富士通の子グマ型ロボットはロボコップを管理するオムニ社が2020年に販売予定

2010年10月9日 9:00

最近、ロボコップのドラマ版を観てたので、富士通が子グマ型ロボットを作ったというニュースを観て「オムニ社?」って思ってしまった。時代がやっとロボコップに追いついてきたのかな?

ロボコップを管理するオムニ社とは?

オムニ社って何?って思う人も多いかと思う。

オムニ社、OCP(Omni Consumer Product)はロボコップを代表とする様々な革新的な製品を開発・販売をする巨大企業だ。映画の中の話だけど。

実は、ロボコップにはドラマ版があって、もちろん映画版と同じように非常にクオリティが高く、話はロボコップが誕生して10年後の話だったかな、確か。

そのドラマ版でも、オムニ社は数多くの製品を開発・販売している。

オムニ社の子グマ型ロボット「OTOMO」

オムニ社は子供向けに、富士通と同じようにコミュニケーションがとれる子クマ型のロボットを販売している。名前は「OTOMO」。

身体はクマのぬいぐるみのようだが、お腹にはプッシュ式ダイアル・・・古いな。。

顔には小さなディスプレイが付いており、かわいらしい顔が表示されていて、状況に応じて笑顔や困った顔になったりする。

もちろん話す事だってできる。

想像以上に出来が良い富士通のロボット

記事によると、

マイクやスピーカーを使って言葉でコミュニケーションできるうえ、耳折り、まぶたや口の開閉、うなずき、首振り、首かしげといった自然な動きを12個の内蔵モーターで実現することで、非言語のコミュニケーションもできるようになっている。

表情や動きでコミュニケーションできるってのはいいね。

動きがかわいい 富士通から人に優しい子ぐま型ロボット登場【CEATEC 2010】.jpeg

富士通の子グマ型ロボットには、ディスプレイもダイアルボタンも存在しない。

なかなかかわいらしい。

子供がみんなこういうロボットを持つようになる時代が近いかも。

富士通はそのうちオムニ社になる?

ロボコップが誕生したのは、2010年。あれ?今年にはロボコップが誕生しているはずなのか。

OTOMOが登場するのはその10年後だから2020年。

だが、富士通はもう10年も先取りして子グマ型ロボットを完成させた。

もしかしたら富士通が既にロボコップを極秘裏に開発していて、そのうちオムニに改名したり・・・しないよね。

それにしてもロボットが人を癒し始める時代がやってきたな。

関連サイト

著者:イハラ ユウタ

埼玉県の武蔵浦和在住。某ウェブ制作会社のFlashクリエイター兼フロントエンドエンジニアを経て、フリーのWebディベロッパーとして様々なサービス開発のお手伝いをしている最新技術が大好きなブロガー。

恋人がロボットの時代も近い!?リアルな日本人女性ロボット

遂にそのときがやってきたようだ!まだまだロボット感たっぷりだが、日本人の底力はとてつもないから、すぐにこれが本物の女性と見分けがつかないくらいのレベルになるだろう。

10歳になったロボットのASIMOの過去を振り返って思う事

もう誕生して10年になるんですね。ASIMOを見る前の印象的だったロボットがP2の時かな。大きな身体をゆっくり動かしながら歩く姿は、まさに「ロボットだ!」って思った。その数年後に誕生したのがASIMO。そしてそのASIMOも10歳になった。ロボットじゃないな、もう・・・子供だ。

ルービックキューブが得意なロボット『RuBot II』

筋肉と骨を持つヒューマノイド・ロボットを開発中!人間の身体の動かし方を完全に再現する

ヒューマノイド・ロボットの多くは、見た目は人間っぽいけど身体の動かし方は人間とは全く違う。身体の動かし方も人間っぽくするには筋肉が必要だ。

宇宙で活躍する最初の人型ロボットはRobonaut 2

11月1日に打ち上げられるスペースシャトル「ディスカバリー」には、宇宙飛行士6名の他にロボットが同乗する事になっていることを知ってます?意外とあまりニュースになってないけど、たぶん打ち上げられたらニュースになるかな。

車椅子に変わるかもしない『Hubo FX-1』

100kg以上の人間が搭乗しても問題なく2足歩行ができるロボット『Hubo FX-1』の動画をたまたま見ることができた。(記事内に動画あり)

搭乗者が搭乗席で多少揺れたりしても、ロボットの足がしっかりとバランスをとり、非常に安定感があり、人間搭乗型ロボットとしては大きな一歩ではないかと思う。

セクサロイドの可能性と必要性。2050年にロボットが売春を開始?

ニュージーランドの経営学教授と性科学者によるセクサロイドに関する論文に関する話ですが、まったくなくはない話だなと思って、セクサロイドの可能性と問題点などを真剣に考えてみる。考えるとなかなか面白い未来だと思う。

気持ち悪い4足歩行ロボットBigDogが小さくなったLittleDog

動きが気持ち悪いけど、技術的にはすごいBigDogって覚えてますか?蹴られても蹴られても、がんばって歩き続けるあの気持ち悪い4足歩行ロボットのことです。それが小さくなってより気持ち悪くなりました。でもこの技術ってすごい未来が広がっていると思います。

ロボットや家電製品がケガをすると出血する時代がやってきた

ついにロボットや家電製品も出血して、さらに自己修復するって機能が付くかもって話です。何に使うんだよって思うでしょ?でも理解するとよく考えられてるって思う。

自力で充電しようとするロボット「Milestone 2」

このMilestone 2を観て、ロボットも必死に生きようとしていて、だんだんと生き物に近い存在になりつつあると感じ、少し恐さも感じた。