきたのかな?

ロボコップを管理するオムニ社とは?

オムニ社って何?って思う人も多いかと思う。

オムニ社、OCP(Omni Consumer Product)はロボコップを代表とする様々な革新的な製品を開発・販売をする巨大企業だ。映画の中の話だけど。

実は、ロボコップにはドラマ版があって、もちろん映画版と同じように非常にクオリティが高く、話はロボコップが誕生して10年後の話だったかな、確か。

そのドラマ版でも、オムニ社は数多くの製品を開発・販売している。

オムニ社の子グマ型ロボット「OTOMO」

オムニ社は子供向けに、富士通と同じようにコミュニケーションがとれる子クマ型のロボットを販売している。名前は「OTOMO」。

身体はクマのぬいぐるみのようだが、お腹にはプッシュ式ダイアル・・・古いな。。

顔には小さなディスプレイが付いており、かわいらしい顔が表示されていて、状況に応じて笑顔や困った顔になったりする。

もちろん話す事だってできる。

想像以上に出来が良い富士通のロボット

記事によると、

マイクやスピーカーを使って言葉でコミュニケーションできるうえ、耳折り、まぶたや口の開閉、うなずき、首振り、首かしげといった自然な動きを12個の内蔵モーターで実現することで、非言語のコミュニケーションもできるようになっている。

表情や動きでコミュニケーションできるってのはいいね。

動きがかわいい 富士通から人に優しい子ぐま型ロボット登場【CEATEC 2010】.jpeg

富士通の子グマ型ロボットには、ディスプレイもダイアルボタンも存在しない。

なかなかかわいらしい。

子供がみんなこういうロボットを持つようになる時代が近いかも。

富士通はそのうちオムニ社になる?

ロボコップが誕生したのは、2010年。あれ?今年にはロボコップが誕生しているはずなのか。

OTOMOが登場するのはその10年後だから2020年。

だが、富士通はもう10年も先取りして子グマ型ロボットを完成させた。

もしかしたら富士通が既にロボコップを極秘裏に開発していて、そのうちオムニに改名したり・・・しないよね。

それにしてもロボットが人を癒し始める時代がやってきたな。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

息を潜めて隠れても無駄!人間の呼吸を検知するロボット

よく映画とかでも暗闇に隠れたスパイを探す時に赤外線センサーを使ったりするシーンがあったりする。だけどそんな技術も古いものになりつつある。この新しいロボットから隠れることはほぼ不可能に近い。

恋人がロボットの時代も近い!?リアルな日本人女性ロボット

遂にそのときがやってきたようだ!まだまだロボット感たっぷりだが、日本人の底力はとてつもないから、すぐにこれが本物の女性と見分けがつかないくらいのレベルになるだろう。

1億円する日本製ロボットが海外で大人気!注文が3000件を超えている

水道橋重工が作ったロボット「クラタス」が海外でとんでもない人気を得ているようだ。さすがロボット大国日本と言わせる巨大ロボットとはいったい…。

自力で充電しようとするロボット「Milestone 2」

このMilestone 2を観て、ロボットも必死に生きようとしていて、だんだんと生き物に近い存在になりつつあると感じ、少し恐さも感じた。

ロボコップのリメイク版予告編が公開!15年後の未来、2028年が舞台

1987年に公開されたロボコップの舞台は2010年だった。だがもう2013年。残念ながらまだロボコップは実在しません。今度はもうちょい未来の2028年が舞台。

ルービックキューブが得意なロボット『RuBot II』

どんな道でも荷物を持って追いかけてくる4足歩行ロボット「LS3」!あのBigDogが進化した

どんな道でも人間の代わりに重い荷物を持って歩いてくれるロボットBigDogですが、進化してましたよ。予想以上に動物っぽく…いや頼もしい存在になってます。

人間とじゃんけんをするロボットの指の動きがすごい

ロボットとじゃんけんするには特別な機械を手に装着する必要があるようですが、このロボットの指の動きに注目して欲しい。

気持ち悪い4足歩行ロボットBigDogが小さくなったLittleDog

動きが気持ち悪いけど、技術的にはすごいBigDogって覚えてますか?蹴られても蹴られても、がんばって歩き続けるあの気持ち悪い4足歩行ロボットのことです。それが小さくなってより気持ち悪くなりました。でもこの技術ってすごい未来が広がっていると思います。

10歳になったロボットのASIMOの過去を振り返って思う事

もう誕生して10年になるんですね。ASIMOを見る前の印象的だったロボットがP2の時かな。大きな身体をゆっくり動かしながら歩く姿は、まさに「ロボットだ!」って思った。その数年後に誕生したのがASIMO。そしてそのASIMOも10歳になった。ロボットじゃないな、もう・・・子供だ。